プライド&グローリー (映画)

プライド&グローリー』(Pride and Glory)は、2008年アメリカ合衆国ドイツが共同製作したドラマ映画。日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。

プライド&グローリー
Pride and Glory
監督 ギャヴィン・オコナー
脚本 ジョー・カーナハン
ギャヴィン・オコナー
原案 ギャヴィン・オコナー
グレゴリー・オコナー
ロバート・ホープス
製作 グレゴリー・オコナー
製作総指揮 トビー・エメリッヒ
ケイル・ボイター
マーカス・ヴィシディ
出演者 エドワード・ノートン
コリン・ファレル
音楽 マーク・アイシャム
撮影 デクラン・クイン
編集 リサ・ゼノ・チャージン
ジョン・ギルロイ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
ニュー・ライン・シネマ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年10月24日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $31,148,328[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $15,740,721[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ニューヨーク市警察に勤めるレイ・ティアニー刑事は、過去のトラウマが原因で現場から長らく遠ざかっていたが、警察高官の父フランシス・Srの命令で現場に復帰することになる。彼が特別捜査班を指揮することになった事件は麻薬取引現場を市警察が取り押さえようとした際、相手の反撃によって警官2名が殺害され、残り2名も重体となるといった大事件であった。レイが生まれたティアニー家は、警察高官の父、警察分署長の兄フランシス・Jr、そしてその兄の部下である義弟のジミーといった警察一家であった。レイは警察内部に麻薬組織の内通者がいると睨み、捜査を開始する。だが、義弟であるジミーこそが内通者であり、裏で汚職を行っているという事実を掴んだ彼は、警察と家族との間で葛藤していく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[2]

参考文献編集

  1. ^ a b c Pride & Glory”. Box Office Mojo. 2012年12月3日閲覧。
  2. ^ プライド&グローリー”. ワーナー公式. 2021年12月21日閲覧。

外部リンク編集