ブラントーム (フランスの作家)

ブラントーム(abbe de Brantome,Pierre de Bourdeille,1540年ころ―1614年7月5日)は、フランスの回想録作者、軍人、廷臣。

概略編集

名門の貴族の出で、ナバラ王国の宮廷で成人し、パリ、ポアティエで法律を学んだ。生涯の大半をフランス各地、ヨーロッパ諸国の漫遊と戦争への参加に費やした。ユグノー戦争ではカトリック側に参加したが、1584年落馬して重傷を負い公的生活から引退。自身の豊富な体験や見聞を記した『高名貴女列伝』(Vies des dames illustres),『貴紳武人列伝』などを書いた。『回想録』(Memoires)として死後出版 (1665~66) された。今日も読まれているのは『著名貴婦人伝』の第2部『好色女傑伝(艶婦伝)』(les Dames galantes)で,性的に奔放であったルネサンス末期の貴婦人たちにまつわる生々しい逸話を描いた作品[1]。日本では永井荷風と同居していた小西茂也などが訳した。

日本語訳編集

  • 『艶婦伝』小西茂也訳. 新樹社, 1948
    • 『ダーム・ギャラント 艶婦伝』小西茂也訳. 河出書房, 1950
    • 『ダーム・ギャラント 艶婦伝』小西茂也訳. 創元社, 1952
    • 『艶婦伝』小西茂也訳. 新潮文庫 1958
  • 『ダーム・ギャラント 好色女傑伝』全3巻 鈴木豊訳. 講談社, 1971
  • 『名将伝』〈抄〉平野隆文訳 『フランス・ルネサンス文学集 3』宮下志朗,伊藤進, 平野隆文編訳. 白水社, 2017


脚注編集