高瀬 大樹(たかせ だいじゅ、1978年3月20日 - )は、日本男性総合格闘家キックボクサー

高瀬 大樹
生年月日 (1978-03-20) 1978年3月20日(44歳)
通称寝技アーティスト
影のグラップリング・キング
国籍日本の旗 日本
身長180 cm (5 ft 11 in)
体重84 kg (185 lb)
階級ミドル級ウェルター級
スタイル総合格闘技
チーム和術慧舟會東京本部
→タイガーズ・デン
→フリーランス
→アイアムアイ
→ING
総合格闘技記録
試合数29
勝利12
ノックアウト1
タップアウト5
判定6
敗戦15
ノックアウト7
タップアウト1
判定6
失格1
引き分け2
キックボクシング記録
試合数11
勝利6
敗戦5
プロボクシング記録
試合数1
敗戦1
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年2月6日 -
ジャンル バラエティ
登録者数 4940人
総再生回数 3,051,778回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年9月4日時点。
テンプレートを表示

寝技アーティスト」、「影のグラップリング・キング」と呼ばれ、2003年にはアンデウソン・シウバから三角絞めで一本勝ちした。

来歴編集

1998年6月24日、プロ総合格闘技デビュー戦となるPRIDE.3で、身長204cm、体重310kgの巨漢エマニュエル・ヤーブローを殴り続け、ギブアップによる勝利を挙げた。

1999年7月16日、UFC初出場となったUFC 21ジェレミー・ホーンと対戦し、TKO負け。この試合は川口健次の欠場に伴う出場となった。

1999年8月1日、PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOURで行われたネオブラッド・トーナメントの1回戦で美濃輪育久と対戦し、三角絞めで一本負け。

1999年11月14日、UFC 23で行われたUFC-Jミドル級トーナメントの1回戦で山本喧一と対戦し、判定負け。

2000年6月26日、PANCRASE 2000 TRANS TOURで行われたミドル級ランキングトーナメントの1回戦でネイサン・マーコートと対戦し、KO負け。12月16日、UFC 29でファビアノ・イハと対戦し、TKO負け。

2002年PRIDEへの登竜門的大会「THE BEST」でジョイユ・デ・オリベイラに判定勝ち、ニーノ・シェンブリに判定負けで1勝1敗の戦績を残した。

その後、所属していた和術慧舟會東京本部を離れ、J-ROCKと契約した。吉田道場などで練習を行っていたが、所属はフリーとなっていた。

2003年6月8日、PRIDE.26アンデウソン・シウバと対戦。下馬評を覆し三角絞めで一本勝ち。

しかしその後PRIDE 武士道ホドリゴ・グレイシーに、PRIDE SPECIAL 男祭り 2003桜井"マッハ"速人に連敗を喫した。

2004年2月15日、PRIDE 武士道 -其の弐-クリス・ブレナンに判定勝ち。5月23日、PRIDE 武士道 -其の参-ではカーロス・ニュートンと好勝負を展開し、判定勝ち。

2004年10月3日、CLUB DEEP 長南祭りの最終試合で長南亮とエキシビションマッチを行った。

2005年4月3日、PRIDE 武士道 -其の六-ダニエル・アカーシオにTKO負けを喫した。

2006年3月18日、オーストラリアで行われたX-plosion 13でヘクター・ロンバードを相手に約1年ぶりの復帰戦を行うが故障を押して出場したこともあり、1RでKO負けを喫した。

2006年5月26日、ロサンゼルスで開催されたグラップリングの大会であるブドーチャレンジに出場。87kg級1回戦でカール・アモーゾに三角絞めで一本勝ちするも、背中を負傷したためホナウド・ジャカレイとの決勝を辞退した。

2006年11月22日、J-NETWORKで自身のキャリア初となるキックボクシングの試合を行い、野井翔健に判定勝ち。

2007年3月21日、後楽園ホールにて行われたプロレス興行「UWAI STATION 4」にてプロレスデビュー。メインイベントで、当時三冠ヘビー級王者の鈴木みのる一騎討ちを行い、飛びつき腕ひしぎ十字固めなどを仕掛けていったものの、11分1秒の試合時間で、鈴木のゴッチ式パイルドライバーに敗れた。

