フランク・ゴア(Franklin Gore Sr.、1983年5月14日 – )は、ナショナルフットボールリーグ(NFL)でプレーしたアメリカンフットボールランニングバック(RB)である。キャリアの大部分をサンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ers)でプレーした。2022年シーズン開始時点で、通算ラッシングヤードでNFL歴代3位にランクされている[1]。RBという損耗の激しいポジションながら16シーズンにわたって活躍し、このポジションでの出場試合数はリーグ歴代最多である[2][3]

No image.svg フランク・ゴア American football pictogram.svg
Frank Gore
refer to caption
2012年のゴア
基本情報
ポジション ランニングバック
生年月日 (1983-05-14) 1983年5月14日(39歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州マイアミ
身長 5' 9" =約175.3cm
体重 212 lb =約96.2kg
経歴
NFLドラフト 2005年 / 3巡目全体65位
初出場年 2005年
初出場チーム サンフランシスコ・49ers
所属歴
2005-2014 サンフランシスコ・49ers
2015-2017 インディアナポリス・コルツ
2018 マイアミ・ドルフィンズ
2019 バッファロー・ビルズ
2020 ニューヨーク・ジェッツ
受賞歴・記録
プロボウル選出(5回)
2006・2009・2011・2012・2013
その他受賞・記録
セカンドチーム・オールプロ(2006年)
2010年代のオールディケイドチーム
アート・ルーニー賞(2016年)
NFL 通算成績
ラッシングヤード 16,000
平均獲得ヤード 4.3
ラッシングタッチダウン 81
パスレセプション 484
レシービングヤード 3,985
レシービングタッチダウン 18
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ゴアはマイアミ大学でアメリカンフットボールをプレーし、2005年のNFLドラフトの3巡目で49ersに選ばれた。49ersでの10シーズンの間にチームのラッシングヤード記録を塗り替え、プロボウルに5回選出された。2006年シーズンにラッシングヤードでナショナル・フットボール・カンファレンス(NFC)を率いた。2012年シーズンには第47回スーパーボウルに出場。2014年シーズンを最後に49ersを離れ、インディアナポリス・コルツマイアミ・ドルフィンズバッファロー・ビルズニューヨーク・ジェッツでプレーした。2020年、NFLによる2010年代のオールディケイドチーム英語版に選出された[4][5]

プロ入りまで編集

ゴアはフロリダ州マイアミで生まれ、ココナッツ・グローブ英語版で育った。高校でフットボールチームのRBとして活躍し[6]、スカラーシップを得てマイアミ大学に入学した。大学最初の年、ゴアはクリントン・ポーティス英語版ウィリス・マゲイヒー英語版という将来のNFL選手らとキャリーを分け合いながらも62キャリーで562ヤード、5タッチダウン(TD)、平均9.1ヤードを記録した[7]。ゴアはスポーティングニュースによりビッグ・イースト・カンファレンス新人賞に選ばれた[8][9]。2002年シーズンは左膝の前十字靭帯(ACL)損傷により治療に専念した[10]。2003年のゴアは3つのゲームで100ヤードを超えるラッシングを見せその後の活躍が期待されたが、9月に再びACL損傷を負った。ゴアは2003年のシーズンを468ヤード、4TDで終了した[7]。2004年ゴアはACLの負傷から復帰し、キャリー数、ラッシングヤード、ラッシングTDでチームをリードした。このシーズンは945ラッシングヤードと8ラッシングTDでシーズンを終えた[7]

大学での28試合の出場で、ゴアは380キャリー、1,975ヤード(平均5.7ヤード)と17TDを記録した[7]。ゴアの1,975ヤードはチームの歴代7位、17TDは歴代10位であった[11]

大学での記録編集

フランク・ゴア ラッシング パスレシーブ
シーズン チーム 試合数 ラッシング ヤード 平均 TD レセプション ヤード 平均 TD
2001 マイアミ 11 62 562 9.1 5 1 14 14.0 0
2003 マイアミ 5 89 468 5.3 4 12 105 8.8 0
2004 マイアミ 12 197 945 4.8 8 10 106 10.6 0
通算 28 348 1,975 5.7 17 23 225 9.8 0

NFLでの活躍編集

2005年のNFLドラフトで、ゴアは3巡目、全体65位で49ersによって選出された。このドラフトで選ばれた6番目のRBであった[12]

