ベアトリクス・フォン・バイエルン

ベアトリクス・フォン・バイエルン(Beatrix von Bayern, 1344年 - 1359年12月25日)は、スウェーデン王マグヌス4世の共治王であったエリク12世の王妃[1][2]

ベアトリクス・フォン・バイエルン
Beatrix von Bayern
スウェーデン王妃
在位 1356年 - 1359年

出生 1344年
死去 1359年12月25日
埋葬  スウェーデンストックホルム、スヴァルトブロードラ修道院(Svartbrödraklostret
結婚 1356年
配偶者 エリク12世
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世
母親 エノー・ホラント女伯マルガレーテ
テンプレートを表示
スヴァルトブロードラ修道院のベアトリクスとリヒャルディスの墓所

生涯編集

ベアトリクスは神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世とその2番目の皇后エノー・ホラント女伯マルガレーテの間の娘である。 1356年スウェーデン王エリク12世と結婚した。エリク12世は父親でノルウェー・スウェーデン王であったマグヌス4世に対する反乱の後、父親の共治王となっていた。ベアトリクスはマグヌス4世の王妃でエリク12世の母ブランカ・アヴ・ナムールとともにスウェーデン王妃となった[3][4][5][6]

ベアトリクスと夫エリク12世はともに1359年に死去した。エリク12世はペストで死去し、ベアトリクスも男子を死産した後にペストで死去したとみられる。ベアトリクスとその息子はスヴァルトブロードラ修道院(Svartbrödraklostret)に埋葬されたと考えられている[7]

脚注編集

  1. ^ Beatrix”. Svenskt biografiskt lexikon. 2020年8月1日閲覧。
  2. ^ Erik Magnusson”. Svenskt biografiskt lexikon. 2020年8月1日閲覧。
  3. ^ Margaretha van Beieren en Margaretha van Avesnes (1311–1356)”. Digitaal Vrouwenlexicon van Nederland. 2020年8月1日閲覧。
  4. ^ Magnus 7 Eriksson”. Norsk Biografisk Leksikon. 2020年8月1日閲覧。
  5. ^ Blanca Av Namur”. Norsk Biografisk Leksikon. 2020年8月1日閲覧。
  6. ^ Håkon 6 Magnusson”. Norsk Biografisk Leksikon. 2020年8月1日閲覧。
  7. ^ Beatrix, urn:sbl:19091, Svenskt biografiskt lexikon (art av S. Tunberg), hämtad 2020-07-07.

参考文献編集

  • Åke Ohlmarks (1973) Alla Sveriges drottningar (Stockholm : Geber) ISBN 9120040105