メインメニューを開く

フリー・ウィリー3』(原題:Free Willy 3: The Rescue)は、1997年制作のアメリカ合衆国ファミリー映画

フリー・ウィリー3
Free Willy 3: The Rescue
監督 サム・ピルスバリー
脚本 ジョン・マトソン
製作 ジェニー・ルー・トゥジェンド
マーク・マーシャル
製作総指揮 リチャード・ドナー
アーノン・ミルチャン
ローレン・シュラー・ドナー
出演者 ジェイソン・ジェームズ・リクター
オーガスト・シェレンバーグ
音楽 クリフ・エデルマン
撮影 トビアス・A・シュリッスラー
編集 マーガレット・グッドスピード
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
スタジオカナル
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年8月6日
日本の旗 1997年8月16日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,446,539[1]
前作 フリー・ウィリー2
次作 フリー・ウィリー 自由への旅立ち
テンプレートを表示

フリー・ウィリー』シリーズの第3作目。シャチケイコは第1・2作目と同様にウィリー役としてクレジットされているが、劣悪な環境で飼育され続け健康状態が悪化していたケイコを、オレゴン・コースト水族館へ移してリハビリを行う計画が立てられていたため、本作の出演部分はアニマトロニクスが用いられている。

あらすじ編集

17歳になったジェシーは、夏休みを利用してオルカの群れを追う海洋調査のアルバイトを始め、友人ランドルフと共に、オルカの群れが減少している北西太平洋沿岸に向かった。そこでジェシーはウィリーと再会、ウィリーは新しい仲間と恋人を見つけていた。

一方、ワシントン州のある港町に住む漁師の息子の少年マックスは生まれて初めて父親ジョンの漁に同行することになり喜ぶが、ジョンとその仲間は違法な捕鯨業者で、オルカの大量殺戮に加担していた。マックスはその事実を知って落胆する。さらに、ジョンたちの次のターゲットはウィリーたちであった。

ジェシーと親しくなったマックスは、ジェシーやランドルフたちと協力してウィリーたちを救うため、ジョンたちの違法な捕鯨活動をやめさせるために奔放する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

外部リンク編集