メインメニューを開く

ブイグ: Bouygues S.A.)は、フランスの大手建設会社。建設業を中心にメディア・通信事業にも進出している。ユーロネクスト・パリに上場しており、CAC 40構成銘柄の一つ。

ブイグ
Bouygues S.A.
Bouygues logo.svg
種類 公開会社
市場情報 EuronextEN
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ
設立 1952年(67年前) (1952
業種 建設
事業内容 公共施設建設工事、エネルギー、サービス、不動産、道路、テレコム、メディア
代表者 Martin Bouygues (CEO)
売上高 355億ユーロ(2018年)
営業利益 15億1100万ユーロ(2018年)
純利益 13億1100万ユーロ(2018年)
従業員数 11万5530人(2017年)
主要株主 SCDM (マーティン、オリビエブイグ) 21.7%
従業員株 (20.2%)
主要子会社 ブイグ建設
ブイグ不動産
ブイグテレコム
TF1
外部リンク 公式サイト(英語)
テンプレートを表示

沿革編集

1952年にフランソワ・ブイグにより創業。当初は主にパリ周辺におけるビル建設を手がけ、1986年には道路建設を手がけるColasグループ(Colas、Screg、Sacer)を事実上傘下に収める。1987年には民営化されたフランスのテレビ局・TF1の経営権を取得したほか、1994年には携帯電話事業者としてブイグテレコムを設立するなど、メディア・通信事業にも進出している。

1996年にはフランス初の多チャンネル衛星放送事業者としてTPS(Télévision Par Satellite)を設立したが、同社は2006年Canal+に売却されている。

2000年代に入りグループ各社への出資比率を高める動きを見せており、2000年には株式交換によりColasへの出資比率を96.7%にまで引き上げたほか、2007年9月にはブイグテレコムへの出資比率を89.5%としている。

2006年、鉄道車両メーカーのアルストム社の株式21%を買収、2011年には30.7%まで引き上げたが、2019年に一部の株式を売却し保有率は14.7%となった[1]

グループの主要事業 (2011年)編集

  • ブイグ建設(Bouygues Construction)(100%) : 公共施設工事建設、エネルギーとサービス
  • ブイグ不動産 (Bouygues Immobilier) (100%) : 不動産販売関連事業(住宅、オフィス)
  • コラス (96,5%) : 道路建設
  • ブイグテレコム (89,5%) : 情報通信事業(携帯電話通信サービス、固定電話、テレビ及びインターネットサービスの提供)
  • TF1(43,6%) : メディア(ユーロスポーツを含む)

主要株主 (2019年6月30日現在)編集

  • SCDM (マーティン、オリビエブイグ) : 21.7% (経営権: 29,1%)
  • 従業員株 : 20.2% (経営権: 26,7%)
  • フランス国内 : 24.1% (経営権: 18,8%)
  • 外国人への公開株 : 34.0% (経営権: 25,4%)

脚注編集

  1. ^ 重電アルストム、複合企業ブイグが株式売却”. NNA Europe (2019年9月16日). 2019年9月22日閲覧。

外部リンク編集