山路和弘

日本の俳優、男性声優 (1954-)

山路 和弘(やまじ かずひろ、1954年昭和29年〉6月4日[4][5][6] - )は、日本俳優声優ナレーター三重県[6]伊賀市[3]出身、劇団青年座演技部所属[4]。妻は女優、声優の朴璐美[7]

やまじ かずひろ
山路 和弘
山路 和弘
山路和弘(2017年
本名 山路 和弘[1][2]
生年月日 (1954-06-04) 1954年6月4日(69歳)
出身地 日本の旗 日本三重県伊賀市[3]
身長 172 cm[4]
血液型 A型[4][5]
職業 俳優声優ナレーター
ジャンル テレビドラマ映画舞台
アニメ吹き替え
ナレーション
活動期間 1979年 -
配偶者 朴璐美(2020年 - )
所属劇団 劇団青年座[4]
主な作品
テレビドラマ
最高の片想い
恋人よ
眠れる森
氷の世界
仮面ライダー剣
シングルマザーズ
軍師官兵衛
ごめん、愛してる
いだてん〜東京オリムピック噺〜
麒麟がくる
ちむどんどん
エルピス-希望、あるいは災い-
映画
TATTOO<刺青>あり
人間椅子
狗神
突入せよ! あさま山荘事件
渋谷物語
MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
日本のいちばん長い日
帝一の國
ある用務員
燃えよ剣
舞台
宝塚BOYS
マリー・アントワネット
アンナ・カレーニナ
三文オペラ
ハムレット
メリーポピンズ
罪と罰
吹き替え
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
グラディエーター
ゴッドファーザー』シリーズ
アイ・アム・サム
スパイダーマン
トランスポーター』シリーズ
ファインディング・ニモ』シリーズ
X-MEN』シリーズ
ウォッチメン
ウルヴァリン』シリーズ
イングロリアス・バスターズ
エクスペンダブルズ』シリーズ
HAWAII FIVE-0
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
ダークナイト ライジング
ワイルド・スピード』シリーズ
007』シリーズ
グレイテスト・ショーマン
パラサイト 半地下の家族
アイリッシュマン
シャン・チー/テン・リングスの伝説
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
キングスマン:ファースト・エージェント
アニメ
破壊魔定光
PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ
バケモノの子
ワンパンマン』シリーズ
ONE PIECE FILM GOLD
91Days
刻刻
進撃の巨人
波よ聞いてくれ
SPY×FAMILY
SAND LAND
ゲーム
龍が如く』シリーズ
ウィッチャー3 ワイルドハント
バイオハザード7
DEATH STRANDING
グランブルーファンタジー
 
受賞
第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞
第59回(2017年度)毎日芸術賞
第15回(2021年度)声優アワード 外国映画・ドラマ賞
テンプレートを表示

経歴 編集

三重県立上野高等学校卒業[8]後、1977年青年座研究所に第一期生として入所[6]1979年劇団青年座に入団[6][9]舞台ミュージカルのほか、映画テレビドラマなど俳優として幅広く活躍する一方、声優としても非常に数多くの洋画作品で吹き替えを担当[10]

2011年4月、『宝塚BOYS』の池田和也、『アンナ・カレーニナ』のニコライ・カレーニンの役の演技に対して、第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2018年1月、『江戸怪奇譚(たん)〜ムカサリ〜』、『喝采』の演技に対して、第59回(2017年度)毎日芸術賞(演劇・演芸・邦舞部門)を受賞[11]

2020年1月22日、女優・声優の朴璐美結婚したことを自身のブログで公表した[12]

2021年3月、第15回声優アワードにて外国映画・ドラマ賞を受賞[13]

活動内容 編集

俳優として 編集

芝居の道に入ったきっかけは元々芝居が好きだったわけではなく、文化祭で演劇を見ても、「恥ずかしくないのかな?」と思っていたという[5]。若い頃は、自分のやりたいことが分からず、色々考え、「自分の体を使ってやれるものがいいな」と思いながらも、欝々と何年か過ごしていた[5]。ある日、偶然どこかの劇団の研究生の芝居を見ており、その男性の芝居などが特別好きだった、というわけではなかった[5]。ただしその時、「芝居ってものがあるんだ!」、「自分じゃない人生をやる、自分の実体じゃないところにふっと行ける、要するに“疑似山路”がどこかにいる世界がある。」と気が付いた[5]。きっかけとしては自己逃避なのか、現実を否定したかったのか、山路自身でも分からなったが、とにかくやってみたところ、こんなことになってしまった[5]。芝居になじみやすく、当時は、人と喋ることが苦手で、自分の考えを言うのが恥ずかしかった[5]。芝居の道に入り、初めて芝居仲間に心情を吐露できるようになった[5]。芝居をしていたところ、役について「この人物って何を考えているんだろう?」などと考え、そうしていくうちに、自分の考えを言えるようになったのかもしれないという[5]。2021年時点ではお喋りだが、未だにあがり症なところはあるという[5]

キャリアは、1977年から青年座研究所の1期生として劇団青年座に入所し[4]、舞台役者として活動を始める。

映画監督である高橋伴明との出会いから、1980年代はピンク映画を中心に活動[14]1981年公開である『襲られた女』(高橋伴明監督作品)、1982年公開の『視姦白日夢』(水谷俊之監督作品)などで主役を演じ、また女優の大竹一重は、インタビューで「濡れ場の上手い最もセクシーな俳優」として、山路の名を挙げている[15]

1982年には、『猟色OL犯す』で映画デビューし[6]、高橋伴明初の一般映画監督作品『TATTOO<刺青>あり』にて一般映画デビューを果たす。

1980年代後半以降は、舞台活動に専念するようになる。

また原田眞人水谷俊之高橋伴明監督作品の常連俳優の一人であり、原田との出会いは本多劇場で山路が舞台に出演していた時、たまたま観客席にいた原田が山路の演技を気に入り、舞台終了後、原田の方からいきなり声をかけられたことがキッカケだという。1999年公開の『金融腐蝕列島〔呪縛〕』に出演予定だったが、その時山路は舞台を2本重ねてしまっており、スケジュールが合わず辞退せざるを得なかった。 そして2001年公開の『狗神』以降、原田監督の映画に出演するようになる[16]

2011年には、ミュージカルである『宝塚BOYS』、『アンナ・カレーニナ』に出演し、非常に高い歌唱力を披露し、第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2014年には、大河ドラマ軍師官兵衛』にて毛利家に仕える外交僧である安国寺恵瓊役を熱演[17]

2018年には、藤沢文翁原作 一人芝居『江戸怪奇譚(たん)〜ムカサリ〜』、『喝采』での舞台演技を評され、第59回(2017年度)毎日芸術賞を受賞した。

2019年には、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にて、田畑政治が入社する朝日新聞社の当時の社長である村山龍平役を演じ、2020年には『麒麟がくる』にて細川晴元の家臣であり、松永久秀主君である三好長慶役を演じており、2年連続で大河ドラマに出演している[18]

声優として 編集

舞台から役者として活動し始めた山路だが、声優として活動するのは、34歳〜35歳くらいからだったと述べている[19]。30年以上前に、あるテレビ局プロデューサーが山路の芝居を見に来ており、山路の演技力を気に入り声をかけられたのがキッカケだという[19]

初めて演じた吹き替えの役柄は悪役で、「演じていて凄く楽しかった」と述べている[19]。元々舞台でも悪役が多かったが、「舞台でも悪役を演じるのは好きだが、その感覚は声優も一緒だと感じたところが面白かった」と語っている[19]

それ以降、ジェイソン・ステイサムをはじめ、ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウウィレム・デフォークリストフ・ヴァルツショーン・ペンソン・ガンホキム・ユンソクヴァンサン・カッセルケヴィン・ベーコンゲイリー・オールドマンベニチオ・デル・トロアル・パチーノ[注 1]など多数の俳優の吹き替えを持ち役とする声優としても知られる[19]

吹き替えの重要性について、山路は「最近はアクション映画が多くなっている。芝居が重なり合って、(画面の)手前で芝居をしているのに、奥でも何かが行われている。字幕では絶対に追い切れない今だからこそ、余計に我々がしているこの吹き替えの仕事が必要なのかなと思います」と述べている[21]

2000年代以降は『ONE PIECE』や『進撃の巨人』、『PSYCHO-PASS サイコパス』、『SPY×FAMILY』 などの人気アニメに多数出演し、津田健次郎関智一木村良平井上和彦などから尊敬する人物として挙げられている[22][23]

役柄 編集

悪役について 編集

悪役を演じる際の楽しさについて山路は、「悪役として出てきただけで観客の嫌がる匂いというか、空気を感じたときが自分たち役者としてはそれがたまらない蜜の味になり、悪役には観客がどこまで嫌がってくれるだろうかと追求する楽しさがある」と語った[19]

担当俳優について 編集

ジェイソン・ステイサム 編集

山路は、アクション俳優であるジェイソン・ステイサムの吹き替えをステイサムのデビュー作である『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以降20年近くほぼ全ての作品を担当し、専属(フィックス)となっており[19][24]「ジェイソン・ステイサムの吹き替えでおなじみの山路和弘」と世間から認知されるほどに定着している[25]。「まるで本人が日本語でしゃべっているかのよう」と形容されることもある[26]