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ編集

2005年:ルーキーイヤー編集

2005年7月28日、ゴアはチームと3年間の契約を結んだ。2005年シーズンは14試合に出場、そのうち1試合でスターターを務めた。この年、127キャリーで608ヤード、3TD、15パスキャッチで131ヤードを記録した[13]。平均獲得ヤード4.8ヤードはこの年のNFLプレーヤーの中で7位であった[14]。ルーキーながらチームのリーディング・ラッシャーとなり、これはチーム史上1990年のデクスター・カーター英語版以来のことであった[15]。また、ゴアの608ヤードの記録は、1983年のロジャー・クレイグの725ヤード以来のチームルーキー記録となった[16]

このシーズン、ゴアは両肩関節唇の怪我を抱えながらプレーしていた。大学時代に2度の膝の故障に見舞われており、故障が多い選手と思われることを避けるため、またいかに自分がタフかを示すため、怪我を抱えながらもプレーした[17]。シーズン終了後、両肩の手術を受けた。

2006年:飛躍の年編集

2006年、ゴアはスターターとして最初のフルシーズンで、NFLのトップRBとして浮上した。このシーズン、ゴアは312キャリーで1,695ヤードを記録し[13]、1998年のガリソン・ハースト英語版の1,570ヤードを上回るフランチャイズ記録となった[18]。また、全獲得ヤード2,180ヤード(ラッシュ1,695ヤード、レシーブ485ヤード)でフランチャイズ記録を樹立した[19]。平均獲得ヤード5.4ヤードは、マイケル・ヴィックモーリス・ジョーンズ=ドリューに次いでNFL全体で3位、49ers史上2位の好成績であった。このシーズンでゴアは最初のプロボウル選出を果たした[20]

シアトル・シーホークスとの初戦では、ゴアは24キャリーでキャリア最高の212ヤードを記録し、49ersの1ゲームでのラッシングヤード記録を樹立した[21]

2007年シーズン編集

 
2007年、セントルイス・ラムズ戦のゴア

ゴアは2007年3月28日、4年2,800万ドルの契約延長にサインした。またこの年の目標はエリック・ディッカーソンのシングルシーズン・ラッシング記録(2,105ヤード)を超えることだと発言した[22]

ゴアは7月30日のトレーニングキャンプで手を骨折し、プレシーズンを全休した[23]。9月10日のアリゾナ・カージナルスとのレギュラーシーズン開幕戦には間に合った。このシーズン、キャリー260回で1,102ヤード、5TD、レシーブ53回、436ヤード、1TDであった[13]

2008年シーズン編集

2008年シーズンはキャリー240回で1,036ヤード、6TD、レシーブ43回、373ヤード、2TDを記録し[13]、49ers史上初めて3シーズン連続で1,000ヤード以上のラッシングヤードを記録したRBとなった[24]

2009年シーズン編集

 
2009年、サイドラインのゴア

2009年シーズン、キャリー229回で1,120ヤード、10TD、レシーブ52回、406ヤード、3TDを記録した[13]。ラッシングTD10回、スクリメージからのTD合計13回を記録はいずれもキャリアベスト更新となった[13]。シーズン終了後、2010年プロボウルにスティーブン・ジャクソンの代替として選出された。

第2週のシアトル・シーホークス戦では79ヤードと80ヤードのTDランを含む計206ヤードのラッシングを記録し、殿堂入り選手バリー・サンダースと並んで1試合で75ヤード以上のTDを2回記録したNFL史上2人目の選手となった[25][26]

2010年シーズン編集

2010年シーズンは怪我に見舞われ、11試合の出場でキャリー203回で853ヤード、3TD、レシーブ46回、452ヤード、2TDにとどまった[13]

第3週のカンザスシティ・チーフス戦では、レシーブ9回、102ヤードを記録し、キャリアで唯一100レシーブヤードを超えた試合となった[27]

2011年シーズン編集

2011年8月30日、3年総額2,590万ドルの契約延長に合意した[28]

この年から49ersはジム・ハーボーを新ヘッドコーチに迎えた[29]。ランニングゲーム、パッシングゲーム、ディフェンスが効果的に機能し、レギュラーシーズンを13勝3敗で終え地区優勝、第2シードでプレーオフへ進出した[30]。レギュラーシーズンのゴアは282キャリーで1,211ヤード、8TDを記録した[13]

第13週のセントルイス・ラムズ戦で、ジョー・ペリーの持つ8,689ヤードを超え49ersの歴代リーディングラッシャーとなった[31]

