メインメニューを開く

ブルハーン・アッディーン

パミール高原でのホージャ軍と清軍の戦い
パミール高原でのホージャ軍と清軍の戦い

ブルハーン・アッディーン( برهان الدين Burhān al-Dīn、? - 1759年)はカシュガルホージャカシュガルにおけるナクシュバンディー教団の首長家(カシュガル・ホージャ家)の一翼、アク・タク(白山党)の名祖ホージャ・アファークの曾孫で、ホージャ・マフムード(ないしアフマド)の子。弟にホージャ・ジャハーン中国語版[1]がおり、ブルハーン・アッディーンが大ホージャ、ホージャ・ジャハーンが小ホージャと称した。

前史編集

1696年ジュンガルガルダン・ハン康熙帝に敗れたのを機に、マフムードは東トルキスタン南部に独立政権を樹立した。1700年、マフムードの政権はジュンガルのツェワンラブタンによって崩壊し、一家はイリ地方に抑留された。

大小ホージャの乱編集

1755年、清の乾隆帝がジュンガルを殲滅すると、ブルハーン・アッディーンとホージャ・ジャハーンは解放され、それぞれカシュガルヤルカンドの統治を任された。1757年アマルサナーモンゴル語版がジュンガルで蜂起すると、ホージャ・ジャハーンは機に乗じてアク・タクの信徒を集めて蜂起した(大小ホージャの乱中国語版)。ブルハーン・アッディーンは清朝への恩義からためらったものの最終的に参加した。ホージャ・ジャハーンはクチャを占領し、バートゥル・ハンを名乗った。

1758年秋、清の兆恵中国語版が4千の兵を率いてヤルカンドに侵攻したが、ブルハーン・アッディーンとホージャ・ジャハーンに3ヶ月間包囲された。1759年1月、清の援軍が到達し、兄弟の軍を破った。兄弟はそれぞれカシュガルとヤルカンドに逃れたが、清軍は両城を陥落させた。兄弟はパミール山脈バダフシャーンに逃れたが、バダフシャーンの支配者のスルタン・シャーは兄弟を捕えて殺害し、清に恭順の意を示した。

その後編集

ブルハーン・アッディーンの子のホージャ・サリムサク中国語版コーカンド・ハン国に逃れた。ホージャ・サリムサクとその子のジャハーンギール・ホージャは数度にわたって帰国を画策することになる。

脚注編集

  1. ^ ホージャ・ジャハーンの妻(もしくは女児)が香妃中国語版である。

参考文献編集