フレドリク・アクセル・フォン・フェルセン

フレドリク・アクセル・フォン・フェルセン

フレドリク・アクセル・フォン・フェルセン伯爵(スウェーデン語: Fredrik Axel von Fersen1719年4月5日 ストックホルム[1] - 1794年4月24日)は、スウェーデンの政治家、軍人。

生涯編集

ハンス・ラインホルト・フォン・フェルセン英語版中将の息子として[2]ストックホルムで生まれた[1]。1740年にスウェーデン近衛連隊に入り、1743年から1748年までフランス王国王立スウェーデン連隊英語版に従軍して准将に昇進した[2]七年戦争ではウーゼドム島ヴォリン島をめぐる1759年の戦役で活躍、プロイセン王国軍に大きな損害を与えた[2]。その後、1770年に元帥に叙された[1]

1755年から1756年までのリクスダーグ議長英語版に選出され、1772年のグスタフ3世のクーデターまでハッタナ党英語版を率いた[2]1756年クーデター英語版では国王アドルフ・フレドリクの権力を増大させる陰謀を潰したが、七年戦争の敗北により情勢は国王に有利になり、フェルセンはハッタナ党の権力維持に苦心した[2]。1766年にメッソナ党英語版が権力を奪回すると、フェルセンは国王側につき、1768年に国王がメッソナ党の要求に耐えかねて退位した(十二月危機英語版)ときも近衛連隊の出動を拒否して国王を援護した[2]。続く1769年のリクスダーグで再び議長に選出されたが、選挙のときに王太子グスタフに公約した憲法改正を実行せず、後の絶対王政復活に図らずも貢献することとなった[2]

王太子グスタフは1772年にグスタフ3世としてスウェーデン王に即位すると、メッソナ党とハッタナ党の和解を試みた[2]。フェルセンはその成功を悲観視したが、メッソナ党との交渉に同意した[2]。そして、1772年8月のクーデターでは関与せず憲法の廃止も阻止しなかった[2]。グスタフ3世はクーデターが成功した後、すぐさまにフェルセンを呼びつけたが、2人の関係はよくなく、1778年のリクスダーグで早くも小さな争いが生じた[2]。やがて、フェルセンは1786年のリクスダーグで公的にもグスタフ3世の財政政策に反対したが失敗に終わり、第一次ロシア・スウェーデン戦争の最中である1789年のリクスダーグで国王との対決を主張すると、大衆の支持をも失った[2]。フェルセンがなかなか決断できないでいると、1789年2月17日に同志20人とともに逮捕され、野党が崩壊した[2]

その後、フェルセンはすぐに釈放されたが、2度と政治に関わらなくなり、1794年に死去した[2]。1786年にスウェーデン・アカデミーの終身会員となった。

評価編集

ブリタニカ百科事典第11版によると、フェルセンは才能があり、常に貴族たるべき振る舞いをしたが、偉大な政治家になるには党派的性格が強すぎたという[2]。また、フェルセンの著作Historiska Skrifterはスウェーデンの歴史について主に自伝という形で書かれ、文学としては優れているものの歴史的文書としては信頼できないという[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d   Rines, George Edwin, ed. (1920). "Fersen, Fredrik Axel von" . Encyclopedia Americana.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p   Bain, Robert Nisbet (1911). "Fersen, Fredrik Axel, Count von" . In Chisholm, Hugh. Encyclopædia Britannica (英語). 10 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 290–291.