プレーオフでは、ディビジョンラウンドでニューオーリンズ・セインツに勝利したが、NFCチャンピオンシップゲームではニューヨーク・ジャイアンツに敗れた[32]。この年、プレーヤーが選ぶNFLトップ100プレーヤー28位にランクインした[33]

2012年シーズン編集

2012年レギュラーシーズン、ゴアは全16試合に先発出場し、キャリー258回で1,214ヤード、8TD、レシーブ28回、234ヤード、1TDと活躍した[13]。また、4回目の出場となるプロボウルにも選出された[34]

チームはコリン・キャパニックの活躍により11勝4敗1分の好成績で地区優勝を飾り、第2シードでプレーオフ出場となった[35]。ディビジョナルラウンドでのグリーンベイ・パッカーズとの対戦では、ラッシングで119ヤード、1TDを決め勝利に貢献した[36]。NFCチャンピオンシップゲームは第1シードのアトランタ・ファルコンズとの対戦となり、49ersが28–24で勝利し1994年以来のスーパーボウル出場を決めた[37]。ゴアはラッシングで90ヤード、2TDを記録した。

第47回スーパーボウルは、ジョン・ハーボー率いるボルチモア・レイブンズとの対戦となった。兄弟ヘッドコーチの対決となり、「ハーボウル」と呼ばれ話題となった[38][39][40]。ゴアはキャリー19回、110ヤード、1TDと活躍した。49ersは途中22点差をつけられながらも懸命に追い上げ第4クォーターには2点差まで迫った。相手のフィールドゴールにより5点差となったが、残り時間3分を切ったところでゴアはピストル隊形からランを繰り出し、サイドラインを駆け上がりあわやTDというところまで迫った。7ヤード地点で相手ラインバッカーによりサイドラインへ押し出されたが33ヤードのゲインとなった。しかしこの後のプレーで49ersはTDを奪うことができず、結果は34–31でボルチモア・レイブンズの勝利となった[41]。ゴアはこの年のプレーオフで63キャリーで319ヤード、4TDと活躍した。

ゴアは、2013年のNFLトップ100プレーヤーで32位にランクインした[42]

第15週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦では、QBキャパニックがゴアにボールを渡す前にファンブルしたが、ゴアがそれを拾い上げエンドゾーンまで走りTDとなった[43]。記録上はキャパニックのファンブルとゴアのファンブルリカバーTDであり、ゴアのキャリアで唯一のラッシング、パスレシーブ以外のTDとなった[44][45]

2013年シーズン編集

 
2013年のゴア

30歳で迎えたこのシーズン、ゴアは100ヤードゲームを3回達成し、キャリー279回で1,128ヤード、9TD、レシーブ16回、141ヤードを記録した[13]

チームは12勝4敗でNFC西地区2位で第5シードを獲得し、3年連続でプレーオフに進出した[46]。ワイルドカードラウンド、ディビジョナルラウンドと勝ち進みNFCチャンピオンシップを迎えたが、シーホークスに惜しくも敗れた[46]。ゴアはプレーオフで48キャリーで164ヤード、1TDの成績であった。

2014年シーズン編集

このシーズン、キャリー255回で1,106ヤード、4TD、レシーブ11回、111ヤード、1TDを記録した[13]

シーズン開幕戦のダラス・カウボーイズ戦で66ヤードを記録し、史上29人目のキャリア1万ラッシングヤード達成RBとなった[47][48]

この年を最後に49ersを去ることとなった。49ersでは10年の在籍で1,000ヤード以上を記録すること8回、ラッシング11,073ヤード、64TD、平均4.5ヤードとチーム史に残る成績であった[13]

インディアナポリス・コルツ編集

2015年シーズン編集

2015年3月10日、ゴアはインディアナポリス・コルツと3年総額1,200万ドルの契約にサインした[49]

2015年、ゴアは260キャリーで967ヤード、6TD、レシーブ34回、267ヤード、1TDの成績であった[13]。QBマット・ハッセルベックのキャリア最後の試合となったマイアミ・ドルフィンズ戦では、15回のキャリーで85ラッシングヤード、2TDを記録し勝利に貢献した[50]

シーズン終了時点でラッシングヤード数は歴代15位となり[51]、この時点のNFL現役選手の通算ラッシングヤード首位となった[52]

 
2016年、デンバー戦でのゴア

2016年シーズン編集

2016年シーズン、ゴアはキャリー263回で1,025ヤード、8TDに加え、レシーブ38回、277ヤード、4TDを記録した[13]