山路自身もステイサムを「大好きな俳優さんなので、毎回のように吹替を任せていただけることをうれしく思っています」と敬愛しており、ステイサムの魅力について、「こどもみたいな笑顔が好き」と述べている[27]。また山路とステイサムの地声は非常に似ており[28]、山路はステイサムの吹き替えをするにいたっては、「特に何も考えなくてもステイサムの吹き替えはやりやすい」とも語り、他にもステイサムについて山路は、「あの役者はいいねぇ。無駄な芝居をしない。獣のような動きと身体」とブログにてコメントしているほど非常に気に入っている[29]。「ステイサムが一番自分に近い声ですし、作ることなく、感情の動きにあわせて自然に演じることができる俳優なんです」とインタビューで語っている[30]。そのため、「ジェイソン・ステイサムは、僕と声質が似ているのか、唸り声を上げるシーンでは、その声を聞いた時に『あれ?今のは僕の声?それともステイサムの声?』と自分でもわからなくなる時がある」とも述べ、やりやすいことに加えて、役者としても好感を持っていることから「長らく演じさせてもらえて本当に良かったです」と特別な愛着を感じているという[31]。なお、自身のファッションスタイルについてもステイサムの影響を受けていることを明かしている[32]

山路は一番好きなステイサムの映画として、『アドレナリン』を挙げており[32]、同作について「大好きです」と述べると同時に「あれは最高。あんなにやってくれたら言うことないですよ。ただ、現場はすっげぇきつかった」とも明かした[32]。また、「ハードなアクション映画ですけど、コミカルなシーンも多い。彼自身、そういうのが好きなんじゃないかな。主人公が最初から最後までずっと走り回って暴れているみたいな。他の作品でもハードボイルドな役を演じていますが、原点はこういうアクション映画だろうと思っています」とこの作品を通してステイサムを分析している。続編『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』では、エンドロールでのステイサム本人によるNGシーンも吹き替え版では山路が声を当てた[25]

また、自身とステイサムの声が似ていると言われる件については「自分の声が嫌いだから“似ている”と言われると“う~む”となりますけど、彼の声は嫌いじゃない。不思議ですね」と複雑な心境を明かしている[25]

末長く吹き替えをしていきたい役者であると同時に、一時期ステイサムが「007をやりたい」とコメントしていた件についても触れており、「彼は007のイメージに合っていると思うし、ぼくも吹き替えをしてみたいです」とステイサム本人と共にジェームズ・ボンドの吹き替えにも意欲的な姿勢を見せた[25]

2023年以降はアニメにおいてステイサムを意識したパロディキャラクターにも山路が起用されることがあったほか[33]、他のキャラクターを演じる現場でも「ステイサムでやってください」と言われるようになり[27]、『オペレーション・フォーチュン』日本公開時には同作に絡めたコメントを出しつつも、ステイサムをテーマにしたインターネット・ミームにも触れるなど更にステイサムとの関わりが深くなっている[34]

また、今後『エクスペンダブルズ』シリーズなどで後述するヒュー・ジャックマンラッセル・クロウウィレム・デフォーといった自身が長年声を演じてきた俳優陣がステイサムと共演する可能性について問われた際には、自身の持ち役を代わりに演じる声優には多少の嫉妬を抱きつつも、ステイサムの吹き替えを優先する意向であることを明かしている[26]

ヒュー・ジャックマン 編集

ヒュー・ジャックマンの吹き替えを『ソードフィッシュ』(ソフト版)から長きに渡り担当している。

山路はジャックマンの演技について「ソン・ガンホもそうですが、役者さんとしてどんどん深みが増している。いい役者になったなということをしみじみと感じますね」と語っており、年齢を重ねたヒューの顔についても「(ヒュー・ジャックマンって)シワがあるじゃないですか。あれがクリント・イーストウッドの若い時に似ていて。この人の顔をどんどん良くしているようで、僕は好きなんですよね」とも語っている[35]。また、山路本人もお気に入りとして挙げている作品『LOGAN/ローガン』では、ジャックマン本人が本編にアフレコをしている動画をSNSに発信した際には衝撃を受けたといい、「なんと言うか、“すみません!”という感じでしたね(笑)。“本人があんなに一生懸命やっているのだから、声を当てているオレも今以上に頑張らなきゃいけないな”と思いましたよ。彼のプロ根性には頭が下がりました」と胸の内を明かしている[36]

ジャックマンと山路の声質は異なるものの、山路自身はほとんど違和感は感じていないといい、演じること自体はあまり難しくないとしつつも「ただ、呼吸の仕方とか、センテンスを区切るタイミングについては、自由自在なところがある」と述べ、あまり気にしても仕方がないと割り切っているとのこと[36]

また、『The Son/息子』の日本公開時には長年ヒューの吹き替えを務めた声優として山路によるコメントも寄せられた[37][注 2]

上述の通り、ステイサムやジャックマンといった山路の担当俳優が一つの映画作品で共演するケースが今後あった場合について問われた際には、山路の意向としてはステイサム最優先としつつも、その際山路に代わってジャックマンを演じることになる俳優には「悔しいまなざしを向けると思う」と語るなど、ジャックマンに対しても愛着を見せている[26]

ラッセル・クロウ 編集

ラフ・マジック』以降、20年以上に渡りラッセル・クロウの吹き替えを担当している[38]

グラディエーター』で主人公・マクシムスを演じたクロウの吹き替えをした際には、「役に入り込んでしまった」と話しており、特に印象深いシーンに家族を殺されてしまったときの衝撃に狂乱するシーンを挙げた。クロウのような重量感のある俳優は、普段の自分とはかなりかけ離れていると感じていることから、普段以上に役に入り込んだ部分もあったという。またクロウの演じ分けについても感心しており、俳優が全力で演技をしている姿を見ると、自身もやり甲斐を感じると述べた[39]

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』公開時はクロウについて「そのまま地でやる人」であると述べ、「そこがクロウの名優たる所以だと思う」とコメントしている。また本作ではクロウを演じるのは久しぶりだったことから、「ちょっとアクション系の、どっちかっていうとおっちゃん系の役のときに(オファーが)来る」と自身にオファーが来る役には傾向があるとも述べた[40]

声優が素顔や裏話を披露するスターチャンネルの番組「VOICE IN FOCUS」にクロウの吹き替えを持ち役とする役者として出演し、クロウへの思い入れや『シンデレラマン』で吹き替えを務めた際の出来事について語ったこともある[41]

また、『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』の日本公開が決定した際には、クロウの吹替声優として山路が試写会に登壇することとなった[42]

ウィレム・デフォー 編集

ルル・オン・ザ・ブリッジ』で初めて担当し、『スパイダーマン シリーズ』のノーマン・オズボーン(グリーン・ゴブリン)役を担当して以降、多くの作品を吹き替えているウィレム・デフォー[43][44][45]を山路は気に入っており、『プラトーン』(テレビ東京版、初回放送2003年9月25日『木曜洋画劇場』)ではディレクターの向山宏志による当初のキャスティング案は、バーンズ(トム・ベレンジャー)=森田順平、エリアス(デフォー)=山路であったが、キャラクターの善悪の強調を狙ったプロデューサーが逆の配役にしたという。バーンズ役となった山路はデフォーに入れ込んでいたためにこの出来事を心残りに思っており、それを知った久保も「非常に申し訳ない」と後悔の念を述べている[46][47][48]。また、この件以降は「その役者自身を研究しても仕方がない」と割り切るようになったと語り、「その画面を観て、そのときそのときで変わっている役者の演技を見る」というスタンスに変わっていったという[20]

山路によるデフォーの吹き替えは同業者間でも評価が高く、『ライトハウス』で吹き替えた際に共演した櫻井孝宏は「山路さんの表現が素晴らしすぎて何度も溜め息を漏らしてしまいました」と語っており、次第にデフォーが日本語を話しているようにしか思えなくなり、櫻井自身も幻覚を見ているような気分を味わったという[49][50]

過去のスパイダーマン映画に登場したヴィランたちが当時の俳優によって再登場することが話題となった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも続投。「もっとも、この人は歳よりは老けて見えるタイプだった。先日とある映画で老獪な爺さんを演じるのを見て、拍手を送っていたのだが、正直その老い方にも驚いた。ところが今作…見事に若返っている!この得体の知れない怪優とは、まだまだ長い付き合いになりそうだ」とデフォーの演技に感嘆している様子を見せた[51][52]

クリストフ・ヴァルツ 編集

クリストフ・ヴァルツは『イングロリアス・バスターズ』のハンス・ランダ役で初めて担当し、『|007 シリーズ』の第24作目である『007 スペクター』のエルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役を担当してからは大半の作品で声を当てている[53]

山路のヴァルツは業界内でも評価が高く[54]、山路自身も吹き替えをさせて貰えるだけで嬉しい役者にヴァルツの名前を挙げている[55]

ヴァルツの特徴として「猫のように目の奥がコロコロ変わる」と述べている[56]。 また、「ヴァルツ自身の演技も大変上手い」とリスペクトしていることから、ヴァルツを演じることは難しいものの、吹き替えを通じて彼らに教わっている感覚があると語っている[57]

その他の担当俳優・備考 編集

ショーン・ペンは『Uターン』で初担当。ペンの吹き替えでも同業者間で高い評価を得ており、『LIFE!』がザ・シネマで新録吹替が制作された際には、殆どの声優陣が一新された中で、旧録版における山路のペンはシンクロ度が高かったことから唯一の続投となった[58]

