メインメニューを開く

フレガートロシア語: Фрегат: Fregatフリゲートの意)は、ロシアサリュート設計局により開発された艦載3次元レーダー。順次に改良・発展型が配備され、ソビエト連邦海軍およびロシア海軍において、対空捜索用として広く採用されている。

目次

フレガート/フレガート-M編集

MR-710「フレガート」
種別 3次元レーダー
開発・運用史
送信機
周波数 S(E)バンド
送信尖頭電力 30kW
アンテナ
走査速度 15
探知性能
探知距離 145–150km (78–81nmi)
後に300kmまで延伸
探知高度 30 km (98,000 ft)

MR-710「フレガート」: Фрегат)は、もっとも初期に開発された機種であり、NATO名は「トップ・スティア」。主任設計官はレオニード・A・ロジオノフであった。

前任のMR-310「アンガラーA」(NATO名「ヘッド・ネット」)などと同様に、180度背中合わせに配置した2つのレーダー面をもつバック・トウ・バック方式を採用しており、これは以後のフレガート・ファミリーにおいても踏襲された。本機においては、アンテナとしては縦長と横長のパラボラアンテナが1面ずつ用いられている。使用周波数はS(E)バンド (2~2.5GHz)、最大探知距離は、当初は145–150km (78–81nmi)であったが、後の改修で300 km (160 nmi)まで延伸された。

またのちに、改良型のMR-710M「フレガート-M」: МР-710М «Фрегат-М»)を経て、2面のアンテナのうちの縦長のパラボラアンテナを四角形のプレーンアンテナに変更したMR-710M-1「フレガート-M1」が登場した。これは「プレート・スティア」のNATO名を付与された。

搭載艦

MR-710「フレガート」
MR-710M「フレガート-M」
MR-710M-1「フレガート-M1」


フレガート-MA編集

フレガート-MAE-5
種別 3次元レーダー
開発・運用史
送信機
周波数 S(E)バンド
アンテナ
走査速度 12
探知性能
探知距離 最大: 300 km/160 nmi
有効: 230 km/120 nmi (対戦闘機)
探知高度 30 km/98,000 ft
その他諸元
重量 9.6 t

MR-750/760「フレガートMA」: Фрегат-МА)は、アンテナを両面ともにプレーンアンテナとするとともにデジタル信号処理を導入したシリーズの最新型であり、「トップ・プレート」のNATO名を付与されている。

搭載艦

フレガート-M2編集

「フレガート-M2」: Фрегат-М2)は、シリーズの軽量型として開発された。現在では発展型の「フレガート-M2EM」(Фрегат-М2ЭМも配備されており、こちらは、有効探知距離230km(対戦闘機)、50km(対ミサイル)とされている。

搭載艦

フレガート-MAE編集

フレガートMAE: Фрегат-МАЭ)はフレガート-MAシリーズの輸出型であり、最大探知距離150kmとされている。

「フレガート-MAE」および「フレガート-MAE-1」はプレーンアンテナ1面のみを有しており、「ハーフ・プレート」のNATO名を付与されている。これらの背面には、アメリカのAN/SPS-6で見られたような風圧バランス用のベーンが設置されている。

一方、「フレガート-MAE-2」および「フレガート-MAE-5」は「フレガート-MA」と同様にプレーンアンテナ2面を有しており、「トップ・プレートB」のNATO名を付与されている。「フレガート-MAE-5」は中華人民共和国において山寨化され、こちらは382型レーダー(NATO名:シーイーグルS/C)と称される。

搭載艦

   
MR-750「フレガートMA」
「フレガート-MAE」


参考文献編集

  • Norman Friedman (2006). The Naval Institute guide to world naval weapon systems. Naval Institute Press. ISBN 9781557502629. http://books.google.co.jp/books?id=4S3h8j_NEmkC. 

関連項目編集