第6週のヒューストン・テキサンズ戦では、22回のキャリーで106ヤードを走破し[53]、チームとして55試合ぶりの100ヤードラッシャーとなった[54]

第8週のチーフス戦で、ゴアはテレル・オーウェンスマービン・ハリソンティム・ブラウン英語版クリス・カータージェリー・ライスドン・ハトソンと並ぶTD5回以上のシーズン連続記録(11回)を達成した。

プロフットボール殿堂入りのエミット・スミス(11)、カーティス・マーティン英語版(10)、ウォルター・ペイトン(10)、バリー・サンダース(10)と並び、9シーズンで1,000ヤードをラッシュした選手となった。

33歳になってから1,000ヤードの大台に乗ったNFL史上4人目のプレーヤーとなった[55]

2017年2月、フェアプレー、対戦相手への敬意、競技における誠実さなど、ゴアの競技場における優れたスポーツマンシップが認められ、アート・ルーニー賞を受賞した[56]

2017年シーズン編集

2017年、ゴアは先発RBとして全試合に出場し、261キャリーで961ヤード、3TDを記録した[13]。エミット・スミス、ウォルター・ペイトン、バリー・サンダース、カーティス・マーティンに続く、NFL史上5人目のキャリア通算14,000ラッシングヤード獲得選手となった[57]

2018年3月1日、コルツはゴアと再契約しないことを発表した[58]

マイアミ・ドルフィンズ編集

2018年3月22日、ゴアは地元チームであるマイアミ・ドルフィンズと1年1,105,000ドルの契約にサインした[59][60]

このシーズン、ゴアはRBケニヤン・ドレイク英語版とキャリーを分け合いながらも、キャリー数、ラッシングヤードでチームトップとなり[61]、キャリー156回で722ヤード、レシーブ12回、124ヤード、1TDを記録した[13]。2018年シーズンはキャリアで初めてラッシングTDを記録しなかったシーズンとなった[13]

バッファロー・ビルズ編集

 
ワシントン・レッドスキンズ戦でのゴア

2019年3月13日、ゴアはバッファロー・ビルズと1年200万ドルの契約にサインした[62][63]

ゴアは2019年シーズン、16試合8先発、キャリー166回で599ヤード、2TDに加え、レシーブ13回、100ヤードを記録した[13]。新人のデビン・シングレタリー英語版とキャリーを分け合いながら、キャリー数でチームをリードする結果となった[64]。 第4週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で、ゴアはキャリー17回で109ヤードを記録し、NFL史上4人目の15,000ヤード獲得選手となった。また、100ヤード以上を記録した選手としては、1978年のマッカーサー・レーンより61日若く、NFL史上2番目に高齢の選手となった[65][66]

第12週のデンバー・ブロンコス戦で、バリー・サンダースのキャリア通算15,269ヤードを超えて歴代3位となった。

チームは10勝6敗でAFC東地区2位となり、第5シードでプレーオフ出場を果たした[67]。ゴアにとって2013年シーズンの49ers時代以来のポストシーズン出場となった。ワイルドカードラウンドのヒューストン・テキサンズ戦では、ゴアはキャリー8回で22ヤードにとどまり、オーバータイムの末敗れた[68]

オフシーズン、ゴアは2010年代のプロフットボール殿堂オールディケイドチームに選出された[4][5][69]

ニューヨーク・ジェッツ編集

2020年5月6日、ゴアはニューヨーク・ジェッツと1年契約を結んだ[70]

このシーズン、ゴアは187キャリーで653ヤード、2TDを記録し、チームのリーディングラッシャーとなった[71]

第15週、ゴアはロレンゾ・ニール英語版を抜き、RBのNFL最多試合出場記録を樹立した[72]

引退編集

2022年6月2日、ゴアは49ersと1日契約を結び、引退を発表した[73][74]。レギュラーシーズン通算16,000ラッシングヤードでキャリアを終えた[13]

ボクシング・デビュー編集

フットボールのキャリアを終えたゴアはボクシングに挑戦している[75]

ヘビー級のカテゴリーで、まず2021年に元NBA選手のデロン・ウィリアムスとエキシビションマッチを行った[76][77]

2022年5月14日にプロデビューし、オラシインデ・オロルンソラにノックアウトで勝利した[78][79]