2008年3月4日、クラブファイトのグラップリングルールの賞金マッチで原井徹と対戦し、1R1分37秒変形三角絞めで一本勝ち。

2008年6月14日、約2年振りの総合格闘技復帰戦となる、イリノイ州で開催されたAdrenaline MMAの旗揚げ戦でテリー・マーティンと対戦。1ラウンド、2ラウンドでそれぞれローブローを放ち、反則負けとなった。

2009年4月頃より自身のブログ内で「格闘界の光と影」と題して自身の経験に裏話を交えた話を連載し、話題を集めた。

2009年6月27日、CAGE FORCE初出場となったCAGE FORCEで森川修次と対戦し、判定勝ち[1]

2009年8月23日、タイタン・ファイティング・チャンピオンシップ 5で柔道衣で覆面を被ったMr.Xと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち[2]

2009年12月11日、Fujiwara Festival 〜藤原祭り2009〜で寒川直喜と相手の土俵であるキックボクシングルールで対戦し、0-3の判定負けを喫した。ヘビー級契約での試合となり、前日計量では寒川が80.7kg、高瀬が92.8kgと12kgの体重差があった[3][4][5][6]

2010年8月25日、BOXFIGHT旗揚げ戦で篤志と対戦し、2Rに右ストレートでダウンを奪われた上で0-3の判定負けを喫した[7]

2010年9月16日、シンガポールで行われたマーシャル・コンバットでショーニー・カーターと初代ミドル級王座決定戦で対戦予定であったが[8]、その後対戦相手がブライアン・ガサウェイに変更。9月初めに自身の内転筋挫傷により欠場が決まった[9]

2010年10月15日、自身のブログ内容をメインとした初の著書「嫌われ者」を出版した[10]

2014年12月23日、REAL 1でカルロス・トヨタと無差別級で対戦し、39秒KO負け。

2015年3月21日、ROAD FC 022でユン・ドンシクと88kg契約で対戦予定であったが、高瀬が1度目の計量で契約体重をパス出来ず、2度目の計量でもパス出来なかった為、体重超過で失格となり試合中止となった。

2015年7月25日、ROAD FC 024 in Japanで体重超過で試合中止となったユン・ドンシクと対戦し、判定負け。

2016年4月3日、シュートボクシング初出場となったSHOOT BOXING 2016 act.2南国超人と対戦し、判定負け。

2018年12月27日、ビッグバン・統一への道 其の34でキックボクシングルールで愛鷹亮と対戦し、判定負け。

人物編集

  • 桜庭和志のスパッツのデザインを真似たスパッツを履いて試合を行っていた時期があった。
  • 和術慧舟會に入門する前までは、格闘技経験はおろか、格闘技に対して全く興味が無かった。
  • 自身のブログで書いていた“光と影シリーズ”が話題となり、ピーク時は一日で22万ものアクセス数があった。

