メインメニューを開く

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト

銀河英雄伝説 > 銀河英雄伝説の登場人物 > 銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国 > フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトFritz Joseph Bittenfeld、帝国暦458年2月29日-)は、『銀河英雄伝説』の登場人物。

概要編集

ローエングラム陣営の主要提督で、後の「獅子の泉の七元帥」の一人。黒一色に塗装された宇宙艦隊「黒色槍騎兵艦隊(シュワルツ・ランツェンレイター)」を率いる猛将。乗艦は王虎(ケーニヒス・ティーゲル)。主な幕僚はハルバーシュタット、グレーブナー、オイゲン、ディルクセン等。

本編での初登場はラインハルトの元帥府の開府に伴う登用から。時系列上の初登場は第6次イゼルローン攻防戦の前哨戦(外伝)である。

副官・幕僚編集

  • ディルクセン(副官)
  • ハルバーシュタット(艦隊副司令官)
  • グレーブナー(参謀長)
  • オイゲン(副参謀長)

略歴編集

時系列上の初登場は第6次イゼルローン攻防戦の前哨戦。この時はミューゼル艦隊に所属する戦艦「ヤクト・ティーゲル」の艦長(大佐)で27歳。1隻で2隻の艦を巧妙に葬り去った事でラインハルトの注目を浴びた(このとき彼の副官を、後に副参謀長となるオイゲン大尉が務めている)。ラインハルトが開設した元帥府に当初から登用され、1個艦隊を指揮する事となる。

アムリッツァ会戦(及びその前哨戦)では2艦隊を撃破する功績をたてたが、ヤン・ウェンリーの第13艦隊に反撃され、戦力を削がれて同盟軍をとり逃がす原因を作った。しかし、それ以降はランテマリオ会戦やマル・アデッタの会戦など、数々の戦いで功績を上げる。特に第2次ラグナロック作戦は、彼の進言がラインハルトに出征を決意させている。回廊の戦いは前哨戦でヤンの策に嵌り大敗するが、帝国軍本隊と合流し、その後に本戦に参加している。第2次ランテマリオ会戦ではロイエンタールの攻勢に一時劣勢となるが、結果として勝利に貢献している。

その後、オーベルシュタインのハイネセン着任に伴い、ミュラーワーレンと共に軍の上級指揮官としてイゼルローン攻略の任を受ける。しかし、オーベルシュタインの草刈りに端を発した彼に対する暴力行為で、ラインハルトの裁定が下るまで謹慎処分にされる。その間、部下達とオーベルシュタインの配下の部隊と武力衝突事件を起こすなど、軍内に深刻な亀裂を生じさせた。

ラインハルトのハイネセン到着に際し、軍内に亀裂を生じさせたことへの謝罪とオーベルシュタインへの告発を行い、謹慎を解かれる[1]。そして直後のシヴァ星域の戦いには前衛部隊として臨み、敵方の罠にはまってブリュンヒルトにユリアンらを強襲させる失態を犯すも、メルカッツを戦死させる大功績を上げる。

ラインハルトの死後は「獅子の泉の七元帥」の一人として元帥に任ぜられる。

能力編集

提督としては黒一色に塗装された「黒色槍騎兵艦隊(シュワルツ・ランツェンレイター)」を指揮する。極めて精強な艦隊で、宇宙最強とも評される。部下にも司令官の色に染まった猪武者が多いと言われる(例外は副参謀長のオイゲン)。

その評価通り常識外れの猛々しさと破壊力を誇り、相手の狙い通りに動いたり、策に嵌ったりしたにも関わらず、それをそのまま打ち破り、勝敗を決してしまうこともある。一方で守勢に回ると脆く、失敗が戦局を大きく変えてしまうこともよくある。具体例として、相手の策や挑発にあえて乗っかったことによってマル・アデッタの会戦ではビュコックを破り勝利に貢献し、他方、回廊の戦い(前哨戦)では敗走してファーレンハイトの戦死を招いている。

勝利した場合でも大きな損害を被っていることが多いため、失敗したケースが目立つが、実際に損害(失敗)が戦果を上回ったケースはヤンを相手にしたアムリッツァ会戦と回廊の戦い(序盤戦)くらいである。結果から見ればウランフとアップルトン(アムリッツァ会戦)、ビュコック(マル・アデッタの会戦)、フィッシャー(回廊の戦い)、メルカッツ(シヴァ星域の戦い)といった同盟軍の名将をことごとく戦死させており、実は帝国軍提督のうち最も多くの同盟軍提督を死に追いやり、ヤン艦隊に一番ダメージを与えたのもビッテンフェルトであるとされる。功績と失敗が共に大きく、敵にも味方にも大きな損害を出すのが彼の指揮官としての個性と評されている。ラインハルトからは、彼の命令を無視した独断専行によって味方に著しい損害を与えたことを叱責されることもあるが、何もせずに失敗するよりは彼らしく良いとして許されている。

