フリーマ・アジェマン

フリーマ・アジェマン、またはフリーマ・アジマンFreema Agyeman[ˈfrmə ˈɑːəmən][1]、1979年3月20日[2] - )は、BBCのSFドラマ『ドクター・フー』とそのスピンオフドラマ『秘密情報部トーチウッド』のマーサ・ジョーンズ役、NetflixのSFドラマ『センス8』のアマニタ・キャプラン役で知られるイングランドの女優。

フリーマ・アジェマン
Freema Agyeman
Freema Agyeman
2019年7月
本名 Frema Agyeman
生年月日 (1979-03-20) 1979年3月20日(41歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
職業 俳優モデル歌手
活動期間 2001年 - 現在
主な作品
ドクター・フー
秘密情報部トーチウッド
センス8
備考
ミドルセックス大学学士
テンプレートを表示

『ドクター・フー』とBBCのドラマ『リトル・ドリット』の役を降板した後、2009年から2012年にかけて法廷ドラマ『Law & Order: UK英語版』主役アリーシャ・フィリップスを演じた。2013年にはアメリカのテレビ局CWテレビジョンネットワークのティーンドラマ『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜』に『Interview』誌のファッションデザイナーのラリッサ・ラフリン役でデビューした。他のテレビ出演には『Old Jack's Boat英語版』、『法医学捜査班 silent witness英語版』、『生存者たち』がある。また、彼女は2015年の映画『North v South英語版』にペニー役で出演した。2018年には、NBCの医療ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』のメインキャストの一人になった。

生い立ち編集

アジェマンはイラン人の母アザー (Azar) とガーナ人の父オセイ (Osei) の間にロンドンで生を受け、二人は彼女の幼少期に離婚した。兄弟には姉レイラ (Leila) と弟ドミニク (Dominic) がいる[3]。母はイスラム教徒で父はキリスト教メソジストであったが、彼女はカトリック教会に入信した[4]。アジェマンはスタンフォード・ヒル英語版カトリック・スクール英語版であるOur Lady's Convent Roman Catholic High School英語版に入学し、1996年の夏の間にはイズリントンアンナ・シャー・シアター英語版スクールで学び、ミドルセックス大学舞台芸術を学んで2000年に卒業した[3]

キャリア編集

 
2007年3月、『ドクター・フー』のシリーズ3の記者会見にて

初期の作品編集

プロ女優の道を歩み始める際、発音の問題を避けるためにアジェマンは出生時の名前 Frema とは違うスペルを芸名に使うことを選んだ[5]

マーサ・ジョーンズの役を手に入れるまでは、テレビにおける彼女の最も有名な役はITV昼ドラCrossroads』のローラ・ワイズであった。また、彼女は『Casualty英語版』、『Mile High英語版』、『The Bill英語版』といったテレビドラマでも脇役を演じ、そのうち『The Bill』では異なる役で2回出演した。2005年には、『法医学捜査班 silent witness英語版』のエピソードで犯罪捜査官マリー・オグデンを演じた。

『ドクター・フー』(2006年 - 2010年)編集

アジェマンは『ドクター・フー』の2006年のシリーズで3役のオーディションを受けた。2005年6月24日に彼女は「クリスマスの侵略者」のサリー・ジェイコブス役のオーディションを受けたが、より「冷たいクールなブロンド」としてキャラクターの制作チームのコンセプトに合致したアニタ・ブリエムが役を勝ち取った[6]。後にアジェマンは「サイバーマン襲来」「鋼鉄の時代」「嵐の到来」のエズミ役とアデロア・オショディ役のオーディションをそれぞれ受けた。エズミは完成した台本から最終的に削除された[7]が、アデロア役のオーディションには合格し、2006年7月1日にアデロア役で出演した。アジェマンはダンスを学んで乗馬・武術・体操の練習をしたが、これは彼女にもっと難しいアクションシーンを与えるためプロデューサーが仕組んだことであった[8]