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
29 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 1 5 6 0 2 0
15 7 1 6 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ユン・ドンシク 5分3R終了 判定1-2 ROAD FC 024 in Japan 2015年7月25日
× カルロス・トヨタ 1R 0:39 KO(右フック) REAL 1 2014年12月23日
ウィ・スンベ 1R 4:34 TKO(左ストレート→パウンド) ROAD FC 016 2014年7月26日
桜木裕司 2R 1:33 フロントチョーク DEEP HALEO IMPACT 〜三崎和雄引退セレモニー〜 2012年12月22日
ブランドン・ケスラー 5分3R終了 判定3-0 Dare Fight Sports: Dare 1/12 2012年1月7日
キム・フン 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年4月29日
Mr.X 1R 2:17 腕ひしぎ十字固め タイタン・ファイティング・チャンピオンシップ5 2009年8月23日
森川修次 5分3R終了 判定2-1 CAGE FORCE 2009年6月27日
× 地主正孝 2R 4:57 KO(右ストレート) HEAT8 2008年12月14日
× テリー・マーティン 2R 3:35 反則(ローブロー) Adrenaline MMA 1 2008年6月14日
× ヘクター・ロンバード 1R 4:40 KO(左フック) X-plosion 13 2006年3月18日
× ダニエル・アカーシオ 2R 3:34 TKO(サッカーボールキック) PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
カーロス・ニュートン 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
クリス・ブレナン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
× 桜井"マッハ"速人 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE SPECIAL 男祭り 2003 2003年12月31日
× ホドリゴ・グレイシー 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の壱- 2003年10月5日
アンデウソン・シウバ 1R 8:33 三角絞め PRIDE.26 REBORN 2003年6月8日
× ニーノ・"エルビス"・シェンブリ 5分2R終了 判定1-2 THE BEST Vol.2 2002年7月20日
ジョイユ・デ・オリベイラ 5分2R終了 判定3-0 THE BEST 2002年2月22日
ラバーン・クラーク 2R 0:16 三角絞め PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年3月31日
× 國奥麒樹真 5分3R終了 判定0-2 PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年7月29日
× ファビアノ・イハ 1R 2:24 TKO(パウンド) UFC 29: Defense of the Belts 2000年12月16日
× ネイサン・マーコート 延長R 1:30 KO(膝蹴り) PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ミドル級ランキングトーナメント 1回戦】
2000年6月26日
渡辺大介 10分1R終了 判定3-0 PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年1月23日
× 山本喧一 5分3R終了 判定0-3 UFC 23: Ultimate Japan 2 1999年11月14日
× 美濃輪育久 7:59 三角絞め PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1999年8月1日
× ジェレミー・ホーン 1R 4:41 TKO(マウントパンチ) UFC 21: Return of the Champions 1999年7月16日
石井大輔 15分1R終了 時間切れ PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年4月18日
エマニュエル・ヤーブロー 2R 3:22 ギブアップ(パウンド) PRIDE.3 1998年6月24日

キックボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 愛鷹亮 3R終了 判定0-3 ビッグバン・統一への道 其の34 2018年12月27日
夏樹 3R終了 延長R判定3-0 RISE 114 2016年11月25日
酒井リョウ 3R終了 判定3-0 ビッグバン・ザ・フィーチャー15 2015年11月15日
× 林武重 3R終了 判定0-3 ビッグバン・統一への道 其の二二 2015年9月6日
細井“ジャック・ダニエル”光世 3R終了 判定3-0 ビッグバン・ザ・フィーチャー12 2014年10月12日
西田操一 3R終了 判定3-0 ビッグバン・統一への道 其の十五 2013年12月1日
林武重 3R終了 判定3-0 ビッグバン・統一への道 其の五 2011年5月15日
× 寒川直喜 3R終了 判定0-3 Fujiwara Festival 〜藤原祭り2009〜 2009年12月11日
× たけむら光一 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. XLI 2007年11月25日
野井翔健 3R終了 判定3-0 J-NETWORK「MACH GO! GO! '06 〜フライ級最強決定トーナメント準決勝〜
& 喧嘩火山再爆発 〜THE REMATCH 寒川×我龍〜」
2006年11月22日

ボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 篤志 3R終了 判定0-3 BOXFIGHT旗揚げ戦 〜Firstimpact〜 2010年8月25日

シュートボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 岩下雅大(南国超人) 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2016 act.2 2016年4月3日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
武士正 0分33秒 裸締め WARDOG 08 × GRACHAN 21 2016年1月31日
原井徹 1R 1:37 変形三角絞め クラブファイト 2008年3月4日
カール・アモーゾ 1R 三角絞め ブドーチャレンジ
【87kg未満級 1回戦】
2006年5月26日
早川光由 5分2R 判定40:40 CONTENDERS4 prospective 2000年11月25日
× ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 10分終了 ポイント ADCC 1999
【99kg未満級 1回戦】
1999年2月24日
× 鶴巻伸洋 2R 1:16 アキレス腱固め CONTENDERS 1 1999年1月31日

著書編集

  • 嫌われ者(2010年10月15日、イースト・プレス)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集