NFLでの成績編集

レギュラーシーズン編集

チーム ゲーム ラン パス ファンブル その他のTD
出場 先発 キャリー ヤード 平均 最長 TD レシーブ ヤード 平均 最長 TD 全体 喪失
2005 SF 14 1 127 608 4.8 72T 3 15 131 8.7 47 0 2 2
2006 SF 16 16 312 1,695 5.4 72 8 61 485 8.0 39 1 6 5
2007 SF 15 15 260 1,102 4.2 43T 5 53 436 8.2 23T 1 4 3
2008 SF 14 14 240 1,036 4.3 41T 6 43 373 8.7 26 2 6 3
2009 SF 14 14 229 1,120 4.9 80T 10 52 406 7.8 48 3 4 2
2010 SF 11 11 203 853 4.2 64 3 46 452 9.8 41 2 4 2
2011 SF 16 15 282 1,211 4.3 55 8 17 114 6.7 13 0 2 2
2012 SF 16 16 258 1,214 4.7 37 8 28 234 8.4 26 1 2 1 1[注釈 1]
2013 SF 16 16 276 1,128 4.1 51 9 16 141 8.8 29 0 3 3
2014 SF 16 16 255 1,106 4.3 52T 4 11 111 10.1 55T 1 2 2
2015 IND 16 16 260 967 3.7 37T 6 34 267 7.9 34 1 4 3
2016 IND 16 16 263 1,025 3.9 22 4 38 277 7.3 49 4 2 1
2017 IND 16 16 261 961 3.7 21 3 29 245 8.4 26 1 3 0
2018 MIA 14 14 156 722 4.6 39 0 12 124 10.3 24 1 1 0
2019 BUF 16 8 166 599 3.6 41 2 13 100 7.7 18 0 0 0
2020 NYJ 15 14 187 653 3.5 17 2 16 89 5.6 9 0 1 1
通算 241 218 3,735 16,000 4.3 80T 81 484 3,985 8.2 55 18 47 31 1

ポストシーズン編集

チーム ゲーム ラン パス ファンブル
出場 先発 キャリー ヤード 平均 最長 TD レシーブ ヤード 平均 最長 TD 全体 喪失
2011 SF 2 2 29 163 5.6 42 0 13 83 6.4 24 0 1 0
2012 SF 3 3 63 319 5.1 33 4 2 48 24.0 45 0 0 0
2013 SF 3 3 48 164 3.4 39 3 3 36 12.0 17 0 0 0
2019 BUF 1 1 8 22 2.8 14 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 9 9 148 668 4.5 42 7 18 167 9.3 45 0 1 0

記録編集

NFL記録編集

  • スクリメージ1,200ヤードを達成した最多シーズン:12[80]
  • 最多連続500ヤードラッシング:16回[81]
  • 連続600ヤード以上ラッシング:14回
  • 700ヤード以上連続出場:13回(エミット・スミスと同数)
  • NFLランニングバック通算最多試合数:241試合

49ersフランチャイズ記録編集

  • キャリア最多ラッシングヤード 11,073[82]
  • 1試合最多ラッシングヤード:212ヤード(2006年第11週)[83]
  • シーズン最多100ヤードゲーム:9回(2006年)[84]
  • 3試合最多ラッシングヤード:505ヤード(2006年第10週–第12週)
  • 最多連続100ヤード獲得試合 5回(2011年第4週–第9週)
  • 1シーズン最多ラッシングヤード:1,695ヤード(2006年)[85]
  • シーズン最多スクリメージヤード:2,180ヤード(2006年)[86]

私生活編集

フランク・ゴア・ジュニア編集

ゴアの長男フランク・ゴア・ジュニア英語版は、マイアミ大学在学中の2002年に誕生した[87]。ジュニアも父親同様RBとしてカレッジフットボールで活躍している。2020年11月22日、ジュニアはテキサス大学サンアントニオ校との試合で51ヤードのTDを決めた。短いパスから、数人のディフェンダーをかわながら大部分をランで稼いだTDであった[88]。その翌日、ゴア・シニアがジェッツのメンバーとして初めてのTDを記録し、親子そろってTDを決めた週末となった[87]