"When we cast the character of Adeola, I met Freema [Agyeman] for this part—actually, I met her for two parts—and when I met her, as soon as she walked through the door, I knew she was going to be quite exceptional. When she walked in, I thought I was looking at Halle Berry English-style..."
グレアム・ハーパー英語版[9]

制作チームは3回のオーディションでアジェマンが示した演技の幅の広さに感銘を受け、彼女を新しいコンパニオンの本当の候補者として呼び戻した。彼女は『秘密情報部トーチウッド』のエピソードという名目で他のオーディションに参加していた[6]が、その後10代目ドクター役俳優デイヴィッド・テナントとの最終スクリーンテストを受けた。テナントはアジェマンのホテルの部屋のドアの下にメモを残し、彼女の抱いていた緊張はそれにより和らいだ[10]ビリー・パイパーの後任となる人物には数多くの推測がなされていたが、2006年6月5日には新コンパニオンのマーサ・ジョーンズとしてアジェマンの登板がメディアで確定した[11]

"I'd like to think that there will be more for Martha Jones, because Doctor Who has been one of the biggest experiences of my life, both in terms of my career and in terms of how it has changed my life over the last two years. I dare say a great number of people will always associate me with Martha, and that really makes me smile. It means that she lives on. That's so flattering. It's an honour. I'd love to do more with her, definitely..."
—フリーマ・アジェマン、2008年7月[12]

シリーズ3の撮影は2006年8月に始まり、2007年3月に完了した。彼女は2007年3月31日に「スミスとジョーンズ」でマーサ役としてデビューを果たした[13]。作中の会話から、「嵐の到来」に登場したアデロアはマーサのいとこであると説明されている。アジェマンは2007年のシリーズの全エピソードでマーサ役を続け、シリーズ4でも5エピソードにマーサ役で出演した。シリーズ4の最終エピソードの後、役に復帰するだろうと彼女は主張した[12]。後に彼女は他のかつてのキャストメンバーと共にデイヴィッド・テナントの最後の出演である「時の終わり」でシリーズに復帰した。番組への出演と同時に、彼女はマーサが登場する『ドクター・フー』New Series Adventures の要約版オーディオブック The Last Dodo[14]Wetworld[15]The Pirate Loop[16]Martha in the Mirror[17]The Story of Martha の朗読を担当した[18]

『ドクター・フー』のシリーズ3と4の間に、アジェマンは『ドクター・フー』のスピンオフ『秘密情報部トーチウッド』のシリーズ2のうち3エピソード(『リセット英語版』、『闇からの使者英語版』、『暗闇の光英語版』)に出演した[19]。また、2008年9月10日に BBC Radio Four で放送された『秘密情報部地トーチウッド』のラジオ版エピソード Lost Souls でも主演を務めており、欧州原子核研究機構大型ハドロン衝突型加速器を起動しようとした[20]。『トーチウッド:ミラクル・デイ』制作チームはアジェマンを同作に出演させるつもりであったが、既に彼女が『Law & Order: UK英語版』に携わっていたことを監督ユーロス・リン英語版が後に明らかにした[21]Law and Order: UK の記者会見で行われたビデオインタビューでは、アジェマンは『秘密情報部トーチウッド』への復帰を排しておらず、復帰する可能性は常にあると主張した[22]。『秘密情報部トーチウッド』の製作者およびヘッドライターかつ『ドクター・フー』の責任者も兼任したラッセル・T・デイヴィスは、 アジェマンを『秘密情報部トーチウッド』の将来のシリーズへキャスティングする可能性もあることを断言した[23]

