メインメニューを開く

ブタクサ(豚草、学名Ambrosia artemisiifolia)はキク科ブタクサ属の一年草[1]

ブタクサ
Ambrosia artemisiifolia 080908.JPG
2008年9月、ブタクサ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ブタクサ属 Ambrosia
: ブタクサ A. artemisiifolia
学名
Ambrosia artemisiifolia
L.
和名
ブタクサ(豚草)
英名
Ragweed
ブタクサの葉

目次

分布編集

北アメリカ原産[1][2]

南アメリカヨーロッパアジアオーストラリアの広い範囲に外来種として移入分布している[3]。日本では明治初期に渡来した帰化植物で、全国の道端や河原などに分布する。

特徴編集

雌雄同株風媒花。高さは30-120cm[1]。開花時期は7〜9月頃[1]。雄花は、約2〜3mmの黄色い小花が複数集まった房が細長く連なり、その下に雌花が数個咲く。葉は細く切れ込む。

同属のオオブタクサ A. trifida は、草丈がブタクサより高く300cmにも達する[1]。また、葉は掌状で3〜5裂の切れ込みがあり、葉の形がクワに似ていることからクワモドキとも呼ばれる[1]

ともに花粉症の原因として知られる。日本国内ではスギヒノキに次ぐ患者数が存在するとされ、秋の花粉症では代表的なアレルゲンである。アメリカでは全人口の5~15%がブタクサ花粉症との統計がある。

外来生物法によって要注意外来生物に指定されている。

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f 浅井元朗『身近な雑草の芽生えハンドブック』文一総合出版、2012年、21頁。
  2. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7
  3. ^ ブタクサ 国立環境研究所 侵入生物DB