シュリ』のイ・ジャンギルの吹き替えを担当して以降、20年近く吹き替えているソン・ガンホに関して、『大統領の理髪師』で吹き替えた際に「加速度的に素晴らしい役者になっていた。“腐った魚の眼”ができる役者になっていた」と絶賛している[59]

持ち役の一人であるヴァンサン・カッセルについては、『ジェイソン・ボーン』で吹き替えた際に「彼の声を吹き替えるようになって、もう随分経つが…変わらない。匂い立つような、あの声あの顔。私より一回り歳下の色っぽいこの男は、今一番いい時なのかも知れない。派手ではないが、生々しいアクションもいい」と評している[60]

野沢那智の没後、アル・パチーノの吹き替えを引き継いでいる。『ゴッドファーザー』シリーズは1・2作目のみの担当であり、『ゴッドファーザー PART III』は担当していない。このことについては「もう何年かしたら、野沢さんに手を合わせながら、(3作目を)ぜひやらせていただきたいですね。でも、やっぱり野沢さんはまるで私とは違う、永遠に超えられない大先輩。そんな感じであの方を見ています」と語っている[61]

自身が吹き替えを担当する中でも苦手な俳優にケヴィン・ベーコンを挙げており、ベーコンの吹き替えの仕事が入ると、一瞬だけ憂鬱な気分に陥ると語っている[36]

2012年の映画『レ・ミゼラブル』は自身が長年吹き替えを務めているヒュー・ジャックマンラッセル・クロウが出演していることから、「どっちの役が来るんだろう」と当時楽しみにしていたというが、全編が歌唱シーンであったために吹替版が作られず、オファーも一切無く残念に思ったことを明かしている[26]

人物 編集

趣味は乗馬料理。特技としてダンストランペット演奏があり、俳優仲間たちと趣味でトランペット同好会を開いている[62]

自身が初めて立ち上げた芝居は怪談であり、“毎夏怪談上演”を理想とするほどの怪談好きでもある[63][64]

山路は、自身の声質を「機械っぽい声」と称しており、『破壊魔定光』のポンコツ役を演じた時にインタビューでコメントしている[65]。また、感情の起伏の少ない役柄はトーンが同じことからストレスが溜まることもあったと語るが、一方でポンコツがおかしくなるシーンは演じていて楽しかったと語っている[65]

また、自身のブログで、『ドキドキ!プリキュア』で演じているキャラクターのベールが「似てるかもしれない」と言及している[66]

エピソード 編集

若い頃、劇団青年座の先輩だった西田敏行に「俺、どうしたらいいんですかね?」と相談していた[5]。その時に「お前は人との間に壁を作るからな」ときっかけは2021年時点でも、どこかに壁はあるといい、長く生きて、少しずつその壁の高さを下げたり透明にしたりできるようになったんだと語る[5]。妻の朴璐美にも、「あんたは芝居のことしか考えていないわね」と言われるという[5]。そんなつもりはないが、ただし、楽器をしたり、色々な趣味をしたりしても、結局芝居へ戻ってきてしまい、こんなに長く続いたことはないという[5]

自身が尊敬する人物として、三國連太郎津川雅彦家弓家正らの名を挙げている。家弓とのエピソードについて、1995年に公開された映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の収録現場で、家弓は「アテレコというのは錯覚というもの」と山路に言うと、目の前で台本も読まずに一気にアテレコを成し遂げたという。それ以降、山路は錯覚という言葉を意識し、音響監督からも「山路さんのアフレコは、画面に映っている人物がそのまま喋っているように聞こえる。まさに理想の吹き替え」と評されている[16]。吹き替えのアフレコにおいて、山路は、お爺ちゃん、お婆ちゃんが観て「この外人さん、日本語うまいわねぇ」と言ってくれる感覚まで持っていてくれたら最高だ。と語っている[67]

映画『ONE PIECE FILM GOLD』では悪役であるギルド・テゾーロを演じているが、映画公開前までテレビアニメで展開されていたドレスローザ編でもセニョール・ピンク役で出演しており、短いスパンで2人のキャラクターを担当した。テゾーロには歌唱シーンがあり、山路がミュージカル経験者であるため、起用に至った[68]。原作者の尾田栄一郎からは、「男のセクシーさが全開にでている役者さん」と評されている[68]

『進撃の巨人』でのケニー・アッカーマン役は総監督である荒木哲郎をはじめとする、全てのスタッフの満場一致で起用に至った[69]。また原作者の諌山創2009年に公開された映画『ウォッチメン』に登場する山路が吹き替えを担当したキャラクター、ロールシャッハの声と役柄に強く影響を受けており、同じく進撃の巨人に登場するリヴァイはロールシャッハがモデルとなって誕生したキャラクターである[70]

出演(俳優) 編集

テレビドラマ 編集

配信ドラマ 編集

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

舞台 編集

  • 死のう団(1976年)
  • 肥前松浦兄妹心中(1978年) - 働かずの吾一 役
  • 青春の砂のなんと早く(1980年) - 男 役
  • 三文オペラ(1981年、1982年) - 大道歌手 役
  • 怨(1982年) - 岡部将義 役
  • 逆修の塔(1983年) - 働かずの吾一 役
  • 二つのダイヤモンド(1983年) - 選手1 役
  • 蜜の味(1983年) - ボーイ 役
  • 宮城野(1983年) - 矢太郎 役
  • 次郎長が行く(1984年) - 木暮半次郎 役
  • 将軍たちの夜(1984年) - おまわりさん 役
  • マンブール・ジャングル(1984年)
  • ブンナよ、木からおりてこい(1985年、1988年、1992年、1994年) - 蛇 役
  • 弥次喜多(1985年) - 門付 役
  • パラダイス・オブ・ギンザ(1986年、1987年、1988年) - ケン・ナカガワ 役
  • MANBUL JUNGLE II(1986年)
  • 有頂天時代(1988年)
  • 盟三五大切(1989年、1990年、1993年) - 芸者姐妃の小万 役
  • 東海道四谷怪談(1990年) - お岩、お袖 役
  • 橋ものがたり(1991年)
  • ル・バル(1991年) - 男6役
  • カルメン(1991年、1993年) - ドン・ホセ 役
  • 夏の日と、星の光と(1991年) - 響野 役
  • 越境者たち(1992年) - 片桐 役
  • 弘誓の海の舟(1993年) - 浄安上人 役
  • 月食(1994年) - アルジューナ 役
  • 美女と野獣(1994年)
  • 樅の木は残った(1994年) - 成瀬達馬 役
  • 椿姫〜カミーユ〜(1995年) - ベラ 役
  • 狸御殿(1996年) - お葛 役
  • 太陽が死んだ日(1996年) - マルコス・デ・ニザ修道士 役
  • ムーラン・ルージュ(1998年) - 下向哲平 役
  • ロマンス・ロマンス(1998年) - アルフレッド/サム 役
  • 花迷宮(1998年) - 西輝次郎 役
  • 阿呆劇ファルスタッフ(1999年) - フォード 役
  • 新版 四谷怪談(1999年) - 民谷伊右衛門 役
  • ビギン・ザ・ビギン(2000年、2002年) - キース芦田 役
  • 火の鳥 鳳凰編(2000年) - 藤原仲麻呂 役
  • 美しきものの伝説(2002年) - 先生 役
  • 涙の谷、銀河の丘(2003年) - 岡田まさはる 役
  • 世阿彌(2003年) - 勧世十郎元雅 役
  • 曲がり角の向こうには 〜RAPTURE〜(2004年) - トム 役
  • 虹の橋(2004年) - 九兵衛/磯吉 役
  • 深川安楽亭(2004年、2007年) - 男 役
  • ファンタスティックス(2005年) - エル・ガヨ 役
  • グリマー・アンド・シャイン(2005年) - マーティン・グリマー 役
  • 写楽考(2005年) - 十返舎十九(重田幾五郎) 役
  • 屋上庭園/動員挿話(2005年、2008年) - 並木/宇治 役
  • アンナ・カレーニナ(2006年、2010年、2011年、2013年) - ニコライ・カレーニン 役
  • しあわせのつぼ(2006年) - 立花良和役
  • マリー・アントワネット M・A(2006年、2007年) - ボーマルシェ
  • 宝塚BOYS(2007年、2008年、2010年、2013年) - 池田和也 役
  • ハレルヤ!(2007年) - 荒巻雄太郎 役
  • 王様とおばさん(2008年) - ポポカイナ・二瓶 役
  • MOTHER 〜君わらひたまふことなかれ〜(2008年) - 与謝野鉄幹 役
  • スーザンを探して(2009年) - ゲリー 役
  • 淫乱斎英泉(2009年) - 渓斎英泉 役
  • サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ 〜日曜日にジョージと公園で〜(2009年) - ジュール 役
  • パパは犯罪者!?(2010年) - 中井てるゆき 役
  • 富士見町アパートメント「ポン助先生」(2010年) - 山崎ポン助 役
  • 戯伝写楽(2010年) - 蔦谷重三郎 役
  • M・クンツェ&S・リーヴァイの世界(2010年) - ボーマルシェ 役
  • 戦争にはいきたくない 〜あるネジ工場の景色〜(2011年) - 相島 役
  • 奥様お尻をどうぞ(2011年) - 首相、魔女、魔物 役
  • ピアフ(2011年) - ブルーノ 役
  • ハムレット(2012年) - ポローニアス 役
  • 灰色のカナリア(2012年) - 三浦伸介 役
  • Woo!!man(2012年) - 浩介、麗子 役
  • ブラック メリーポピンズ(2014年) ※声の出演
  • 三文オペラ(2014年) - ジョナサン・ジェルマイヤー・ピーチャム 役
  • 鑪-たたら(2015年) - 今西康平、ハナ 役
  • 東憲司版「戯作者銘々伝」(2015年) - 山東京山朋誠堂喜三二烏亭焉馬、小林善八郎、母親 役
  • 二人だけのお葬式 〜かの子と一平〜(2015年) - 岡本一平 役
  • 天一坊十六番(2016年) - 大岡越前守
  • 音楽朗読劇VOICARION〜ヴォイサリオン〜女王がいた客室(2016年) - マイカ 役
  • かもめ(2016年) - ドールン 役[78]
  • ドラマティカルシリーズ リーディングvol.1「パンク・シャンソン」〜エディット・ピアフの生涯〜(2017年)
  • 山路和弘ひとり語り「江戸怪奇譚〜ムカサリ〜」(2017年)
  • 喝采(2017年) - バーニー・ドッド 役
  • SUPER SOUND THEATRE ヴィンランド・サガ〜英雄復活の章〜(2017年) - アシェラッド 役
  • シアトリカルライブ Ⅳ 〜THE BLACK PRINCE ブラック・プリンス(2017年) - ベルトラン・デュ・ゲクラン将軍 役
  • メリー・ポピンズ(2018年、2022年) - ジョージ・バンクス 役[79] ※駒田一とWキャスト
  • 死と乙女 (2018年) - ロベルト 役
  • 二十日鼠と人間 (2018年) - キャンディ役
  • 朗読劇 神楽坂怪奇譚・棲(2018年) - 泉 鏡花 役、女役
  • 罪と罰 (2019年) - スヴィドリガイロフ役
  • 朗読劇 東海道四谷怪談外伝・嘘(2019年) - 宅悦 役
  • さけび(2019年) -フェリース 役
  • 西瓜糖第7回公演「ご馳走」(2019年) - 峰岸慶次 役
  • リーディングシアター「キオスク」(2019年)- ジークムント・フロイト教授 役
  • サンセット大通り(2020年)- マックス・フォン・マイヤーリング 役
  • ジャージー・ボーイズ(2020年、2022年)- ジップ・デカルロ 役
  • 人類史(2020年) - 老人 役
  • キオスク(2021年)
  • ゴヤ -GOYA-(2021年) - テバ伯爵 役
  • 時をちぎれ(2023年) - 嶺岡義政 役
  • NOISES OFF(2023年公演予定)[80]
  • インヘリタンス-継承-(2024年公演予定)[81]