2008年から現在編集

アジェマンはCBeebies英語版で午後7時の直前に短時間放送されるThe Bedtime Hour に複数回出演した。She narrated the first series of BBC Threeで2008年2月14日から[24]同年4月3日まで放送された[25]病院ドキュメンタリーシリーズ『Bizzare ER英語版』のシリーズ1のナレーションを担当し、2009年4月21日に放送が始まったシリーズ2でもナレーターを務めた[26]。彼女は7月27日にBBCプロムスDoctor Who Prom の司会者を務めた[27]。プロムの1時間カット版はBBC Oneで2009年1月1日に放送された。

アジェマンはチャールズ・ディケンズの小説『リトル・ドリット』をリメイクした、2008年10月26日に放送が開始されたBBCのドラマ『Little Dorrit英語版』で捨て子の少女タッティコラムを演じ、『秘密情報部トーチウッド』に出演したイヴ・マイルズルース・ジョーンズ英語版と共演した[28]。第1話のアジェマンのシーンにはケントディール城英語版で撮影され、劇中ではフランスマルセイユとされた[29]。時代ドラマに出演することが夢でもあったため、彼女は『Little Dorrit』への出演に喜んだ[30]。また、2008年にアジェマンは1970年代のカルトテレビシリーズをリメイクしたBBC Oneのドラマ『生存者たち』にも出演した。彼女の演じたジェニー・ウォルシュ(元々の姓はコリンズ)は第1話で死亡したものの、シリーズの広告には常に登場した[31][32]

2009年から2012年にかけて、アジェマンは公訴官アリーシャ・フィリップス役でアメリカのドラマ『ロー&オーダー』のイギリス版リメイク『Law & Order: UK英語版』に出演した[33]。アジェマンはオリジナルの『ロー&オーダー』シリーズの特にシリーズ3と4の大ファンであると自称している。役のために彼女は裁判を傍聴し、オールド・ベイリー英語版を視察し、法学の学位を持つ姉レイラにも話を聞いた。姉についてアジェマンは「私が完全に理解していないから、平信徒に物事を説明することにかけて彼女は凄いし、辛抱強いの。良い情報源よ」とコメントした[34]。他の撮影との関係のため、彼女の出演はシリーズ6までに留まった[35]

2012年3月、アジェマンが『セックス・アンド・ザ・シティ』の前日譚『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜』でインタビュー誌で働く呑気なパーティーガールのラリッサ役を演じると告知された[36]。2013年前半には彼女はCbeebies英語版のテレビシリーズ『Old Jack's Boat英語版にシェリー役で出演した[37]

アジェマンは2015年6月に配信が開始されたNetflixのシリーズ『センス8』にも出演した。彼女はシリーズのレギュラーであり、ノミのガールフレンドであるアマンティア役を演じた[38][39]

2018年にアジェマンはヘレン・シャープ役として、NBCの医療法廷ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』のキャストメンバーの一人になった。

受賞編集

2007年6月、アジェマンは2007年の "Glamour Women of the Year Awards" で "Best Newcomer" に選出された[40]。同年に彼女はロンドンで2007年10月25日に開催された Screen Nation Film and Television Awards 5周年で "Female TV Star" 部門 People's Choice カテゴリで受賞した[41]

オブザーバー紙は2007年12月にアジェマンとのインタビューを設け、彼女を「2007年の顔」と形容した[42]

ノミネート編集

2003年、アジェマンは the British Soap Awards の2部門で、『Crossroads』のローラ・ワイズ役が "Best Newcomer" と "Sexiest Female" としてノミネートされた[43]

2009年には、バーミンガムのブラック・インターナショナル・フィルム・フェスティバルの音楽映像スクリーン賞で最優秀女優賞にノミネートされた[44]

2016年には、『North v South』の演技がスクリーンナショナル映画テレビ賞の「映画における女性演技賞」にノミネートされ[45]、『センス8』でのパフォーマンスでの演技が「テレビにおける女性演技賞」にノミネートされた[45]

私生活編集

アジェマンは上腕に蝶のタトゥーを入れており、ペルシャ語で「自由」を意味する "raha" という語を含み、彼女の先祖の象徴である[46]