フランク・ゴアの日編集

2018年4月12日、故郷マイアミのチームであるドルフィンズの一員となったゴアに対し、マイアミ市長のフランシス・スアレス英語版は「マイアミ市への鍵(Keys to the City)」を授与した。スアレス市長は「マイアミの魂の象徴であり、私たちの街の産物であり、何世代にもわたって多くの家族が一緒に育ってきたこの地域の産物である」とゴアを称賛した。ゴアは会場にいる家族や友人にも起立を促し、ともに拍手を受けた。子供の頃にベッドルームひとつのアパートで12人と一緒に育ったことを述懐し、人生のあらゆる苦難を共にした人々に感謝し、敬意を表することが同様に重要であると述べた。スアレス市長は4月12日を「フランク・ゴアの日」と宣言した[89][90]

ボクシングの戦績編集

プロボクシングの戦績編集

No. 結果 戦績 対戦相手 内容 ラウンド 日付 場所 備考
1 勝利 1–0 オラシインデ・オロルンソラ ノックアウト 4 2022年5月14日 ビロクシ・コミュニティセンター
ミシシッピ州ビロクシ
プロデビュー戦

エキシビションボクシングの記録編集

No. 結果 戦績 対戦相手 内容 ラウンド 日付 場所 備考
1 敗北 0–1   デロン・ウィリアムス 判定 4 2021年12月18日 アマリー・アリーナ
フロリダ州タンパ
[91]

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 第15週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で、QBコリン・キャパニックがゴアにボールを渡す前にファンブルし、ゴアがボールを拾い上げエンドゾーンまで走りTDを記録した。このため記録上はファンブルリカバーTDとなる。

