ブドーチャレンジBudo Challenge)は、2005年10月19日に開催されたアメリカ合衆国組技格闘技の大会である。ヒクソン・グレイシーが主催し、ロサンゼルスのオリンピック・オーディトリアムで開催された。

ブドーチャレンジ
イベント詳細
シリーズ ブドーチャレンジ
開催年月日 2005年10月19日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
会場 オリンピック・オーディトリアム
試合数 全18試合

ヒクソンはシリーズ化を念頭に置いていたが、2008年現在、一度きりの開催にとどまっている。

大会概要編集

ヒクソンの格闘技に対する美学が色濃く反映された大会であり、彼は「力よりも技術に注目が集まる大会を開催したかった」と述べている[1]。そのためブラジリアン柔術を下敷きにしながらも、ポイントよりも極技による一本決着を重視するルールが採用された。6階級4人のトーナメント制で、優勝賞金4000ドルをかけて争われた。

柔術世界王者のホナウド・ジャカレイマルセロ・ガッシアらが参加したほか、日本からも勝村周一朗青木真也高瀬大樹、国原継悟に加え、柔道家の小室宏二小斎武志が参加した。

ルール編集

試合時間は3分3R制で、道衣の着用が義務付けられた。ブラジリアン柔術のルールと違ってパスガードなどのポジショニングによる得点は全て1ポイントであり、極技がほぼ入ったとみなされたときのみ3ポイント加算される[2]


試合結果編集

60kg未満級編集

第1試合 1回戦
  勝村周一朗 vs.   モリス・ゴファール ×
3R終了 ポイント判定
第2試合 1回戦
  ビビアーノ・フェルナンデス vs.   エドワード・サンチェス ×
2R 三角絞め
第13試合 決勝戦
  ビビアーノ・フェルナンデス vs.   勝村周一朗 ×
1R 三角絞め

68kg未満級編集

第3試合 1回戦
  小室宏二 vs.   ミシェル・ゴファール ×
1R コムロック
第4試合 1回戦
  レオナルド・ヴィエイラ vs.   バレット・ヨシダ ×
2R 三角絞め
第14試合 決勝戦
  レオナルド・ヴィエイラ vs.   小室宏二 ×
3R終了 ポイント判定

77kg未満級編集

第5試合 1回戦
  キャメロン・アール vs.   マルセロ・ガッシア ×
3R終了 ポイント判定
第6試合 1回戦
  青木真也 vs.   アリ・アブデルアジズ ×
1R 腕ひしぎ十字固め
第15試合 決勝戦
  青木真也 vs.   キャメロン・アール ×
1R アキレス腱固め

87kg未満級編集

第7試合 1回戦
  ホナウド・ジャカレイ vs.   マイク・ウィーバー ×
1R 腕ひしぎ十字固め
第8試合 1回戦
  高瀬大樹 vs.   カール・アモーゾ ×
1R 三角絞め
高瀬は背中を負傷し、アモーゾが決勝に進出。
第16試合 決勝戦
  ホナウド・ジャカレイ vs.   カール・アモーゾ ×
2R 三角絞め
※1回戦でアモーゾに勝利した高瀬が2位に認定された。

98kg未満級編集

第9試合 1回戦
  シャンジ・ヒベイロ vs.   ジヴァニウド・サンターナ ×
1R 送り襟絞め
第10試合 1回戦
  ロバート・ドリスデール vs.   国原継悟 ×
1R チョークスリーパー
第17試合 決勝戦
  シャンジ・ヒベイロ vs.   ロバート・ドリスデール ×
2R 腕ひしぎ十字固め

98kg以上級編集

第11試合 1回戦
  ハファエル・ロバト・ジュニア vs.   ホーレス・グレイシー ×
2R チョークスリーパー
第12試合 1回戦
  小斎武志 vs.   ミオドラグ・ペトコビッチ ×
3R終了 ポイント判定
第18試合 決勝戦
  ハファエル・ロバト・ジュニア vs.   小斎武志 ×
2R 反則(噛み付き)
※試合後、小斎は反則が故意であることを認めた[3]

脚注編集

  1. ^ 「ヒクソン・グレイシー、格闘技原点回帰に動き出す」、『ゴング格闘技』No.165、2006年1月号
  2. ^ 「ブドーチャレンジ プレビュー」、『ゴング格闘技』No.163、2005年11月号
  3. ^ 「ブドーチャレンジ 試合レポート」、『ゴング格闘技』No.165、2006年1月号

関連項目編集

外部リンク編集