フリードリヒ・ドミン

フリードリヒ・ドミン(Friedrich Domin, 1902年5月15日 - 1961年12月18日)は、ドイツ俳優

フリードリヒ・ドミン
Friedrich Domin
生年月日 (1902-05-15) 1902年5月15日
没年月日 (1961-12-18) 1961年12月18日(59歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国 プロイセン王国・ボイテン
(現:ポーランドの旗 ポーランドビトム
死没地 ドイツの旗 ドイツミュンヘン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 俳優
活動期間 1921年-1961年
主な作品
映画
『わが青春のマリアンヌ』
歴史は女で作られる
菩提樹
朝な夕なに
テンプレートを表示

来歴編集

ドイツ帝国シュレージエン地方のボイテン(現在のポーランドビトム)で、花屋と造園業を営む家に生まれる。ヴァルター・グロピウスが校長を務めていたヴァイマルバウハウスで画家と建築家を目指して学んでいたが、俳優になる決心をし、1921年にベルリンマックス・ラインハルト演劇学校に入学する。ちなみに同じ年、マレーネ・ディートリヒも受験しているが不合格となり、翌年再チャレンジして入学を果たしている。同1921年、舞台デビュー。その後、ケーニヒスベルクゲーラカッセルチューリッヒ(スイス)の各地の舞台に立った。舞台では古典劇・現代劇を問わず数々の作品に出演し、様々な役を演じている。1934年から亡くなるまでミュンヘンのミュンヘナー・カンマーシュピーレ劇場(エルメスクリスチャン・ディオールのミュンヘン店のすぐ近くにある)のメンバーとして活躍した。1936年からは舞台監督も務めている。

映画には1939年に初出演。以降、数多くの映画に出演している。1955年には、ルートヴィヒ2世を描いた本国版の旧西ドイツ映画『ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落[1](カラー作品)でオットー・フォン・ビスマルクを演じている。ちなみに、この作品でルートヴィヒ2世はO・W・フィッシャーエリザベートルート・ロイヴェリクオットー1世クラウス・キンスキーが演じている。1956年に出演した旧西ドイツ映画『ケペニックの大尉』[2](カラー作品。英語題名は『The Captain of Kopenick』)は、第29回米国アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。1957年の映画『朝な夕なに』(カラー作品)では「夜警」というあだ名のギムナジウムの教師役でコミカルな演技を見せている。また、テレビドラマにも進出し、ヤヌシュ・コルチャックを演じている。

1961年、12月初めまで舞台に立っていたが、12月18日、インフルエンザのため死去。ミュンヘンのボーゲンハウゼンの墓地に埋葬されている。

主な出演映画編集

脚注編集

  1. ^ 日本未公開であったが、2007年3月、東京のアテネ・フランセ文化センターで「ヘルムート・コイトナー監督特集」が開催され、その中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュール
  2. ^ 日本未公開であったが、1.と同じ「ヘルムート・コイトナー監督特集」の中で日本語字幕付きでDVD上映された。

外部リンク編集