出典編集

  1. ^ NFL Rushing Yards Career Leaders” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2011年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月14日閲覧。
  2. ^ Most Games Played By A Running Back” (英語). StatMuse. 2022年6月23日閲覧。
  3. ^ Frank Gore sets record for career games by a running back” (英語). Jets Wire (2020年12月20日). 2022年6月27日閲覧。
  4. ^ a b NFL 2010s All-Decade Team: Tom Brady, Aaron Donald headliners” (英語). NFL.com. 2022年6月23日閲覧。
  5. ^ a b Pro Football Hall of Fame All-Decade Teams - 2010s” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  6. ^ Holder, Stephen (2015年10月2日). “The making of Frank Gore: 'I've been through so much'”. Indianapolis Star. 2018年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月3日閲覧。
  7. ^ a b c d 2001 Miami (FL) Hurricanes Stats” (英語). College Football at Sports-Reference.com. 2022年5月27日閲覧。
  8. ^ The file on Frank Gore” (英語). RSN. 2022年6月23日閲覧。
  9. ^ Player Bio: Frank Gore”. Miami Hurricanes Athletics. 2007年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月23日閲覧。
  10. ^ Miami Hurricanes 2002 Preview”. www.nationalchamps.net (2002年7月1日). 2002年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月16日閲覧。
  11. ^ Frank Gore, HB, Miami”. USA Today (2005年5月18日). 2012年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月2日閲覧。
  12. ^ 2005 NFL Draft Listing” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月23日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Frank Gore Stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月23日閲覧。
  14. ^ 2005 NFL Rushing” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月23日閲覧。
  15. ^ Mayhew, Sydney (2006年2月10日). “Running with an attitude” (英語). 49ers Webzone. 2022年6月23日閲覧。
  16. ^ Roger Craig Stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月23日閲覧。
  17. ^ King, Peter. “Frank Gore: What I’ve Learned from Football” (英語). Sports Illustrated. 2022年6月23日閲覧。
  18. ^ Newman, Nicolas. “Announcing the 49ers All-Decade Backfield” (英語). Sports Illustrated San Francisco 49ers News, Analysis and More. 2022年6月23日閲覧。
  19. ^ Could Gore be 49ers' greatest ever at RB?” (英語). San Francisco 49ers. 2022年6月23日閲覧。
  20. ^ Crumpacker, John (2006年12月20日). “Pro Bowl beckons / 49ers RB Gore will start for NFC in Honolulu” (英語). SFGATE. 2022年6月23日閲覧。
  21. ^ Facebook (2006年11月20日). “Gore's 212 yards, defense lead 49ers” (英語). Los Angeles Times. 2022年6月23日閲覧。
  22. ^ Brown, Daniel (2007年1月2日). “Gore's goal: 2,200 yards” (英語). The Mercury News. 2017年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  23. ^ Crumpacker, John (2007年8月1日). “RB Gore to miss at least three exhibitions” (英語). SFGATE. 2022年6月27日閲覧。
  24. ^ Frank Gore Official Website”. web.archive.org (2009年8月22日). 2022年6月27日閲覧。
  25. ^ Seahawks vs. 49ers - Game Recap - September 20, 2009 - ESPN” (英語). ESPN.com. 2022年6月27日閲覧。
  26. ^ Seattle Seahawks at San Francisco 49ers - September 20th, 2009” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  27. ^ San Francisco 49ers at Kansas City Chiefs - September 26th, 2010” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2018年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  28. ^ Florio, Mike (2011年8月31日). “Gore, Niners agree to three-year extension” (英語). ProFootballTalk. 2022年6月27日閲覧。
  29. ^ Sources: Harbaugh, 49ers sign for $25 million” (英語). ESPN.com (2011年1月7日). 2022年6月27日閲覧。
  30. ^ 2011 NFL Standings & Team Stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  31. ^ Barber, Phil (2011年12月5日). “Gore passes Perry to set 49ers' career rushing mark” (英語). Santa Rosa Press Democrat. 2022年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  32. ^ 2011 San Francisco 49ers Statistics & Players”. Pro-Football-Reference.com. 2017年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月3日閲覧。
  33. ^ 2012 NFL Top 100” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  34. ^ Jones, Michael (2012年12月26日). “Willis, Gore highlight Niners' Pro Bowl selectees” (英語). SB Nation Bay Area. 2022年6月27日閲覧。
  35. ^ 2012 NFL Standings & Team Stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  36. ^ Divisional Round - Green Bay Packers at San Francisco 49ers - January 12th, 2013” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  37. ^ NFC Championship - San Francisco 49ers at Atlanta Falcons - January 20th, 2013” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  38. ^ Garber: Har-Bowl proves bittersweet for family” (英語). ESPN.com (2013年1月29日). 2022年6月27日閲覧。
  39. ^ Trapasso, Chris. “Why Super Bowl XLVII Is Much More Than Just 'The Harbowl'” (英語). Bleacher Report. 2022年6月27日閲覧。
  40. ^ 史上最大の兄弟喧嘩、勃発!?今年のスーパーボウルが必見の理由。(渡辺史敏)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年6月27日閲覧。
  41. ^ Super Bowl XLVII - San Francisco 49ers vs. Baltimore Ravens - February 3rd, 2013” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  42. ^ 2013 NFL Top 100” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  43. ^ 49ers vs. Patriots - Game Recap - December 16, 2012 - ESPN” (英語). ESPN.com. 2022年6月27日閲覧。
  44. ^ San Francisco 49ers at New England Patriots - December 16th, 2012” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  45. ^ NFL: 49ers clinch playoff berth, 41-34 over Patriots” (英語). The Salt Lake Tribune. 2022年6月28日閲覧。
