メインメニューを開く

ブラッドレイン』(Blood Rayne )は、2006年に公開されたアメリカドイツ合作の吸血鬼アクションホラー映画R-15指定。2007年には続編『ブラッドレインII』も製作された。

ブラッドレイン
Blood Rayne
監督 ウーヴェ・ボル
脚本 グィネヴィア・ターナー
製作 ウーヴェ・ボル
ダン・クラーク
ショーン・ウィリアムソン
製作総指揮 ウォルフガング・ヘロルド
音楽 ヘニング・ローナー
撮影 マティアス・ニューマン
編集 デヴィッド・M・リチャードソン
配給 アメリカ合衆国の旗 Romar Entertainment
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年1月6日
日本の旗 2006年4月29日
ドイツの旗 2006年9月14日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $3,650,275[1]
次作 ブラッドレインII
テンプレートを表示

概要編集

マジェスコ・エンターテインメントから発売されている同名のゲームソフトが原作だが、ストーリーは映画独自のものに変更されている。出演者は豪華だが、後述のラジー賞にノミネートされたこともあり、国内外を問わずゲームファン、映画ファン双方からの評価は好ましくない。撮影はルーマニアトランシルヴァニアで行なわれた。登場する古城も本物である。また、特殊メイク特殊効果監修第二班監督オラフ・イッテンバッハが担当しているため、アメリカ映画としてはスプラッター描写が比較的激しいものとなっている。

あらすじ編集

キャスト編集

役名 - 俳優(日本語吹替)で表記。

2006年度ラジー賞ノミネート編集

部門 候補 結果
ゴールデンラズベリー賞[2] 最低作品賞 ノミネート
最低主演女優賞 クリスタナ・ローケン ノミネート
最低監督賞 ウーヴェ・ボル ノミネート
最低助演男優賞 ベン・キングズレー ノミネート
最低助演女優賞 ミシェル・ロドリゲス ノミネート
最低脚本賞 グィネヴィア・ターナー ノミネート

各国のレイティング編集

詳細は映画のレイティングシステムを参照。なお、シンガポールフィリピンでは一部のシーンがカットされた。

  • アメリカ:R(17歳未満保護者同伴必須)
  • 日本:R-15(ちなみに原作ゲームは日本では17歳以上対象
  • ドイツ:18
  • オーストラリア:R(18禁)
  • ニュージーランド:R16
  • シンガポール:R21(カット)
  • カナダ:18A(18歳未満保護者同伴必須)
  • カナダ:13+(ケベック州のみ)
  • オランダ:16
  • フィンランド:K-18
  • マレーシア:18SG
  • ハンガリー:18
  • フィリピン:R-13(カット)

出典編集

  1. ^ a b Blood Rayne (2006)”. Box Office Mojo. 2011年2月2日閲覧。
  2. ^ 2006 RAZZIE® Nominees”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年2月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集