アジェマンはLGBTQ+のコミュニティを支援しており、Instagramを利用してLGBTQ+への見解を表明している。

アジェマンはカトリック教徒であるが、頻繁に礼拝に行くわけではない。良い行いをすることが神の信仰を示す方法であり、また、カトリック式キリスト教的信仰を表現する方法であると発言している[47]

出演作編集

映画編集

備考
2004 Aisha the American Shaheen Short film
2006 Rulers and Dealers Nana
2015 North v South Penny
2016 Eat Local Angel

テレビ編集

備考
2003 Crossroads Lola Wise Unknown episodes
2004 The Bill英語版 Jenna Carter エピソード: "Episode 232"
2004 Casualty@Holby City英語版 Kate Hindley エピソード: "Casualty@Holby City: Part One"
2005 Mile High英語版 Girl #1 シリーズ2エピソード26
2005 法医学捜査班 silent witness英語版 Mary Ogden エピソード: "Choices: Part 1"
2006 The Bill Shakira Washington 2エピソード
2006 ドクター・フー アデロア・オショディ エピソード:「嵐の到来
2007–2008, 2010 マーサ・ジョーンズ シリーズ3、シリーズ4、2008年 - 2010年スペシャル
2007–2008 Doctor Who Confidential 本人役
2007 Totally Doctor Who英語版 本人役 7エピソード
2007 The Infinite Quest マーサ・ジョーンズ(声) 13エピソード
2007 The Omid Djalili Show英語版 本人役 シリーズ1エピソード3
2008 秘密情報部トーチウッド マーサ・ジョーンズ 3エピソード
2008–2010 Bizarre ER英語版 本人役 ナレーター(シリーズ1-3); 30エピソード
2008 Torchwood Declassgied英語版 本人役 2エピソード
2008 Little Dorrit英語版 タッティコラム ミニシリーズ; 8エピソード
2008 生存者たち ジェニー・ウォルシュ 2エピソード
2009–2012 Law & Order: UK英語版 アリーシャ・フィリップス メインキャスト(シリーズ1-6); 39エピソード
2013–2015 マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜 ラリッサ・ラフリン メインキャスト; 22 エピソード
2013-2015 Old Jack's Boat英語版 シェリー・ペリウィンクル メインキャスト(シリーズ1); 12エピソード
2013 Rubenesque トラディ One-off drama
2015–2018 センス8 アマニタ・キャプラン メインキャスト
2017 Panorama ナレーター エピソード: "When Kids Abuse Kids"
2018–present ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ ヘレン・シャープ メインキャスト

オーディオとラジオ編集

備考
2007 The Last Dodo ナレーター 『ドクター・フー』のオーディオブック
2007 Wetworld ナレーター 『ドクター・フー』のオーディオブック
2007 The Pirate Loop ナレーター 『ドクター・フー』のオーディオブック
2008 Martha in the Mirror ナレーター 『ドクター・フー』のオーディオブック
2008 Lost Souls マーサ・ジョーンズ フルキャストオーディオドラマ
2008 The Story of Martha ナレーター 『ドクター・フー』のオーディオブック
2014 Six Degrees of Assassination: An Audible Drama エレン・タウンセンド
2020 Torchwood: Dissected マーサ・ジョーンズ フルキャストオーディドラマ

劇場編集

Notes
2001–2002 When Snow Falls[48] T クリス・エルウェルによる
2001 Twisted Roots[49][50] アーニャ・スター エミリー・ナイチンゲールによる
2002 Lords and Ladies[51] 多数 元々はテリー・プラチェットによる
2008 Doctor Who Prom 司会 ミュージカル式典、2008年7月27日
2017 Apologia[52] クレール アレクシ・ケイ・キャンベルによる