出演(声優) 編集

太字はメインキャラクター。

吹き替え 編集

担当俳優 編集

アル・パチーノ
アレック・ボールドウィン
アンガス・マクファーデン
アントニオ・バンデラス
ヴァル・キルマー
ヴァンサン・カッセル
ヴィゴ・モーテンセン
ウィレム・デフォー
ウディ・ハレルソン
カート・ラッセル
キム・ユンソク
クリストフ・ヴァルツ
ゲイリー・オールドマン
ケヴィン・ベーコン
サム・ロックウェル
ジェイソン・ステイサム
ジェイミー・フォックス
ジャッキー・アール・ヘイリー
ショーン・ペン
ジョン・トラボルタ
スティーヴン・ドーフ
ソン・ガンホ
デンゼル・ワシントン
トニー・レオン
ドルフ・ラングレン
ドン・チードル
ニコラス・ケイジ
パトリック・スウェイジ
ヒュー・ジャックマン
ビリー・ゼイン
フィリップ・シーモア・ホフマン
ベニチオ・デル・トロ
マイケル・ダディコフ
マイケル・パレ
マイケル・マドセン
ラッセル・クロウ
リス・エヴァンス

映画(吹き替え) 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

テレビアニメ 編集

1996年
1998年
2001年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

劇場アニメ 編集

1995年
1997年
2002年
2004年
2015年
2016年
2017年
2018年
2020年
2021年
2023年

OVA 編集

1995年
1997年
1998年
2000年
2001年
2005年
2017年
2019年

Webアニメ 編集

ゲーム 編集

1999年
2001年
2003年
2004年
  • XIII 大統領を殺した男(XIII)
  • ペット探偵 Y's(鞍浜吉平)
2005年
2006年
2007年
  • ローグギャラクシー ディレクターズカット(ゼグラム・ガート
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年

特撮 編集

人形劇 編集

ラジオドラマ 編集

ナレーター 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 当初は旧作の新録の担当が主であったが、従来より吹き替えを担当していた野沢那智の没後、後を引き継ぐ形で媒体を問わず多く担当するようになった[20]
  2. ^ 出典には山路が同作のピーターの吹き替えを務めたと記載されているが、本作は映像ソフトやVODに日本語吹替版は収録されておらず、誤表記によるものか、お蔵入りになった日本語吹替が存在するのかは不明である。

シリーズ一覧

  1. ^ テレビスペシャル(2007年11月12日)、第2作『R』第2期(2015年)
  2. ^ 第1期(2012年 - 2013年)、第2期『2』(2014年)
  3. ^ 第1期(2012年)、特別編『Extra Edition』(2013年12月31日)
  4. ^ 第3期『GX』(2015年)、第4期『AXZ』(2017年)、第5期『XV』(2019年)
  5. ^ 第1期(2015年)、第2期(2019年)
  6. ^ 第1期(2016年)、第2期『星の巨人』(2016年)
  7. ^ Season 3 Part 1(2018年)、Season 3 Part 2(2019年)、The Final Season Part 1(2020年)
  8. ^ シーズン1(2021年)、シーズン2(2022年 - 2023年)
  9. ^ Season 1:第1クール(2022年)、Season 1:第2クール(2022年)、Season 2(2023年)
  10. ^ season1(2023年)、season2(2024年)
  11. ^ 第1クール(2023年)、第2クール(2023年)
  12. ^ 『グランブルーファンタジー』(2015年 - 2024年)、『ヴァーサス -ライジング-』(2023年)、『リリンク』(2024年)[222]

