古澤融

日本の男性声優 (1962-)
古澤徹から転送)

古澤 融(ふるさわ とおる、1962年8月3日[2][6][9] - )は、日本声優舞台俳優演出家。個人事務所のオフィス ロウノーツ所属[8]劇団「Rlung風-ルン-」座長[10]。本名及び旧芸名古澤 徹(読み同じ)[1]

ふるさわ とおる
古澤 融
プロフィール
本名 古澤 徹(ふるさわ とおる)[1]
愛称 てつ[2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本群馬県[3][4]前橋市[5][6]岩神町[7]
生年月日 (1962-08-03) 1962年8月3日(61歳)
血液型 O型[3]
身長 171 cm[3][6]
職業 声優舞台俳優
事務所 オフィス ロウノーツ[8]
配偶者 あり[7]
公式サイト 古澤融公式HP オフィス ロウノーツ
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴 編集

群馬県[4]前橋市[5][6]岩神町東京電力の社宅で誕生し、中学二年まで住んでいた[2][7](一部では熊本県出身となっている[11])。

前橋市立岩神小学校前橋市立第三中学校群馬県立渋川高等学校明治大学政治経済学部政治学科卒業[6][7]

高校進学時、演劇部の部長に勧誘され、役者を始める[2]

青年座研究所11期生[3][6]円・演劇研究所[7]を経て、劇団仲間[3]に入団[7]

当時は生活に困り、稽古と上演ばかりでアルバイトをする時間すら取れず、劇団青年座の俳優ばかりがアルバイトをしていた清水建設の下請けの会社に潜り込む[7]。しかしその現場で足場から落下、右足の前十字靭帯を断裂、半月板損傷を負ってしまう[7]。その時、親友だった檀臣幸が、「最近、声優という割のいいバイトを始めたんだ」と言ってたのを思い出し、檀に泣きついたところ、たてかべ和也を紹介してくれたという[7][12]。たてかべはザ・スズナリで古澤の芝居を観て「芝居は出来るようだから、まあいいだろう」と判断、そのまま古澤はたてかべの弟子になり声優としての活動を始める[7][12]1994年、『勇者警察ジェイデッカー』のデッカード役で声優デビュー[6]

その後はぷろだくしょんバオバブ[11]ケンユウオフィス[3]ベルプロダクション[4]オフィス海風に所属していた。

2021年4月1日より、芸名の漢字表記を「古澤徹」から「古澤融」に変更[13]。この芸名は妻の意見も聞いて、ハイラリンクスを克服した記念に、「自分で自分に名前」を与えようと思い、改名したという[7]。融和の融、源融をイメージして名付けたという[7]

人物 編集

たびたび共演する声優の田中敦子とは同じ群馬県の出身で、幼稚園の同級生である[5]

サイボーグクロちゃん』のドクター剛には特に思い入れがある。一時期にかかって、仕事を全てキャンセルしていた時期があり、精神的に参っている状況下において、音響監督松浦典良が「それでもいいから」と古澤を説得したうえで、『サイボーグクロちゃん』のドクター剛役は決まった。しかし、同作品は製作会社の都合で未完結となる[14]。このドクター剛のおかげで現在の自分があるとして、ブログでの一人称を「ワシ」にしており、ドクター剛を再び演じられるよう祈願しているという。また、飼いの名前も「クロ」である(ただし毛の色はグレー)[15]

自身のブログでは「もっとアニメがやりたい」と語ったことがある[16]。他方、日本の芸能界の困る点について「事務所の力が強すぎること」を挙げており、フリーになった後は仕事は激減、過去の持ち役の収録がほとんどとなっているとのこと。

自身の劇団「Rlung風-ルン-」の代表も務める[10]

趣味は舞台作り[4]読書[11]オートバイ[17]。特技は脚本演出[4]居合道合気柔術水泳[11]資格普通自動車免許中型二輪免許[4]方言上州弁[3]

2009年にダイビングの事故で外リンパ瘻を患い、完治に3年を要した。その間の安静中、劇団の大道具の裏方をしていた際の両肩の脱臼の影響で口舌ジストニアに似た症状が発生。仕事を休んでいたが、教鞭をとっていた東京声優アカデミー[18]で、顎と頸の歪みを正し楽に発声できる「古澤メソッド」を確立。自らが実践することによって症状から完全に脱却した。現在は、古澤メソッドの普及に力を入れている。

三歳年上の銀行員の兄がいたが、鬱病で自ら命を絶ったことを明かしている[7]。妻はピラティスヨガインストラクターで、円・演劇研究所時代に知り合った[7]。娘[7]と孫がいる[19]

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
2018年
2023年

劇場アニメ 編集

OVA 編集

1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2004年
2005年
2007年

ゲーム 編集

1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • Kinect ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー(Mr. インクレディブル / ロバート〈ボブ〉・パー
2013年
2018年
2020年
2021年

ドラマCD 編集

BLCD 編集

  • あふれそうなプール シリーズ①(良太)
  • 傲慢な龍の帝王(小野謙一)
  • 傲慢な龍のしもべ(小野謙一)
  • しあわせにできるシリーズ(久遠寺昴)
  • 私立滝沢高校生徒会(大沢智)
  • 罪な悪戯(三条貢)
  • フリージング アイ(木下)

