メインメニューを開く

フランソワ1世(フランス語:François Ier (II) de Bourbon-Saint-Pol, 1491年10月6日 - 1545年9月1日)は、サン=ポル伯、エストゥトヴィル公。

フランソワ1世・ド・ブルボン
François Ier de Bourbon
サン=ポル伯
エストゥトヴィル公
François Ier de Bourbon-Saint-Pol.jpg
出生 (1491-10-06) 1491年10月6日
死去 (1545-09-01) 1545年9月1日(53歳没)
配偶者 エストゥトヴィル女公アドリエンヌ
子女 フランソワ2世
マリー
父親 ヴァンドーム伯フランソワ
母親 サン=ポル女伯マリー・ド・リュクサンブール
テンプレートを表示
サン=ポル伯フランソワ1世の紋章

目次

生涯編集

ヴァンドーム伯フランソワとサン=ポル女伯マリー・ド・リュクサンブールの間に生まれた。1515年のマリニャーノの戦いにおいて、フランス王フランソワ1世とともに、バヤール卿(Pierre Terrail de Bayard)により騎士に叙任された。

フランス軍総司令官(Capitaine général)として、1521年にメジエールの戦いに参加し、1524年にはボニヴェ卿(Guillaume Gouffier de Bonnivet)およびバヤール卿とともにセージア川の戦いに参加した。1525年のパヴィアの戦いでは捕虜となった。

1527年、フランソワはドーフィネ知事となった。サヴォイアおよびピエモンテ遠征においても主導的な立場に立ち、1529年の貴婦人の和約まで軍を指揮した。1533年にマルセイユで行われたフランス王フランソワ1世とローマ教皇クレメンス7世との会見にも立ち会った。また、2世紀の間絶えていたグルノーブル大学を、1542年9月1日に式典を行い再開させた[1]

第四次イタリア戦争において、フランソワはサヴォイア侵攻を指揮した。1543年には、ピカルディーでイングランドおよびスペインと戦った。フランソワは1544年のチェレゾーレの戦いに反対したが、ブレーズ・ド・モンリュック(Blaise de Monluc)が王を説得し、戦いは行われた。

子女編集

1534年、エストゥトヴィル女公アドリエンヌと結婚し1男1女をもうけた。

  • フランソワ2世(1536年 - 1546年) - エストゥトヴィル公、サン=ポル伯、10歳で死去。
  • マリー(1539年 - 1601年) - エストゥトヴィル女公、サン=ポル女伯。最初にソワソン伯ジャン(ヴァンドーム公シャルルの子)と結婚。1560年にヌヴェール公フランソワ1世と結婚。1563年にロングヴィル公レオノール(オルレアン=ロングヴィル家)と結婚。

脚注編集

参考文献編集

  • Charles Gavard, Galerie historique du palais de Versailles, t. VIII, Imprimerie royale, 1846, p. 288 [1]
先代:
マリー
サン=ポル伯
? - 1545年
次代:
フランソワ2世