メインメニューを開く
クレジットカード > ブラックカード
ANA ダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ブラックカードとは、クレジットカードの一つである。

目次

概要編集

ブラックカードは、クレジットカードにおける最上位の券種の通称である。クレジットカードの券面がブラック()を基調とするデザインである場合が多い為、このように呼ばれるが、提携カードなどは必ずしも券面の色が黒であるとは限らない。

なお、ブラックカードは、限度額無しで無制限で使えるとの誤解があるが、実際は上限が存在する。

歴史編集

ブラックカードと通称された最初のクレジットカードは、アメリカン・エキスプレスアメリカ合衆国では1999年から、日本では2002年から発行している「センチュリオン・カード」である。このカードの券面がブラック(黒)を基調とするデザインである為、ブラックカードと通称されることとなった。

その後、他社もこれを模倣し、「プラチナカード」より上位の券種のクレジットカードに黒を基調とするデザインを採用するようになった。

入手方法編集

一般から申し込む事が出来ず、ブラックカードの発行元からの招待(インビテーション)による場合が多い。発行元の判断でバインダーなどが送付され、その中に入っている案内状から発行元に連絡すると使用可能になるといったものが多い。

国際ブランド別のブラックカード編集

American Express編集

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)が発行している「センチュリオン・カード」が同社に於ける最上位の券種であり、ブラックカードと通称される。

Diners Club編集

三井住友トラストクラブが発行している「ダイナースクラブ プレミアムカード」が日本のダイナースクラブに於ける最上位の券種である(「ダイナースクラブ」の項目も参照)。

Mastercard編集

Mastercardでは、プラチナカードである「プラチナMastercardカード」より上位の券種として「ワールドMastercardカード」及び「ワールドエリートMastercardカード」がある。

World Mastercard編集

ワールドMastercardカードは、日本ではプロパーカードを三井住友トラストクラブが、提携カードをアプラス[1][2]がそれぞれ発行している。

三井住友トラストクラブの発行する「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」は、年会費、入会基準、サービス面でゴールドカードと同程度の内容であり、カードの実態としてはブラックカードに分類されるものではないと考えられる。ただし、Mastercardブランドにおける国際的なランクは高く、Mastercardの上級カードサービスであるワールド・プリビレッジド・アクセス[3]及びTaste of Premium®[4]を利用可能である。

なお、SBIカード2018年1月31日を以て終了した[5]

World Elite Mastercard編集

ワールドエリートMastercardカードは、Mastercardに於ける最上位の券種である。日本では、アプラスが提携カードを発行している[6]

三井住友トラストクラブが、2019年7月23から「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を発行。[7]

Visa編集

Visaでは、「Visa Infiniteカード」が最上位の券種である。日本では、スルガ銀行が発行している。

JCB編集

日本でジェーシービー(JCB)が発行している「JCBザ・クラス」がJCBオリジナルシリーズに於ける最上位の券種である。入会は原則としてJCBが案内する[8]

脚註編集

関連項目編集