マーク・アイシャム

マーク・アイシャムMark Isham1951年9月7日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャントランペット奏者シンセサイザー奏者ニューヨーク出身。

マーク・アイシャム
Mark Isham
出生名 Mark Ware Isham
生誕 (1951-09-07) 1951年9月7日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
ジャンル ジャズエレクトロニック
職業 ミュージシャンコンポーザー
担当楽器 トランペットシンセサイザー
活動期間 1976年 -
レーベル ECMウィンダム・ヒルコロムビアヴァージン
公式サイト isham.com ウィキデータを編集

父は音楽の教師、母はバイオリニストという音楽一家に生まれた。ウィンダム・ヒルECMに参加したり、ローリング・ストーンズヴァン・モリソンジョニ・ミッチェルデヴィッド・シルヴィアンデヴィッド・トーンのアルバムに参加したりしているが、映画音楽が本領である。

1990年にはグラミー賞を受賞している。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム & コンピレーション・アルバム編集

  • 『ヴェイパー・ドローイングス』 - Vapor Drawings(1983年)
  • 『フィルム・ミュージック』 - Film Music(1985年)※映画『燃えつきるまで』サウンドトラック
  • 『ウィー・ビギン』 - We Begin(1987年)※with アート・ランディ
  • 『カスタリア』 - Castalia(1988年)
  • 『チベット幻想』 - Tibet(1989年)※サウンドトラック
  • 『幻想秘夜』 - Mark Isham(1990年)
  • 『子供たちが教えてくれた…』 - Songs My Children Taught Me(1991年)※下記「ラビット・イヤーズ」初期4作品の音楽のみ
  • Blue Sun(1995年)
  • Mark Isham: A Windham Hill Retrospective(1998年)
  • 『マイルス・リメンバード:サイレント・ウェイ・プロジェクト』 - Miles Remembered: The Silent Way Project(1999年)
  • Bittersweet(2009年)※with ケイト・セベラーノ
  • The Longest Ride (Original Score Album)(2015年)

ラビット・イヤーズ・ストーリーブック・クラシック編集

その他編集

  • Hymn of Asia: L. Ron Hubbard(2000年)※Instrument Orchestration and Choral Arrangements
  • Theme to the United States Army's Army Strong campaign[1](2006年)
  • Human the Death Dance(2007年)※by Sage Francis (Production on "Good Fashion" and "Water Line")
  • Dallas et Kate(2009年)※with ケイト・セベラーノ

参加アルバム編集

グループ87
  • 『グループ87』 - Group 87(1980年、Columbia Records)
  • A Career in Dada Processing(1984年、Capitol Records)
アート・ランディ
  • 『ルビサ・パトロール』 - Rubisa Patrol(1976年、ECM)
  • Desert Marauders(1978年、ECM)
ファラオ・サンダース
  • 『ジャーニー・トゥ・ザ・ワン』 - Journey to the One(1980年、Theresa)
ヴァン・モリソン
  • 『コモン・ワン』 - Common One(1980年、Mercury)
  • 『ライヴ・アット・グランド・オペラ・ハウス・ベルファスト』 - Live at the Grand Opera House Belfast(1984年、Mercury)
デヴィッド・トーン
  • 『クラウド・アバウト・マーキュリー』 - Cloud About Mercury(1987年、ECM)

サウンドトラック参加作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ Nickerson, Thomas (2006年11月9日). “The making of Army Strong”. United States Army. 2011年5月19日閲覧。

外部リンク編集