メインメニューを開く

フリッツ・マウトナー

フリッツ・マウトナー(Fritz Mauthner、1849年11月22日 - 1923年6月29日)はオーストリア・ハンガリー帝国ボヘミア出身の哲学者評論家作家。主著に1901年1902年に出版された言語哲学に関する三部作の『言語批判論集』(Beiträge zu einer Kritik der Sprache)がある。

生涯編集

マウトナーはケーニクグレーツ(Königgrätz)(現在チェコフラデツ・クラーロヴェー(Hradec Králové))近くの街ホルシッツ(Horschitz)(現在のホジツェ(Hořice))で織物工場を経営するエマヌエルと、その妻アマーリアとの間に、六人の子供の四番目として生まれる。彼の両親はユダヤ教徒だった。フリッツが6歳のときに家族はプラハに引越しをする。マウトナーはプラハで法学を学ぶが、途中で止めている。エルンスト・マッハを知ったことが、マウトナーの世界観にもっとも影響を与えたと言われている。マッハは1867年から1875年までプラハで実験物理学を学んでいた。世紀末頃、マウトナーはマッハに宛てて一通の手紙を書いており、そこで、マッハから刺激を受け続けていると述べている。

1873年に彼は法律事務所で仕事をする。同じ年に言語批判論の最初の草稿が書かれている(現在は紛失している)。