フリーデリケ・フォン・プロイセン (1796-1850)

フリーデリケ・フォン・プロイセンドイツ語: Friederike von Preußen, 1796年10月30日 - 1850年1月1日)は、アンハルト=デッサウ公レオポルト4世の妃。

フリーデリケ・フォン・プロイセン
Friederike von Preußen
アンハルト=デッサウ公妃
Frederica Wilhelmina of Prussia.jpg
アンハルト=デッサウ公妃フリーデリケ(フランツ・クリューガー画)
在位 1818年4月18日 - 1850年1月1日

全名
出生 1796年10月30日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ベルリン
死去 (1850-01-01) 1850年1月1日(53歳没)
Flag of Anhalt Duchies.png アンハルト=デッサウ公国デッサウ
埋葬 Flag of Anhalt Duchies.png アンハルト=デッサウ公国デッサウ、聖マリア教会
結婚 1818年4月18日
配偶者 レオポルト4世
子女 一覧参照
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ルートヴィヒ・フォン・プロイセン
母親 フリーデリケ・ツー・メクレンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

1796年10月30日、プロイセン王子ルートヴィヒと妃であるメクレンブルク=シュトレーリッツ大公女フリーデリケの第3子として[1]ベルリンで生まれた。父ルートヴィヒはプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の次男である。フリーデリケ・ルイーゼ・ヴィルヘルミーネ・アマーリエ(Friederike Luise Wilhelmine Amalie)と名付けられた。

フリーデリケの誕生後間もない同年12月28日、父はジフテリアに罹患し急死した。その後母フリーデリケは2度再婚したため、幼いフリーデリケは2人の兄たちとともにベルリンの宮廷で育った。母の再婚により、ハノーファーゲオルク5世を含む多くの異父弟妹を持つことになる。

1818年4月18日、ベルリンでアンハルト=デッサウ公レオポルト4世と結婚した[1][2]。プロイセン宮廷がすでに2人の縁談を手配しており、1816年5月17日に婚約していた。プロイセンとアンハルトの縁談は、レオポルト4世の親プロイセン政策を表したものだった。2人は6子をもうけた。

フリーデリケは1850年1月1日にデッサウで亡くなった。夫レオポルト4世は21年後の1871年5月22日に亡くなった。

子女編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Lundy, Darryl. “The Peerage: Friederike Wilhelmina Luise Amalie Prinzessin von Preußen”. 2022年9月18日閲覧。
  2. ^ Martin, pp. 187-188.

参考文献編集

  • Martin, Frederick (1866). The Statesman's Year Book, 1866. London: Macmillan and Co. 

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、フリーデリケ・フォン・プロイセン (1796-1850)に関するカテゴリがあります。

先代
ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート
アンハルト=デッサウ公妃
1818年 - 1850年
次代
(廃止)