出典 編集

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2015年版)』VIPタイムズ社、2015年1月28日、393頁。ISBN 978-4-904674-06-2 
  2. ^ 掛尾良夫 編「男性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、311頁。ISBN 4-87376-160-3 
  3. ^ a b 今夜も…”. 山路和弘オフィシャルブログ「108」Powered by Ameba (2013年11月2日). 2020年1月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 山路 和弘”. 劇団青年座. 2024年2月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『TVガイド VOICE STARS Dandyism Vol.2』東京ニュース通信社、2021年3月8日発行、100-103頁、ISBN 978-4-86701-219-2
  6. ^ a b c d e 魔進読本 2021, p. 42, 「KIRAMAGER VOICE ACTOR CAST Q&A」
  7. ^ 皆様へ”. 山路和弘オフィシャルブログ「108」Powered by Ameba (2020年1月22日). 2020年1月24日閲覧。
  8. ^ 同級会”. 山路和弘オフィシャルブログ「108」Powered by Ameba (2011年3月6日). 2023年3月23日閲覧。
  9. ^ 山路和弘”. 劇団青年座. 2016年7月22日閲覧。
  10. ^ 山路和弘:吹き替えの“名手”は「声にコンプレックス」”. まんたんウェブ (2016年4月17日). 2016年7月22日閲覧。
  11. ^ 第59回毎日芸術賞 受賞者決まる”. 毎日新聞社 (2018年1月26日). 2018年9月16日閲覧。
  12. ^ 皆様へ”. 山路和弘オフィシャルブログ「108」Powered by Ameba (2020年1月22日). 2020年1月24日閲覧。
  13. ^ 第十五回声優アワード受賞者”. 声優アワード. 2021年3月6日閲覧。
  14. ^ STAFFインタビュー”. 最終回放送記念CASTインタビュー. 2016年7月22日閲覧。
  15. ^ 映画秘宝 2016年7月号
  16. ^ a b 映画秘宝 2016年9月号
  17. ^ NHK大河ドラマ 『軍師官兵衛』 完全ガイドブック
  18. ^ 山路和弘:「麒麟がくる」で三好長慶役に“冷や汗”「実は大変な人物というのを知らず…」”. MANTANWEB (2020年2月15日). 2023年12月29日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g #5 声優:山路和弘(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 吹替王国. 2020年1月23日閲覧。
  20. ^ a b ナレーションは前途多難!? 山路和弘『ムービープラス「プレミア・ナビ」』インタビュー”. 2021年1月16日閲覧。
  21. ^ ザ・シネマ オリジナル番組『ふきカエ ゴールデン・エイジ』
  22. ^ 声優・関智一、憧れの“先輩”に言及「息をするようなお芝居」”. 2023年5月15日閲覧。
  23. ^ 木村良平さんに50の質問「声優の輪」【男性編・第9回】”. 2020年2月19日閲覧。
  24. ^ 菅生隆之(インタビュアー:とり・みき)「吹替の帝王 菅生隆之 インタビュー 前編(2020年9月アーカイブ分)」『吹替の帝王, 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント』https://web.archive.org/web/20200909005926/https://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview/interview52/2023年7月28日閲覧 
  25. ^ a b c d 【声のお仕事】山路和弘さん#1「ジェイソン・ステイサムみたいな男って、どうしてモテるんだろうね」”. フムフムニュース. 2023年9月3日閲覧。
  26. ^ a b c d 「エクスペンダブルズ ニューブラッド」でもジェイソン・ステイサムの吹き替えを好演 山路和弘インタビュー”. ひとシネマ. 2024年2月5日閲覧。
  27. ^ a b 山路和弘、ジェイソン・ステイサムの魅力を語り尽くす「こどもみたいな笑顔が好き」”. ORICON NEWS. 2024年2月4日閲覧。
  28. ^ ささきいさおさん、山路和弘さん、安原義人さん、玄田哲章さん、江原正士さん、磯部勉さん、『エクスペンダブルズ』出演声優が集結!爆笑してタメになる吹替えオリジナル番組収録!” (2017年7月11日). 2023年10月18日閲覧。
  29. ^ ジェイソン・ステイサム”. 山路和弘ブログ 108. 2010年12月14日閲覧。
  30. ^ 名優・山路和弘が語るジェイソン・ステイサムの魅力”. ぴあ映画生活. 2023年9月3日閲覧。
  31. ^ ジェイソン・ステイサム、アル・パチーノの印象は?声優・山路和弘が明かす、日本語吹替えと海外俳優を演じること”. スカパー!. 2023年9月3日閲覧。
  32. ^ a b c ステイサムの声といえばこの人! 山路和弘さんにインタビュー”. コタク・ジャパン (2014年8月6日). 2023年9月3日閲覧。
  33. ^ a b “「愚かな天使は悪魔と踊る」ステイサム似な城村先生役は山路和弘、キャスト出演特番も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年11月25日). https://natalie.mu/comic/news/550509 2023年11月25日閲覧。 
  34. ^ ジェイソン・ステイサム主演『オペレーション・フォーチュン』Prime Videoで12月15日より見放題独占配信 吹替版は山路和弘ら実力派声優集結”. ウィークエンドシネマ. 2023年11月30日閲覧。
  35. ^ 『レミニセンス』山路和弘が長年吹替を務めてきた俳優・ヒューを語る”. エキサイト. 2023年3月4日閲覧。
  36. ^ a b c 【声のお仕事】山路和弘さん#2「ヒュー・ジャックマン本人のアフレコ映像を見たとき、心の中で謝ったよ」”. フムフムニュース. 2023年3月4日閲覧。
  37. ^ 映画『The Son/息子』ヒュー・ジャックマンらの本編ダンスシーンが解禁—心の病と日々向き合う精神科医らも鑑賞し推薦”. サピエンストゥデイ (2023年3月17日). 2023年11月30日閲覧。
  38. ^ "森川智之&山路和弘『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』日本語吹替え版インタビュー 約20年同じ俳優を演じてきた二人が語る魅力". エンタメ特化型情報メディア スパイス. 1 July 2015. 2017年7月30日閲覧
  39. ^ 【声のお仕事】山路和弘さん#3「ラッセル・クロウのアクションは、ナタでバッサバッサと殴り倒す感じかな」”. フムフムニュース. 2023年9月3日閲覧。
  40. ^ "『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』森川智之さん&山路和弘さん対談――ファンサービスからなるトム・クルーズの遊び心と、ラッセル・クロウの名優たる地の演技とは". アニメイトタイムズ. 27 July 2017. 2023年9月3日閲覧
  41. ^ VOICE IN FOCUS<山路和弘>”. スターチャンネル. 2024年2月4日閲覧。
  42. ^ 【試写会ご招待】2月28日開催/『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』試写会に25組50名様をご招待”. スクリーンオンライン. 2024年2月17日閲覧。
  43. ^ ラジオ深夜便「時代を創った声」2022年10月2日の放送”. 株式会社コミュー. ダークボのふきカエ偏愛録 (2022年10月2日). 2023年2月25日閲覧。
  44. ^ 映画『MEG ザ・モンスター』のキャスト・吹き替え声優まとめ【出演者・俳優】”. virtualgorillaplus.com. VG+編集部 (2020年8月7日). 2023年2月25日閲覧。
  45. ^ 朴ろ美、山路和弘との結婚を発表!誕生日の節目に「これからも表現者としてお互い精進して参ります」”. エンタステージ. ニュース (2020年1月22日). 2023年2月25日閲覧。
  46. ^ 水曜日は映画の日!”. ふきカエル大作戦 日本語吹替え専門. ダークボのふきカエ偏愛録 (2017年10月1日). 2023年2月25日閲覧。
  47. ^ 水曜日は映画の日!”. 吹替キングダム. ダークボのふきカエ偏愛録 (2017年10月1日). 2023年7月19日閲覧。
  48. ^ darkboのツイート(896727840128778240)
  49. ^ 「狂っちまって、なんにも分からない」『ライトハウス』一夜限りの“日本語吹替”上映決定 声優陣怪演の予告編解禁”. ホラー通信. レイナス (2021年12月13日). 2023年7月19日閲覧。
  50. ^ 「狂っちまって、なんにも分からない」『ライトハウス』一夜限りの“日本語吹替”上映決定 声優陣怪演の予告編解禁”. ガジェット通信. レイナス (2021年12月13日). 2023年7月19日閲覧。
  51. ^ 『スパイダーマン NWH』中村獅童・銀河万丈・山路和弘らヴィラン役吹替声優も再集結”. ORICON NEWS (2021年12月13日). 2023年7月19日閲覧。
  52. ^ 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』中村獅童、銀河万丈、山路和弘、ヴィラン日本語吹替版で再集結!”. MOVIE WALKER PRESS (2021年12月13日). 2023年7月19日閲覧。
  53. ^ “「007」吹替キャスト8人発表!藤真秀、園崎未恵、中井和哉、斎賀みつきら参加”. 映画ナタリー. (2021年8月30日). https://natalie.mu/eiga/news/442924 2021年8月30日閲覧。 
  54. ^ “山路和弘、『BFG』で“優しい巨人”熱演「こんなにほんわかした役はなかなかない」”. (2021年8月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2084604/full/#google_vignette 2021年8月30日閲覧。 
  55. ^ “「007」吹替キャスト8人発表!藤真秀、園崎未恵、中井和哉、斎賀みつきら参加”. 映画ナタリー. (2021年8月30日). https://natalie.mu/eiga/news/442924 2021年8月30日閲覧。 
  56. ^ 吹替王国#5声優 山路和弘声優インタビュー
  57. ^ “ステイサム!声優・山路和弘の特集放送、オモシロ番宣映像も公開”. 映画ナタリー. (2016年4月7日). https://natalie.mu/eiga/news/182550 2023年12月29日閲覧。 
  58. ^ “「LIFE!」ザ・シネマ新録版特集 (2/2)- 映画ナタリー 特集・インタビュー”. 映画ナタリー (清水洋史). (2019年2月22日). https://natalie.mu/eiga/pp/thecinema_life/page/2 2021年11月25日閲覧。 
  59. ^ 【声のお仕事】山路和弘さん#4「ソン・ガンホは、あっという間に“腐った魚の目”ができる役者になった」”. フムフムニュース. 2024年2月5日閲覧。
  60. ^ 映画「ジェイソン・ボーン」新録吹き替え版、放送決定 三木眞一郎、大塚明夫、浪川大輔らが参加”. TV LIFE (2022年10月3日). 2024年2月5日閲覧。
  61. ^ ナレーションは前途多難!? 山路和弘『ムービープラス「プレミア・ナビ」』インタビュー”. 2021年1月16日閲覧。
  62. ^ trumpetクラブ”. 山路和弘ブログ 108 (2010年10月28日). 2016年7月22日閲覧。
  63. ^ コメント求む!”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月14日閲覧。
  64. ^ 爺宣言す”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月15日閲覧。
  65. ^ a b STAFFインタビュー”. 2011年1月19日閲覧。
  66. ^ プリキュア|山路和弘ブログ 108”. 2013年3月12日閲覧。
  67. ^ 吹替王国#5声優:山路和弘 SPインタビュー”. 吹替王国 (2016年4月21日). 2016年7月22日閲覧。