  46. ^ a b 2013 San Francisco 49ers Statistics & Players” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  47. ^ San Francisco 49ers at Dallas Cowboys - September 7th, 2014” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  48. ^ Frank Gore Crosses 10,000-yard Mark for 49ers Career” (英語). www.49ers.com. 2022年6月27日閲覧。
  49. ^ Spotrac.com. “Frank Gore” (英語). Spotrac.com. 2022年6月27日閲覧。
  50. ^ Indianapolis Colts at Miami Dolphins - December 27th, 2015” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  51. ^ NFL Career Rushing Yards Leaders Through 2015” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  52. ^ NFL Active Rushing Yards Leaders | Pro-Football-Reference.com”. web.archive.org (2015年11月25日). 2022年6月27日閲覧。
  53. ^ Indianapolis Colts at Houston Texans - October 16th, 2016” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  54. ^ Stites, Adam (2016年10月16日). “Frank Gore became the Colts' 1st 100-yard rusher in 4 years twice in 1 night” (英語). SBNation.com. 2022年6月27日閲覧。
  55. ^ Colts burning question: Can Frank Gore win his latest battle against Father Time?” (英語). CBSSports.com. 2022年6月27日閲覧。
  56. ^ Sports, IndyStar. “Frank Gore wins Art Rooney Sportsmanship Award” (英語). The Indianapolis Star. 2022年6月27日閲覧。
  57. ^ NFL Career Rushing Yards Leaders Through 2017” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  58. ^ Colts moving on from veteran running back Frank Gore” (英語). NFL.com. 2022年6月27日閲覧。
  59. ^ Smith, Michael David (2018年3月22日). “Dolphins sign Frank Gore” (英語). ProFootballTalk. 2022年6月27日閲覧。
  60. ^ Spotrac.com. “Frank Gore” (英語). Spotrac.com. 2022年6月27日閲覧。
  61. ^ 2018 Miami Dolphins Statistics & Players” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  62. ^ Smith, Michael David (2019年3月11日). “Frank Gore heads to Buffalo” (英語). ProFootballTalk. 2022年6月27日閲覧。
  63. ^ Offense dominates Bills initial wave of 2019 free agent additions” (英語). www.buffalobills.com. 2022年6月27日閲覧。
  64. ^ 2019 Buffalo Bills Statistics & Players” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  65. ^ Bills' Frank Gore: Fourth man to rush for 15,000 yards” (英語). CBSSports.com. 2022年6月27日閲覧。
  66. ^ Allentuck, Danielle (2019年10月16日). “Death, Taxes and Frank Gore” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/10/16/sports/football/frank-gore-buffalo-bills.html 2022年6月27日閲覧。 
  67. ^ 2019 NFL Standings & Team Stats” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  68. ^ 2019 Buffalo Bills Statistics & Players” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  69. ^ NFL が2010年代最も活躍したプレイヤーを選出した “2010s All-Decade Team” を発表”. HYPEBEAST.JP (2020年4月9日). 2022年6月28日閲覧。
  70. ^ Jets Sign RB Frank Gore” (英語). www.newyorkjets.com. 2022年6月27日閲覧。
  71. ^ 2020 New York Jets Statistics & Players” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  72. ^ Frank Gore sets record for career games by a running back” (英語). Jets Wire (2020年12月20日). 2022年6月27日閲覧。
  73. ^ Frank Gore, NFL’s No. 3 all-time rusher, retiring on one-day contract with 49ers after 16-season career” (英語). NFL.com. 2022年6月27日閲覧。
  74. ^ Frank Gore Announces Retirement, To Be Inducted into 49ers HOF” (英語). www.49ers.com. 2022年6月27日閲覧。
  75. ^ Frank Gore To Make Pro Boxing Debut In May” (英語). FIGHT SPORTS (2022年4月5日). 2022年6月27日閲覧。
  76. ^ Why are Frank Gore and Deron Williams fighting? Ex-NFL, NBA stars welcome 'challenge' of first boxing match” (英語). www.sportingnews.com. 2022年6月27日閲覧。
  77. ^ 突き飛ばされた巨漢ボクサーがリング外へ 異業種対決に米興奮「WWEだ」「面白い」” (日本語). THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュース・コラム. 2022年6月28日閲覧。
  78. ^ Archive, View Author (2022年5月15日). “Ex-Jet Frank Gore wins pro boxing debut with vicious knockout” (英語). New York Post. 2022年6月27日閲覧。
  79. ^ JAPAN.COM, NFL. “RBフランク・ゴアがプロボクシングデビュー戦で圧勝” (日本語). NFL日本公式サイト. 2022年6月28日閲覧。
  80. ^ Player Season Finder” (英語). Stathead.com. 2022年6月27日閲覧。
  81. ^ Baskin, Ben. “Another game, another NFL milestone for Frank Gore” (英語). Sports Illustrated. 2022年6月27日閲覧。
  82. ^ San Francisco 49ers Career Rushing Leaders” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2018年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月14日閲覧。
  83. ^ Player Game Finder” (英語). Stathead.com. 2022年6月27日閲覧。
  84. ^ Player Game Finder” (英語). Stathead.com. 2022年6月27日閲覧。
  85. ^ San Francisco 49ers Single-Season Rushing Leaders” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年6月27日閲覧。
  86. ^ Player Season Finder” (英語). Stathead.com. 2022年6月27日閲覧。
  87. ^ a b Like father, like son: Frank Gore and Frank Gore Jr. both score on the same weekend” (英語). ESPN.com (2020年11月23日). 2022年6月28日閲覧。
  88. ^ WATCH: Frank Gore Jr. scores 51-yard TD” (英語). 247Sports. 2022年6月28日閲覧。
  89. ^ New Miami Dolphins Running Back Frank Gore Receives Key To City Of Miami” (英語). www.cbsnews.com. 2022年6月28日閲覧。
  90. ^ CBS Miami - Breaking News, Weather & Community Journalism” (英語). www.cbsnews.com. 2022年6月28日閲覧。
  91. ^ Ex-NBA PG Williams tops ex-RB Gore by decision” (英語). ESPN.com (2021年12月19日). 2022年6月28日閲覧。

外部リンク編集