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Agyeman, Freema. AfterBuzz TV Interviews Freema Agyeman @ CW's The Carrie Diaries Premiere. AfterBuzz TV.
  2. ^ Thank You Letter From Freema Agyeman”. 2010年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月8日閲覧。
  3. ^ a b Jury, Louise (2007年3月23日). “From council estate to Tardis: rise of the Timelord's sidekick”. インデペンデント (London). オリジナルの2007年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071019000735/http://news.independent.co.uk/media/article2383877.ece 2007年9月18日閲覧。 
  4. ^ Deeley, Laura (2008年2月16日). “Dr Who's sidekick, Freema Agyeman”. The Sunday Times. 2011年8月19日閲覧。
  5. ^ Hugo, Simon (2008年6月). “Where's Your Head At? Freema Agyeman”. Torchwood Magazine: p. 60 
  6. ^ a b Davies, Russell T. Companion Piece, Doctor Who Magazine: Issue 373.
  7. ^ Companion Piece, Doctor Who Magazine: Issue 373.
  8. ^ "Get to know: Freema Agyeman - 3 Things to Know About 'The Carrie Diaries' Actress" Archived 12 October 2016 at the Wayback Machine.. Clutch英語版.
  9. ^ Doomsday!! Gaspode Chats Up The Director of WHO’s Second-Season Finale!!”. Ain't It Cool News. 2008年7月16日閲覧。
  10. ^ "Meet Martha, an interview with Freema Agyeman", Doctor Who Magazine: Issue 372.
  11. ^ Press Office – Freema Agyeman is new companion to Doctor Who”. BBC. 2009年3月29日閲覧。
  12. ^ a b "Freema Agyeman — She walks in her own way", Doctor Who Magazine: Issue 398.
  13. ^ "スミスとジョーンズ". ラッセル・T・デイヴィス(脚本)、チャールズ・パルマー英語版(監督)、フィル・コリンソン英語版(プロデューサー). ドクター・フー. BBC. BBC One. 2007年3月31日放送.
  14. ^ Doctor Who | Archived Headlines – June 2007”. Eye of Horus. 2009年3月29日閲覧。
  15. ^ Doctor Who Wetworld audio CD review”. Den of Geek. 2009年3月29日閲覧。
  16. ^ The UK Sci-Fi TV Book Guide: Forthcoming Releases”. Homepage.ntlworld.com. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  17. ^ Doctor Who: New Adventures: WITH The Many Hands AND Martha in the Mirror AND Snowglobe 7 (Dr Who)”. Amazon.co.uk (2008年10月9日). 2009年3月29日閲覧。
  18. ^ (UK) : Dan Abnett – Doctor Who: The Story of Martha (new reading) – Abridged Audiobook”. Play.com. 2009年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月28日閲覧。
  19. ^ More Martha!”. BBC Official Doctor Who site (2007年7月2日). 2007年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月2日閲覧。
  20. ^ Outpost Gallifrey: Doctor Who RSS News Feed”. Gallifreyone.com (2008年4月26日). 2008年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  21. ^ McCabe, Joseph (2009年2月19日). “Exclusive: Eve Myles and Director Euros Lyn Talk Torchwood Season 3!”. Fearnet.com. 2009年2月22日閲覧。
  22. ^ Freema talks Doctor Who return”. Digital Spy (2008年2月7日). 2009年2月8日閲覧。
  23. ^ “Russell T. Davies talks Doctor Who & Torchwood. NJ.com. http://www.nj.com/entertainment/tv/index.ssf/2009/06/russell_t_davies_talks_doctor.html 2009年7月28日閲覧。 
  24. ^ Bizarre ER episode 1
  25. ^ Bizarre ER episode 8
  26. ^ Three Programmes – Bizarre ER, Series 2, Episode 1”. BBC. 2009年7月28日閲覧。
  27. ^ Proms – 27 July 2008”. BBC. 2009年3月29日閲覧。
  28. ^ Holmwood, Leigh (2008年5月6日). “Jones to appear in BBC Dickens drama”. Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2008/may/06/bbc.television1 2008年6月10日閲覧。 