  68. ^ a b 「『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!宮元宏彰監督&脚本担当黒岩勉さんのスペシャルインタビュー!」の巻”. ONE PIECE.com. 2016年7月22日閲覧。
  69. ^ これが人類最強の動き……! アニメ「進撃の巨人」Season 3のPV初公開 「PVでこれから1年は生きられる」”. ねとらぼエンタ (2018年4月28日). 2016年7月21日閲覧。
  70. ^ 週マガ読みきりの話”. 現在進行中の黒歴史 (2010年2月5日). 2018年7月21日閲覧。
  71. ^ “NHK「ちむどんどん」山路和弘 ほぼ悪役人生「勝手に善人と決め」臨む”. nikkansports. (2021年6月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202106080000345.html 2023年12月29日閲覧。 
  72. ^ 山路和弘” (PDF). 青年座映画放送株式会社. 2022年11月15日閲覧。
  73. ^ 来年大河『べらぼう』新キャスト6人発表 主演・横浜流星を囲む豪華な顔ぶれ”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年2月21日). 2024年2月21日閲覧。
  74. ^ “長澤まさみ主演『エルピス』近藤公園、梶原善、片岡正二郎、山路和弘の出演決定【各コメントあり】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2249018/full/ 2022年9月13日閲覧。 
  75. ^ “阪元裕吾×福士誠治×芋生悠のアクション「ある用務員」公開、舞台は戦場と化した学校”. 映画ナタリー. (2020年12月11日). https://natalie.mu/eiga/news/408413 2020年12月15日閲覧。 
  76. ^ “岡田准一主演『燃えよ剣』2021年10月公開 コロナ禍で1年以上の延期に”. シネマトゥデイ. (2020年12月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0120477 2020年12月27日閲覧。 
  77. ^ “岡田准一主演『燃えよ剣』新ビジュアル公開“人斬り以蔵”ら新キャスト13名も発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2020年2月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113965 2020年2月8日閲覧。 
  78. ^ “熊林弘高演出「かもめ」に、満島ひかり×田中圭×坂口健太郎×渡辺大知”. ステージナタリー. (2016年4月4日). https://natalie.mu/stage/news/181761 2016年4月5日閲覧。 
  79. ^ ミュージカル『メリー・ポピンズ』大阪公演明日開幕!/出演者コメント&新プロモーション映像を公開! - PR TIMES|cinemacafe.net”. www.cinemacafe.net. 2022年6月12日閲覧。
  80. ^ “藤井流星、初単独主演舞台『NOISES OFF』キービジュアル公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2295524/full/ 2023年9月20日閲覧。 
  81. ^ “3世代のゲイの人々描く6時間半、熊林弘高演出「インヘリタンス-継承-」に福士誠治ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年9月11日). https://natalie.mu/stage/news/540527 2023年9月11日閲覧。 
  82. ^ "THE BIRTHDAY CAKEバースデーケーキ:血の粛清". スターチャンネル. 2023年12月8日閲覧
  83. ^ 美女と野獣”. ふきカエル大作戦!! (2014年12月25日). 2017年5月6日閲覧。
  84. ^ 五日物語-3つの王国と3人の女-”. 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]. 2018年12月1日閲覧。
  85. ^ “『ウエストワールド』シーズン3から吹替版参戦!加瀬康之と山路和弘のコメント到着”. 海外ドラマNAVI. (2020年8月20日). https://dramanavi.net/drama/news/2020/08/3-5673.php 2020年8月20日閲覧。 
  86. ^ ジェイソン・ボーン <新録吹き替え版>”. BSテレ東 (2022年10月10日). 2022年9月25日閲覧。
  87. ^ スパイダーマン”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  88. ^ ソニー・ピクチャーズ映画 公式のTwitter”. 2021年12月23日閲覧。
  89. ^ トリプルX ネクスト・レベル”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  90. ^ 山路和弘と櫻井孝宏が吹替、「ライトハウス」のBlu-ray/DVD発売”. 映画ナタリー (2021年11月4日). 2021年11月4日閲覧。
  91. ^ “「007」吹替キャスト8人発表!藤真秀、園崎未恵、中井和哉、斎賀みつきら参加”. 映画ナタリー. (2021年8月30日). https://natalie.mu/eiga/news/442924 2021年8月30日閲覧。 
  92. ^ 「ターザン:REBORN」吹き替え版、桐谷健太の相手役に井上麻里奈!山路和弘、手塚秀彰らベテラン勢も参戦”. 映画.com. 2016年7月6日閲覧。
  93. ^ Amazon.co.jp: モースト・デンジャラス・ゲーム (吹替版) | Prime Video”. Amazonプライム・ビデオ. 2021年12月10日閲覧。
  94. ^ エアフォース・ワン”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  95. ^ フォッシー&ヴァードン 〜ブロードウェイに輝く生涯〜”. WOWOW. 2020年10月27日閲覧。
  96. ^ 『エクスペンダブルズ3』最強日本語吹替え声優陣が発表!”. ぴあ映画生活. 2015年2月21日閲覧。
  97. ^ “「エクスペンダブルズ」第4弾で山路和弘ら吹替続投、過去作パンフBOXの発売も決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年12月19日). https://natalie.mu/eiga/news/553718 2023年12月19日閲覧。 
  98. ^ “最新作『ワイルド・スピードICE BREAK』に小野大輔さん、田中敦子さん、高木渉さん、福山潤さんらが参戦! 日本語吹替版の豪華声優陣からコメントが到着”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年4月11日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1491878427 2017年4月11日閲覧。 
  99. ^ “最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』日本語吹替え版に山寺宏一さん&沢城みゆきさんがシリーズ初参加! 豪華声優陣のコメントも到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年7月12日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1562833363 2019年7月12日閲覧。 
  100. ^ ワイルド・スピード/ジェットブレイク”. ふきカエル大作戦!!. 2021年8月18日閲覧。
  101. ^ “安元洋貴&水樹奈々が参戦!『ワイスピ10』日本語吹替版の上映決定”. シネマトゥデイ. (2023年5月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0136745 2023年5月11日閲覧。 
  102. ^ “MEG ザ・モンスター”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月26日). https://www.fukikaeru.com/?p=10825 2019年1月2日閲覧。 
  103. ^ “ステイサムの声は山路和弘!『MEG2』吹替版キャスト発表、妻・朴路美も参加”. シネマトゥデイ. (2023年7月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0138224 2023年7月28日閲覧。 
  104. ^ 映画配給会社クロックワークス(@KlockworxInfo)10:44 - 2021年12月8日”. 映画配給会社クロックワークス 公式Twitter. 2021年12月10日閲覧。
  105. ^ ドミノ”. ワーナー公式. 2023年12月19日閲覧。
  106. ^ 映画『博士と狂人』公式【3.24 デジタル配信・ブルーレイ発売決定】の2021年3月24日のツイート”. 2021年3月24日閲覧。
  107. ^ スノーピアサー”. スターチャンネル. 2023年7月22日閲覧。
  108. ^ ポン・ジュノ監督|映画『パラサイト 半地下の家族』Blu-ray&DVDが7月22日発売|第92回アカデミー賞最多4部門&第72回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞|購入先着トリプル特典あり”. TOWER RECORDS ONLINE. 2020年5月29日閲覧。
  109. ^ パラサイト 半地下の家族”. 金曜ロードシネマクラブ. 2020年12月18日閲覧。
  110. ^ 王の願い ハングルの始まり”. TCエンタテインメント. 2021年11月7日閲覧。
  111. ^ シャン・チー/テン・リングスの伝説:日本語吹き替え版 新ヒーローの声優に細谷佳正 内田真礼、山路和弘も”. まんたんウェブ (2021年8月24日). 2021年8月24日閲覧。
  112. ^ ニコラス・ケイジ主演『カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―』DVD&Blu-ray化決定”. 映画ログプラス. 2020年9月18日閲覧。
  113. ^ ウルヴァリン: X-MEN ZERO”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。
  114. ^ “人気子役・鈴木梨央、ウルヴァリン最終章で吹き替え挑戦!スペイン語セリフ披露”. シネマトゥデイ. (2017年3月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0090627 2017年3月30日閲覧。 
  115. ^ “デッドプール2”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=9346 2018年6月1日閲覧。 
  116. ^ 映画『レミニセンス』12月1日ダウンロード先行販売開始/12月22日デジタルレンタル配信開始”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2021年11月5日閲覧。
  117. ^ 世界最速DVDレンタル決定!「オーシャンズ」シリーズ監督『クライム・ゲーム』11月3日(水・祝)リリース!”. ワーナー ブラザース ジャパン. 2021年8月20日閲覧。
  118. ^ 森川智之、沢城みゆき、中村悠一、鈴木達央ら人気声優『ザ・マミー』吹き替え版に集結!”. シネマトゥデイ. 2017年6月23日閲覧。
  119. ^ ラッセル・クロウ主演「ザ・ラウデスト・ボイス -アメリカを分断した男-」”. WOWOW. 2020年4月9日閲覧。
  120. ^ 声優・梶裕貴さん&俳優・小澤征悦さん、スパイアクション映画『キングスマン:ファースト・エージェント』日本語吹替版に出演決定! コメントも到着”. アニメイトタイムズ. 2020年8月14日閲覧。
  121. ^ アクアマン/失われた王国 -日本語吹き替え版”. 吹替キングダム (2024年1月12日). 2024年1月12日閲覧。
  122. ^ “フランス児童文学を映画化『家なき子 希望の歌声』公開決定!吹替声優に熊谷俊輝&山路和弘”. シネマトゥデイ. (2020年8月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118190# 2023年12月29日閲覧。 
  123. ^ ふきカエレビュー【7月のおすすめ】”. ふきカエル大作戦!!. 2021年4月16日閲覧。
  124. ^ 映画『カンフー・ヨガ』公式”. 2017年11月8日閲覧。
  125. ^ 映画『キャッツ』日本語吹き替え版 第三弾キャスト発表! 山寺宏一さん、宮野真守さん、沢城みゆきさん、山路和弘さんらよりコメント到着”. アニメイトタイムズ. 2020年1月8日閲覧。
