メインメニューを開く

ブランコ』は、1973年8月-9月NHKの『みんなのうた』で紹介された楽曲。作詞:水木かおる、作曲:一ノ瀬義孝、歌:日野てる子東京放送児童合唱団

みんなのうた
ブランコ
歌手 日野てる子東京放送児童合唱団
作詞者 水木かおる
作曲者 一ノ瀬義孝
映像 実写
初放送月 1973年8月-9月
テンプレートを表示

都築益世作詞:芥川也寸志作曲の童謡『ブランコ』とは関係無い。

概要編集

町などの子供たちにブランコに乗って様々な風景を見る事で、希望や夢や明日を結ぼうと表現した歌。歌詞ではブランコの揺れる音を、「ブーワン」という独特の擬音で表現している。日野の『みんなのうた』出演は、1967年6月-7月放送のハワイアン民謡『美しいカハナの島』以来6年振りにして最後。

映像は実写だが、映像に出て来たブランコは一般的な物ではなく、遊園地に有る金属製のブランコ(別名「ウエーブスインガー)。そして映像ではブランコが揺れる上空に、山や海などの風景を合成している。

放送当時は日野所属のポリドール・レコードからEPレコードが発売され、その後日野関連のLPにも収録されたが、2014年現在再放送やDVD化はされていない。

補足編集

  • 『みんなのうた』放送版とレコード版では、各番の出だしが異なっており、放送では「風とこぐブランコ」だったのが、レコードでは「人生はブランコ」と変えられた。

関連項目編集