その艦隊運用は、損害を気にしないただの力押しにも見えるが、高い戦術眼を持っていると思わせる描写も多々あり、ラインハルトは第六次イゼルローン攻防戦において「猪突猛進に見えるが、じつにいいタイミングで、いいポイントを衝く。」と激賞している。作戦会議などにおいても、強攻策を提案することが多く、それは一見すると思慮の浅い提案にも見えるが、あながち的外れとも言えず、彼の案がそのまま、あるいは一部修正されて採用される事も多い。逆に実のない強攻策が提案された時には問題点を鋭く指摘し、一蹴している。また、ランテマリオ星域会戦においては、華々しい戦果を挙げた前線部隊ではなく、後方の病院船が最高の手柄を立てたとラインハルトに報告し、帝国軍全軍において病院船の重要性が見直されることになったというエピソードも存在する。

外見や性格から格闘戦にも強いように見えるが本編中に具体的な描写は無いため実際のところは不明。ただし、道原かつみの漫画版では、ラインハルト立会いでキルヒアイスとの決闘を企図したり[2]、その際にラインルトを襲撃したベーネミュンデ侯爵夫人の差し金と思われる刺客を素手で倒しており、格闘能力が高い描写が見られる。

人物編集

髪の色はオレンジ。筋骨隆々とした胴体の上にやや不釣合いな細面の顔が乗っている。ラインハルトの配下で最も武人らしい提督と言われている。

「粗にして野だが卑にあらず」をそのまま具現化したような人物で、その言動は思慮が浅く傍若無人に見えるが、一貫性と理があり、邪気が無い。怒ると味方でも撃つようなイメージを持たれる一方で、部下からの人望は厚い。オーベルシュタインの草刈りに端を発する謹慎下では、仲裁と謹慎解除を求めて部下たちが奔走し、一部で武力衝突まで生じさせた。そのオーベルシュタインの草刈りについては、治安維持のために力で押さえつけるのは芸が無いと評しており、ランテマリオ星域会戦における病院船への評価など、決して内政向けではないが、ただ単純に武断派でもない。

そのような性格であるため、正反対のオーベルシュタインを同僚の諸提督の中でも際立って毛嫌いしており、周りを気にせず公然と、本人にも聞こえるように大きな声で非難している(「人を褒めるときは大きな声で、悪口を言うときにはより大きな声で」というビッテンフェルト家の家訓に基づくと嘯く)。これは最終的に彼への暴力沙汰にまで発展することとなる。

当然ながら芸術に縁はなく、ルビンスキーの火祭りでは避難を嫌がるラインハルトを無理やり救出したことを評価される一方で、美術品の搬出に全く関心を示さず、これらを失ったことを芸術家でもあるメックリンガーに皮肉られている。

作者の田中芳樹は、「死ぬ予定だったのに作者の魔の手を逃れて最後まで生き残った人物の一人」として、彼の名前を上げている(もう一人はオリビエ・ポプラン)。また田中芳樹はビッテンフェルトを「戦いの無い平和の時代では大久保彦左衛門になるだろう」と評している[3]

OVA版では真面目な性格の人物が多い帝国軍の中で数少ないコメディリリーフ的な描写が時折なされている。また、手柄を欲しようとする場面が多く、他艦隊から煙たがれる時もある。

演じた人物編集

脚注編集

  1. ^ 亀裂を生じさせたことについてであって、オーベルシュタインへの暴力については謝罪していない。告発については問題無しと退けられている。
  2. ^ キルヒアイスがラインハルトの側近であることに不満をもっていたため。その後、同じく刺客を退けた力量からキルヒアイスを認めた。
  3. ^ 「『銀河英雄伝説』のつくりかた」(創元文庫版外伝5巻所収)。
  4. ^ @gineidenanime (2018年4月3日). "【TOKYO MX放送開始まであと2日】本日の解禁はフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトです。演じるのは稲田徹さん!明日の解禁はフリードリヒⅣ世です、お楽しみに。" (ツイート) – via Twitter.

関連項目編集