フラルキ区

中華人民共和国の市轄区

フラルキ区(フラルキく)は中華人民共和国黒竜江省チチハル市に位置する市轄区

中華人民共和国 黒竜江省 富拉爾基区
紅岸公園
紅岸公園
斉斉哈爾市中の富拉爾基区の位置
斉斉哈爾市中の富拉爾基区の位置
簡体字 富拉尔基
繁体字 富拉爾基
拼音 Fùlāěrjī
カタカナ転写 フーラーアルジ
ダウール語 Hulan Ergi
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
チチハル市
行政級別 市轄区
建置 1946年
面積
総面積 375 km²
市区 37 km²
人口
総人口(2004) 29.6 万人
市区人口(2004) 23.5 万人
経済
電話番号 0452
郵便番号 161041
ナンバープレート 黒B
行政区画代碼 230206

全国156箇所の開発が進められた「一五」期間、この区もそのうちの一つとなり北鋼、電廠(発電所)など3項目の建設投資がされた。以後50年来、フラルキは重機械特殊鋼電力石炭工業、紡織建材などで北方の工業重鎮となっている。

地理編集

フラルキ区はチチハルの中心市街の37km南西の嫩江西岸に位置する。

歴史編集

フラルキはダウール語で「赤い岸」を意味するフラン・エルギ(呼蘭額日格)が転訛したものである。

清初に集落形成され、チチガル副都統の管轄とされた。清末に東清鉄道が開通すると富拉爾基駅が設置され都市形成が進行、1926年には人口1,800人となり、竜江県の管轄とされた。満州国時代に富拉爾基堡、後に富拉爾基村が設置されている。

1946年6月、竜江県政府が富拉爾基区を設置、後に第一区と改称され竜江県治が設置された。1954年10月にチチハル市に移管され富拉爾基区と改編された。

民族編集

漢族ダウール族回族満族朝鮮族など16の民族が住む。

行政区画編集

下部に8街道、1郷、1民族郷を管轄:

  • 街道弁事処:紅岸街道、沿江街道、電力街道、幸福街道、紅宝石街道、北興街道、鉄北街道、和平街道
  • :長青郷
  • 民族郷:ドゥルメンチン・ダウール族郷(杜爾門沁達斡爾族郷)

経済編集

豊富な鉱産資源を背景に大中企業が数多く登記されている。中国第一重型機械集団有限責任公司と富拉爾基発電総廠、北満特鋼、黒化集団などの所在地となっている。

交通編集

鉄道編集

道路編集

省道
  •   302省道
県道
  •   043号県道
  •   044号県道

健康・医療・衛生編集

関連項目編集

外部リンク編集