フリードリヒ3世 (オーストリア公子)

フリードリヒ3世 (ドイツ語: Friedrich III. 1347年3月31日 - 1362年12月10日) は、ハプスブルク家公爵。オーストリア公アルブレヒト2世とヨハンナ・フォン・プフィルトの次男で、ルドルフ4世の弟[1]。15歳の若さで死去し、シュテファン大聖堂公爵の地下聖堂に葬られた[2]ウィーンで生まれ、同じくウィーンで死去した。

フリードリヒ3世
Friedrich III.
Frederick (III) of Austria.jpg

出生 (1347-03-31) 1347年3月31日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーン
死去 (1362-12-10) 1362年12月10日(15歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ウィーン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国シュテファン大聖堂
家名 ハプスブルク家
父親 オーストリア公アルブレヒト2世
母親 ヨハンナ・フォン・プフィルト
テンプレートを表示
フリードリヒ3世の紋章

3年後の1365年にルドルフ4世も死去し、ハプスブルク家の封土はノイベルク条約で弟のアルブレヒト3世レオポルト3世により分割された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Alois Niederstätter: Geschichte Österreichs; Verlag W. Kohlhammer, Stuttgart 2007, ISBN 978-3-17-019193-8 (Online)
  2. ^ Reinhard H. Gruber: Die Katakomben im Wiener Stephansdom; Verlag Bauer, Wien 2010