ブランカ・アヴ・ナムール

ブランカ・アヴ・ナムールスウェーデン語:Blanka av Namur, 1320年 - 1363年)は、スウェーデン王およびノルウェーマグヌス4世の王妃。フランス語名はブランシュ・ド・ナミュール(Blanche de Namur)。

ブランカ・アヴ・ナムール
Blanka av Namur
スウェーデン王妃
ノルウェー王妃
Blanka Namur.jpg
在位 スウェーデン王妃:1335年 - 1363年
ノルウェー王妃:1335年 - 1355年
戴冠 1336年ストックホルム

出生 1320年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ナミュール侯領ナミュール
死去 1363年
 スウェーデンストックホルム
結婚 1335年
配偶者 スウェーデンマグヌス4世
子女 エリク12世
ホーコン6世
家名 ダンピエール家
父親 ナミュール侯ジャン1世
母親 マリー・ダルトワ
テンプレートを表示

生涯編集

ナミュール侯ジャン1世フランドル伯ギーの息子)とマリー・ダルトワ(フィリップ・ダルトワの娘)の娘として生まれた。賢明で非常に美しいといわれた[1]。1335年の秋、マグヌスと結婚した。結婚の祝いとして、ブランカはトンスベルグ(現在のノルウェーヴェストフォル県の都市)を与えられた。戴冠式が行われたのは1336年7月、ストックホルムであった[2]

2人には、エリク12世(1339年 - 1359年)とホーコン6世(1340年 - 1380年)が生まれた。ホーコンが1355年にノルウェー王位についたとき、エリクは父に対して反乱を起こし、スウェーデンの共同統治者となった。

ブランカはスウェーデン中世史上、興味深い女性の一人である。女王として政治に関わっただけでなく、多くの話や歌が伝わっていることから、彼女は女性としても積極的に外に出たと思われる。マグヌスは同性愛者と噂されており、彼にはフィンランド公ベングト・アルゴットソンという愛人がいた。にもかかわらず、ブランカは夫と良好な関係を保ち、政治的な影響力を保持し続けた。スウェーデン=ノルウェーの同君連合の期間、ブランカは夫によりノルウェーの摂政に任じられていた。息子エリクとその妃ベアトリクスが1359年に死去した時、ブランカは彼らを毒殺したとして非難されたが、これはブランカに対するプロパガンダの一部であったと見られている[1]

1359年の息子エリクの死後、ブランカはトンスベルグ城で暮らした。1363年、息子ホーコンとデンマーク王女マルグレーテ1世の結婚式を見届けた後に、ブランカは病死した。死因も埋葬場所も伝えられていない[3]。夫マグヌス4世は1364年にスウェーデン王位を追われ、ホーコンが王となっていたノルウェーに亡命した。

脚注編集

  1. ^ a b Blanka”. Svenskt biografiskt lexikon. 2023年1月21日閲覧。
  2. ^ Nordberg 2001, pp. 69–72.
  3. ^ Nordberg 2001, p. 303.

参考文献編集

  • Nordberg, Michael (1995). I kung Magnus tid. Norstedts. ISBN 91-1-952122-7 
  • Stålberg, Wilhelmina (1864-1866). “Blanka (Blanche)” (スウェーデン語). Anteqningar om svenska qvinnor. p. 38. http://runeberg.org/sqvinnor/0050.html