  126. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  127. ^ 恋におちたシェイクスピア”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  128. ^ “ゴジラvsコング”. ふきカエル大作戦!!. (2021年5月26日). https://www.fukikaeru.com/?p=15876 2021年5月27日閲覧。 
  129. ^ サロゲート”. スターチャンネル. 2024年1月28日閲覧。
  130. ^ 「死霊のえじき」吹替版の全キャスト決定、千葉繁、山路和弘、諏訪部順一ら参加”. 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。
  131. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  132. ^ スノーホワイト”. ふきカエル大作戦!! (2012年6月13日). 2017年9月10日閲覧。
  133. ^ タイタンの戦い”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  134. ^ 特攻野郎Aチーム THE MOVIE”. 日曜洋画劇場. 2016年7月24日閲覧。
  135. ^ ドラゴンロード エクストリーム・エディション”. paramount pictures. 2024年2月21日閲覧。
  136. ^ “『トランスフォーマー/ビースト覚醒』破壊神ユニクロン、山路和弘が吹き替え!”. シネマトゥデイ. (2023年7月17日). https://www.cinematoday.jp/news/N0137970 2023年7月17日閲覧。 
  137. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  138. ^ バイオハザード”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  139. ^ “「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本語版の本編クリップ公開 巨人役は山路和弘”. エキサイトニュース. (2016年9月3日). https://www.excite.co.jp/news/article/Animeanime_30319/ 2016年9月5日閲覧。 
  140. ^ PLANET OF THE APES/猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  141. ^ ベン・ハー|吹替の力”. 吹替の力. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2023年10月25日閲覧。
  142. ^ “『ホビット 決戦のゆくえ』レジェンド級の声優集う!! 「こんな吹替版は二度と作れない」”. https://dramanavi.net/drama/news/2014/11/post-3255.php 2014年11月18日閲覧。 
  143. ^ マークスマン”. ハピネット. 2022年3月25日閲覧。
  144. ^ “話題のふきカエ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月19日). https://www.fukikaeru.com/?p=9503 2018年6月19日閲覧。 
  145. ^ “アベンジャーズ/エンドゲーム”. ふきカエル大作戦!!. (2019年5月9日). https://www.fukikaeru.com/?p=11706 2019年5月9日閲覧。 
  146. ^ 作品情報 ロミオ・マスト・ダイ”. ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント. 2023年7月6日閲覧。
  147. ^ “山路和弘&朴路美が夫婦役で共演!「ある結婚の風景」日本語吹替版声優が発表に”. シネマトゥデイ. (2021年12月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0127660 2021年12月16日閲覧。 
  148. ^ 登場人物”. NHK. 2017年2月16日閲覧。
  149. ^ 刑事フォイル 〔登場人物〕”. NHK. 2015年7月8日閲覧。
  150. ^ U-NEXT独占配信ドラマ『ザ・ネバーズ』日本語吹替版声優として坂本真綾さん、早見沙織さん、小西克幸さんらが出演決定! 声優陣からはコメントも到着!”. アニメイトタイムズ. 2021年6月18日閲覧。
  151. ^ 三銃士 登場人物 NHK公式サイト 2016.10.16 07:25 (UTC) 閲覧
  152. ^ HAWAII FIVE-0 - ダニー・ウィリアムズ”. AXN. 2014年7月31日閲覧。
  153. ^ “山寺宏一、初めて日本語吹替版制作を提案! 自らキャスティングした「マーダーズ・イン・ビルディング」豪華声優陣は?”. 映画.com. (2022年8月22日). https://eiga.com/amp/news/20220822/6/ 2022年9月16日閲覧。 
  154. ^ “声優界のスーパーヒーロー大集結!『DC がんばれ!スーパーペット』追加声優12名発表”. シネマトゥデイ. (2022年7月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0131465 2022年7月26日閲覧。 
  155. ^ 幻想魔伝 最遊記”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  156. ^ 破壊魔定光”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  157. ^ LAST EXILE”. メディア芸術データベース. 2016年8月10日閲覧。
  158. ^ 金田一少年の事件簿SP”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  159. ^ PSYCHO-PASS 2”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  160. ^ ソードアート・オンライン Extra Edition”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  161. ^ ドキドキ!プリキュア”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  162. ^ 第13話までにご出演のゲストキャスト発表!”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2013年12月27日閲覧。
  163. ^ 新着情報”. テレビ東京・あにてれ 遊☆戯☆王ARC-V. 2014年2月21日閲覧。
  164. ^ セニョール・ピンク”. ONE PIECE.com. 2018年4月27日閲覧。
  165. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアXV」公式サイト. 2019年5月31日閲覧。
  166. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト. 2019年3月29日閲覧。
  167. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト. 2019年3月29日閲覧。
  168. ^ ヒット”. ドラゴンボール超公式サイト. 2016年7月22日閲覧。
  169. ^ CAST&STAFF”. 91Days. 2016年5月19日閲覧。
  170. ^ STAFF & CAST”. ブブキ・ブランキ 星の巨人|BUBUKI/BURANKI. 2016年8月10日閲覧。
  171. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」公式サイト. 2016年10月3日閲覧。
  172. ^ CHARACTER”. TVアニメ「サクラクエスト」公式サイト. 2017年5月5日閲覧。
  173. ^ STAFF/CAST”. グランブルーファンタジー ジ・アニメーション 公式サイト. 2019年8月3日閲覧。
  174. ^ 追加キャスト情報公開!”. TVアニメ「将国のアルタイル」公式サイト (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  175. ^ STAFF・CAST”. TVアニメ「刻刻」公式. 2017年10月16日閲覧。
  176. ^ 『フルメタル・パニック!IV』新規キャスト情報公開!”. TVアニメ『フルメタル・パニック! Invisible Victory』公式サイト. 2017年12月17日閲覧。
  177. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ「進撃の巨人」Season 3. 2018年4月27日閲覧。
  178. ^ キャラクター”. おしりたんてい アニメ公式ホームページ. 2022年5月30日閲覧。
  179. ^ キャラクター”. フューチャーカード 神バディファイト テレビ愛知. 2019年2月9日閲覧。
  180. ^ ゲゲゲの鬼太郎:第54話「泥田坊と命と大地」 建設現場に泥田坊 30年前にも同様の事件が…”. まんたんウェブ (2019年5月4日). 2019年5月4日閲覧。
  181. ^ 服部平蔵|キャラクター”. 名探偵コナン. 読売テレビ. 2023年2月6日閲覧。
  182. ^ スタッフ / キャスト”. TVアニメ『波よ聞いてくれ』公式サイト. 2020年3月31日閲覧。
  183. ^ “アニメ『ゴッド・オブ・ハイスクール』配信情報&出演声優陣が解禁! さらに第1話あらすじや放送カウントダウン動画も公開”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2020年7月3日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1593762395 2020年7月3日閲覧。 
  184. ^ STAFF/CAST”. アニメ「ぐらぶるっ!」公式サイト. Cygames. 2020年9月1日閲覧。
  185. ^ 2021年1月9日放送の第2クールから登場するキャラクター&キャスト解禁!”. ドラゴンクエスト ダイの大冒険. 2020年12月26日閲覧。
  186. ^ CAST/STAFF”. TVアニメ『さよなら私のクラマー』公式サイト. 2021年3月26日閲覧。
  187. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』公式サイト. 2021年4月13日閲覧。
  188. ^ 10月1日(金)より、TVアニメ「メガトン級ムサシ」TOKYO MX・BSフジにて放送スタート!”. メガトン級ムサシ. 2021年7月21日閲覧。
  189. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ『SPY×FAMILY』. 2022年3月17日閲覧。
  190. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ『惑星のさみだれ』公式サイト. 2022年4月17日閲覧。
  191. ^ “HIGH CARD:テレビアニメの追加キャストに島崎信長 河本ほむら&武野光、トムスのメディアミックスプロジェクト”. まんたんウェブ. (2022年8月31日). https://mantan-web.jp/article/20220831dog00m200008000c.html 2022年8月31日閲覧。 
  192. ^ "SEASON2 STAFF&CAST". TVアニメ「HIGH CARD」公式サイト. 2023年8月1日閲覧
  193. ^ “「デッドマウント・デスプレイ」江口拓也や岡本信彦ら9人の追加キャスト発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年2月24日). https://natalie.mu/comic/news/514219 2023年2月24日閲覧。 
  194. ^ 明治撃剣-1874-”. BS松竹東急. 2024年1月1日閲覧。
  195. ^ “アニメ「魔女と野獣」新キービジュと本PV解禁 追加キャストに石田彰ら6人”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年12月18日). https://natalie.mu/comic/news/553507 2023年12月18日閲覧。 