ラジオドラマ 編集

  • 青春アドベンチャー
    • BANANA FISH」(アッシュ
    • 「ウォッチャーズ」(ナスコ)
    • 「あの夜が知っている」(ハインリッヒ、ゲシュタポ)
    • アナスタシア・シンドローム」(バーンズ、ヴィンセント・カルー、護送隊長)
    • 「アリアドニの遁走曲」(エセックス)
    • 「カルパチア幻想曲」(アラン)
    • リプレイ」(ジェフ・ウィンストン)
    • 「秘密の友人」(スポート/ブロトキン)
    • 「優しすぎて、怖い」(マイケル/ナレーション)
    • ランドオーヴァー3 黒いユニコーン」(ベン・ホリディ[2代目])
    • 「ランドオーヴァー4 大魔王の逆襲」(ベン・ホリディ[2代目])
    • 「星の感触」(波田野良治)
    • 「青の時間」(岩崎満)
    • 「狩人たち」(江波戸港湾)
    • 「嘘じゃないんだ」(ジャック)
    • 「ダミー・ヘッド・アドベンチャー・スペシャル」 カムイ外伝」(カムイ)
  • 歌謡ドラマ
    • 「若い二人」
    • 「学生時代」
    • 「新宿そだち」
    • 「旅立の歌」(花井マサル)

吹き替え 編集

担当俳優 編集

サイモン・ヤム
テレンス・ハワード

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

テレビドラマ 編集

ナレーション 編集

CM 編集

その他コンテンツ 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、256頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d 青凪美衣 (2013年9月3日). “出演者紹介・古澤徹 ”. 夜の箱舟団・風オフィシャルBLOG. FC2 . 2023年9月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 古澤 徹(フルサワ トオル)”. ケンユウオフィス. 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 古澤 徹(ふるさわ とおる)”. ベルプロダクション. 2012年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  5. ^ a b c 田中敦子 (2009年7月23日). “真夏の太陽・・・”. 田中敦子のCafe*Central Park. 2022年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g Profile - HOME Office Low Notes by Toru Furusawa”. 古澤融公式HP. 2023年2月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Michio.I (2022年9月5日). “『あの人も渋高だった―』No.8 古澤 融さん(声優・舞台俳優)”. 渋川高校東京同窓会. 2022年10月28日閲覧。
  8. ^ a b 古澤 融(フルサワ トオル)”. 古澤 融(フルサワ トオル)|twitter. 2023年4月19日閲覧。
  9. ^ 古澤徹のプロフィール”. ザテレビジョン. 2021年5月18日閲覧。
  10. ^ a b 古澤徹 | Rlung風‐ルン‐公式HP”. 古澤徹 | Rlung風‐ルン‐公式HP. 2024年2月5日閲覧。
  11. ^ a b c d 古澤 徹 (ふるさわ とおる)”. ぷろだくしょんバオバブ. 2005年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  12. ^ a b 「1996 人気声優直筆 DATE FILE」『アニメディア』1996年7月号付録、学習研究社、1996年6月、49頁。 
  13. ^ フルサワトオル(古澤 融) [@sgwpr898] (2021年4月1日). "本日、2021年4月1日から、自分に自分へ名前を与えます。古澤融。新しい芸名です。". X(旧Twitter)より2021年5月19日閲覧
  14. ^ 古澤徹 (2006年9月24日). “松浦さんのこと”. 声優 古澤徹公式ぶろぐだらだら日記. 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  15. ^ 古澤徹 (2006年8月3日). “いやいや”. 声優 古澤徹公式ぶろぐだらだら日記. 2012年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  16. ^ 古澤徹 (2007年2月20日). “無事退院”. 声優 古澤徹公式ぶろぐだらだら日記. 2012年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  17. ^ ぷろだくしょんバオバブ 古澤徹”. ぷろだくしょんバオバブ. 2021年4月14日閲覧。
  18. ^ 古澤です。”. フルサワトオル(古澤 徹) (@sgwpr898). Twitter (2020年11月13日). 2021年2月1日閲覧。
  19. ^ 古澤融の2021年9月18日のツイート2023年9月2日閲覧。
  20. ^ 勇者警察ジェイデッカー”. 勇者Web. サンライズ. 2021年8月17日閲覧。
  21. ^ 熱沙の覇王 ガンダーラ”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年5月28日閲覧。
  22. ^ サイボーグクロちゃん”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2016年8月5日閲覧。
  23. ^ 小さな巨人ミクロマン”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年1月5日閲覧。
  24. ^ STAFF&CAST”. スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-公式サイト. 2016年6月19日閲覧。
  25. ^ らき☆すた”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2016年11月20日閲覧。
  26. ^ X(エックス)”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  27. ^ PERFECT BLUE”. マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。
  28. ^ 劇場版カードキャプターさくら”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。
  29. ^ 大ちゃん、だいすき。”. メディア芸術データベース. 2021年2月25日閲覧。
  30. ^ 眠れる森の美女”. Disney Blu-ray&Digital. 2024年1月20日閲覧。

外部リンク 編集