  29. ^ News | Spooks and Doctor Who stars invade Deal Castle”. East Kent Mercury and Dover Mercury (2008年5月9日). 2009年3月29日閲覧。[リンク切れ]
  30. ^ Press Office – Little Dorrit press pack: Freema Agyeman plays Tattycoram”. BBC (2008年10月13日). 2009年7月28日閲覧。
  31. ^ Press Office – Cast announced for BBC One's Survivors”. BBC (2008年5月30日). 2009年3月29日閲覧。
  32. ^ Doctor Who – News”. BBC (2008年6月2日). 2009年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  33. ^ From Doc To Dock”. People.co.uk (2008年7月13日). 2009年3月29日閲覧。
  34. ^ http://www.itv.com/documents/doc/L&O%20PP.doc [リンク切れ]
  35. ^ Millar, Paul (2012年8月24日). “'Law & Order: UK', 'Scott & Bailey', 'Vera' recommissioned by ITV”. Digital Spy. 2012年8月24日閲覧。
  36. ^ Jeffrey, Morgan (2012年3月5日). “'Doctor Who' star Freema Agyeman joins 'Sex and the City' prequel”. Digital Spy. 2012年3月5日閲覧。
  37. ^ Methven, Nicola (2012年8月2日). “More stories: Veteran Jackanory star Bernard Cribbins to make a children's TV comeback”. Daily Mirror. 2012年8月19日閲覧。
  38. ^ Reiher, Andrea (2014年2月3日). “Netflix's 'Sense8' details and a new comic from J. Michael Straczynski”. http://www.zap2it.com/blogs/netflixs_sense8_details_and_a_new_comic_from_j_michael_straczynski-2014-02 2014年7月22日閲覧。 
  39. ^ Andreeva, Nellie (20 June 2014). “Cast Set, Plot Revealed For Wachowskis’ Netflix Globe-Spanning Series ‘Sense8′”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2014/06/netflix-wachowski-series-sense8-cast-naveen-andrews-darryl-hannah/ 2014年7月22日閲覧。. 
  40. ^ Freema Wins at Glamour Women Awards 2007”. Freema Agyeman.com (2007年6月5日). 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  41. ^ Reginald Hudlin (PDF)”. 2009年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月28日閲覧。
  42. ^ Day, Elizabeth (2007年12月16日). “A dizzy year with the Doctor”. Observer (London). https://www.theguardian.com/theobserver/2007/dec/16/features.review47 2008年6月10日閲覧。 
  43. ^ On the Box guide to the British Soap Awards”. webcache.googleusercontent.com. 2009年3月29日閲覧。
  44. ^ Kilkelly, Daniel. EastEnders wins three MVSA prizes, DigitalSpy.com, 6 November 2009.
  45. ^ a b Ria Hebden – The Screen Nation Awards for Scene TV”. www.riahebden.com. 2020年1月31日閲覧。
  46. ^ Freema Agyemann profile: Watch Shows: Watch – simply good TV”. Uktv.co.uk (2007年11月7日). 2007年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  47. ^ https://ohnotheydidnt.livejournal.com/20450365.html
  48. ^ Half Moon Shows On Tour: Previous Shows”. 2006年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月18日閲覧。
  49. ^ Twisted Roots”. Pop-Up. 2008年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  50. ^ A fansite – Biography & Filmography”. Freema Agyeman.com. 2009年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  51. ^ Lords and Ladies”. Co.uk.lspace.org. 2007年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  52. ^ Apologia review – Stockard Channing induces sympathy for a monstrous matriarch. Guardian. (2017年8月4日). https://www.theguardian.com/stage/2017/aug/04/apologia-review-stockard-channing-trafalgar-studios-london 2017年9月28日閲覧。 

外部リンク編集