  196. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦. 2002年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  197. ^ 聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜”. メディア芸術データベース. 2022年5月14日閲覧。
  198. ^ 1月9日公開の『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』より、最新場面カット&主要登場キャラクター解禁! 12月27日には、シリーズの主要スタッフによるニコ生トーク特番が放送決定!”. アニメイトTV. 2014年12月20日閲覧。
  199. ^ バケモノの子”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月12日閲覧。
  200. ^ 7/23公開「ONE PIECE FILM GOLD」ギルド・テゾーロ役は山路和弘さん、劇中曲は小島麻由美さんに決定!”. ONE PIECE.com (2016年4月4日). 2016年6月4日閲覧。
  201. ^ 『虐殺器官 劇場パンフレット』東宝、2017年、34頁。 
  202. ^ キャラクター”. 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト. 2017年1月26日閲覧。
  203. ^ CAST&STAFF”. 「BLAME!(ブラム)」公式サイト. 2017年2月23日閲覧。
  204. ^ 「GODZILLA 怪獣惑星」追加キャストに小野大輔&三宅健太&堀内賢雄ら”. アニメ!アニメ! (2017年8月14日). 2017年8月14日閲覧。
  205. ^ 作品概要”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年10月16日閲覧。
  206. ^ 「映画おしりたんてい」ゲストキャラ役に小林星蘭・犬山イヌコ・竹井亮介”. 映画ナタリー. 2020年3月26日閲覧。
  207. ^ 「PSYCHO-PASS」10周年企画が10月始動!劇場版の制作決定、ビジュアル公開” (2022年8月14日). 2022年9月17日閲覧。
  208. ^ “映画「SAND LAND」ベルゼブブ役は田村睦心!キャスト・スタッフ、予告動画公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年4月3日). https://natalie.mu/comic/news/519243 2023年4月3日閲覧。 
  209. ^ 映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』公式サイト”. 2023年9月6日閲覧。
  210. ^ "劇場版 SPY×FAMILY CODE: White|映画・キャスト・最新情報一覧". アニメイトタイムズ. アニメイト. 2023年12月25日. 2023年12月27日閲覧
  211. ^ 『「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇」劇場パンフレット』バンダイビジュアル、2017年、20頁。 
  212. ^ キャスト”. 『ポケットモンスター ソード・シールド』 オリジナルアニメ 「薄明の翼」. 2019年12月20日閲覧。
  213. ^ STAFF&CAST”. アニメ 『終末のワルキューレ』公式サイト. 2021年3月15日閲覧。
  214. ^ “太田垣康男×Netflix「MAKE MY DAY」2023年2月配信、音楽は牛尾憲輔”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年9月25日). https://natalie.mu/comic/news/495017 2022年9月25日閲覧。 
  215. ^ “「PLUTO」お茶の水博士役に古川登志夫、天馬博士役は津田英三 キャスト7人発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年9月6日). https://natalie.mu/comic/news/539839 2023年9月6日閲覧。 
  216. ^ “SAND LAND:鳥山明の伝説マンガがシリーズアニメ化 劇場版に未公開カット、新章追加 2024年春配信”. MANTANWEB (MANTAN). (2023年11月14日). https://mantan-web.jp/article/20231113dog00m200054000c.html 2023年11月14日閲覧。 
  217. ^ コール オブ デューティ ゴースト[吹き替え版] 主要キャスト”. コール オブ デューティ ゴースト オフィシャルサイト. 2013年12月6日閲覧。
  218. ^ 『真・女神転生IV』荒廃した東京で出会う3名の人間”. ファミ通.com. 2013年4月10日閲覧。
  219. ^ 『ウォッチドッグス』主人公役・森川智之さんの他にも出演声優が公開。初回特典アートブックの日本限定企画にはコザキユースケさんらが参加”. 電撃オンライン. 2014年4月21日閲覧。
  220. ^ 『龍が如く 維新!』キャラクター配役を大公開!”. 『龍が如く 維新!』公式サイト. 2013年9月9日閲覧。
  221. ^ CHARACTER”. ウィッチャー3 ワイルドハント. 2014年9月29日閲覧。
  222. ^ 山路和弘の2020年7月20日のツイート2020年7月20日閲覧。
  223. ^ レジェンドガチャ更新・Wスターレジェンド10連ガチャ開催のお知らせ”. グランブルーファンタジー 公式サイト. 2016年7月16日閲覧。
  224. ^ EVENT”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年12月23日閲覧。
  225. ^ 『LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の豪華声優陣が発表 日本語吹き替えトレーラーも公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2014年10月27日閲覧。
  226. ^ 『ウォッチドッグス2』マーカス(声優:内田夕夜)やドゥシャン(声優:藤原啓治)など吹き替え声優が判明”. 電撃オンライン. 2016年10月14日閲覧。
  227. ^ 『グラサマ』マルチバトルの詳細が公開。山路和弘さんと浅川悠さんが演じる仲間の情報も”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2016年10月18日). 2016年10月18日閲覧。
  228. ^ 横山昌義のTwitter”. 2015年12月14日閲覧。
  229. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年7月28日閲覧。
  230. ^ 『バイオハザード7 レジデント イービル』実力派声優陣が日本語ボイスキャストを担当、“恐怖”と“楽しさ”を科学する最新CMも”. ファミ通.com. 2017年1月25日閲覧。
  231. ^ T田 (2017年1月25日). “「フォーオナー」,日本語版キャラクターボイスを務める声優陣を発表。新トレイラー「赤き道」の公開も”. 4Gamer.net. 2017年1月26日閲覧。
  232. ^ CAST”. 2017年9月21日閲覧。
  233. ^ CHARACTER”. 北斗が如く. セガ. 2018年3月22日閲覧。
  234. ^ CHARACTER”. フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ. KADOKAWA. 2018年2月27日閲覧。
  235. ^ 「FAIRY TAIL DiceMagic」の事前登録者数が12万人を突破。ゲームオリジナルキャラのCVには雨宮 天さん,杉田智和さん,山路和弘さんを起用”. 4Gamer.net. 2019年9月19日閲覧。
  236. ^ 【公式】「コトダマン」×「進撃の巨人」コラボ特設サイト”. 【公式】共闘ことばRPG コトダマン. XFLAG. 2021年4月10日閲覧。
  237. ^ "TVアニメ「SPY×FAMILY」 × 「コトダマン」コラボ開催!!". 【公式】共闘ことばRPG コトダマン. MIXI. 27 October 2022. 2022年10月27日閲覧
  238. ^ JUMP FORCE』キルア、クラピカ、幽助、戸愚呂(弟)参戦! 「ゴンさんへの変身はバトル中1度きり」ほか最新情報が公開【TGS2018】”. ファミ通.com (2018年9月20日). 2019年10月20日閲覧。
  239. ^ 『ボーダーランズ3』超ハッピー&クレイジーな最新トレーラー”公開!日本語版吹き替え声優も発表”. ファミ通.com. 2019年7月17日閲覧。
  240. ^ ボイスドラマ|ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S”. スクウェア・エニックス. 2019年8月6日閲覧。
  241. ^ WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争”. SQUARE ENIX. 2019年12月10日閲覧。
  242. ^ CHARACTER”. ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS. バンダイナムコエンターテインメント. 2019年8月21日閲覧。
  243. ^ 登場人物”. 仁王2 公式サイト. コーエーテクモゲームス. 2020年3月2日閲覧。
  244. ^ CHARACTER”. ニーア リィンカーネーション. スクウェア・エニックス. 2020年10月9日閲覧。
  245. ^ 『ファークライ6』日本語吹き替え版ストーリートレーラーが公開。各キャラクターの日本語ボイスを担当する声優も明らかに”. ファミ通.com. 2022年2月12日閲覧。
  246. ^ CHARACTER”. メガトン級ムサシ. 2021年8月6日閲覧。
  247. ^ 出演”. 『龍が如く 維新!極』公式サイト. セガ. 2022年9月14日閲覧。
  248. ^ ポケモン公式ツイッターの2023年7月12日のツイート2023年7月12日閲覧。
  249. ^ キャラクター”. イースX -NORDICS-. 日本ファルコム. 2023年7月27日閲覧。
  250. ^ CHARACTERS”. ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅. スクウェア・エニックス. 2023年12月1日閲覧。
  251. ^ FINAL FANTASY VII REBIRTH CHARACTER”. SQUARE ENIX. 2023年12月12日閲覧。
  252. ^ CHARACTER”. ユニコーンオーバーロード - 公式サイト. アトラス. 2023年11月23日閲覧。
  253. ^ CHARACTER”. BANDAI NAMCO. 2023年11月10日閲覧。
  254. ^ 魔進戦隊キラメイジャー エピソード38 叔父の月を見ている”. 東映. 2021年1月10日閲覧。
  255. ^ “王様戦隊キングオージャー:キョウリュウジャーが“参戦” キョウリュウレッドが「キングキョウリュウレッド」に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2023年8月27日). https://mantan-web.jp/article/20230826dog00m200046000c.html 2023年8月27日閲覧。 
  256. ^ 新たな脅威と驚異は宇宙から?宇蟲王(うちゅうおう)に豪華声優陣参戦!さらに…「キョウリュウジャー」も登場!?”. 王様戦隊キングオージャー. テレビ朝日. 2023年8月27日閲覧。
  257. ^ 虚淵玄氏の最新作『Thunderbolt Fantasy』は、武侠ファンタジー人形劇! 気になるTV放送月&時間が判明!”. animate Times (2016年5月2日). 2016年8月17日閲覧。
  258. ^ 本人出演もあり。
  259. ^ 『プレミア・ナビ』が10月からリニューアル。ナビゲーターを務める山路和弘のコメントも到着!”. ムービープラス (2021年9月29日). 2022年9月4日閲覧。
  260. ^ ナレーションは前途多難!? 山路和弘『ムービープラス「プレミア・ナビ」』インタビュー”. ふきカエル大作戦!! (2021年10月1日). 2022年9月4日閲覧。

参考文献 編集

  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK KIRAMAGER GLITTERING IMAGINATION 魔進戦隊キラメイジャー 公式完全読本』ホビージャパン、東京〈ホビージャパンMOOK〉、2021年7月30日。ISBN 978-4-7986-2545-4 

関連項目 編集

外部リンク 編集