エドワード・ノートン

エドワード・ハリソン・ノートンEdward Harrison Norton, 1969年8月18日 - )は アメリカ合衆国俳優映画監督

エドワード・ノートン
Edward Norton
Edward Norton
2012年撮影
本名 Edward Harrison Norton
生年月日 (1969-08-18) 1969年8月18日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 183 cm
活動期間 1993年 -
配偶者 ショーナ・ロバートソン(2012年 - )
主な作品
真実の行方
アメリカン・ヒストリーX
ファイト・クラブ
レッド・ドラゴン
ミニミニ大作戦
インクレディブル・ハルク
ボーン・レガシー
ムーンライズ・キングダム
グランド・ブダペスト・ホテル
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
犬ヶ島
 
受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞
助演男優賞
1996年真実の行方』『ラリー・フリント』『世界中がアイ・ラヴ・ユー
放送映画批評家協会賞
アンサンブル演技賞
2014年バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
ゴールデングローブ賞
助演男優賞
1996年『真実の行方』
全米映画俳優組合賞
キャスト賞
2014年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
助演男優賞
1996年『真実の行方』『ラリー・フリント』『世界中がアイ・ラヴ・ユー』
2014年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
サテライト賞
主演男優賞
1998年アメリカン・ヒストリーX
テンプレートを表示

来歴編集

生い立ち編集

マサチューセッツ州ボストンで生まれ、メリーランド州コロンビアで育つ。父親のエドワード・モーア・ノートンJr.は環境問題に取り組む弁護士でカーター政権時に連邦検察官を務め、母親のリディア・ロビンソン[1]英語教師で1997年に脳腫瘍で死去する。2人の弟がいる。

イェール大学天文学と歴史と日本語を学ぶも、卒業後に俳優をこころざしてニューヨークへ出るほか、日本では祖父ジェームズ・ラウス都市計画家としての仕事を手伝うため、大阪に約4ヶ月滞在して海遊館の巨大水槽設置に携わり、英会話学校NOVAのテキスト[2]に掲載される。現在も日本語会話を嗜み、『インクレディブル・ハルク』のジャパンプレミアで来日した際には日本語で「日本滞在は4ヶ月くらい」と答え、おすぎの「頭がスマートなのね」との問いかけに「練習したんだよ」と答えている [3]

キャリア編集

数年間、ウエイターなど様々な仕事に就きながら、1993年からシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演。1996年に2000人以上のオーディションから『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューし、多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞。1998年に『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネート。2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞第87回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされる。

2000年に公開された『僕たちのアナ・バナナ』で初めて監督を務めた。その後、小説『マザーレス・ブルックリン』を原作とした2019年公開の映画『マザーレス・ブルックリン』でも監督を務めた。

ハリウッド俳優の中でも特に演技力を高く評価されている。

私生活編集

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1996 真実の行方
Primal Fear
アーロン・スタンプラー ゴールデングローブ賞 助演男優賞受賞
アカデミー助演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
遊佐浩二
ラリー・フリント
The People vs. Larry Flynt
アラン・アイザックマン 平田広明[5]
世界中がアイ・ラヴ・ユー
Everyone Says I Love You
ホールデン・スペンス 宮本充
1998 ラウンダーズ
Rounders
レスタ・“ワーム”・マーフィ 桐本琢也
アメリカン・ヒストリーX
American History X
デレク・ヴィンヤード アカデミー主演男優賞ノミネート 家中宏[6]
1999 ファイト・クラブ
Fight Club
ナレーター(ジャック) 平田広明(ソフト版)
森川智之フジテレビ版)
2000 僕たちのアナ・バナナ
Keeping the Faith
ブライアン・フィン神父 監督・製作 松本保典
2001 スコア
The Score
ジャック・テラー スクリプト(クレジットなし) 家中宏
2002 デス・トゥ・スムーチー
Death to Smoochy
シェルダン・モープス / スムーチー・ザ・リノ (吹き替え版なし)
フリーダ
Frida
ネルソン・ロックフェラー スクリプト(クレジットなし) 田中正彦(ソフト版)
山本格Netflix版)
レッド・ドラゴン
Red Dragon
ウィル・グレアム 井上倫宏(ソフト版)
小森創介テレビ東京版)
25時
25th Hour
モンティ・ブローガン 平田広明
2003 ミニミニ大作戦
The Italian Job
スティーヴ・フレゼリ
2004 ダイヤモンド・イン・パラダイス
After the Sunset
レイカーズファンの観客 カメオ出演 TBA
2005 ダウン・イン・ザ・バレー
Down in the Valley
ハーレン 製作 井上倫宏
キングダム・オブ・ヘブン
Kingdom of Heaven
ボードゥアン4世 家中宏
2006 幻影師アイゼンハイム
The Illusionist
アイゼンハイム 阪口周平
ペインテッド・ヴェール 〜ある貴婦人の過ち〜
The Painted Veil
ウォルター・フェーン 日本劇場未公開 福里達典
2008 インクレディブル・ハルク
The Incredible Hulk
ブルース・バナー / ハルク 脚本(クレジットなし) 水嶋ヒロ[7]
プライド&グローリー
Pride and Glory
レイ・ティアニー 製作
日本劇場未公開
平田広明
バスティン・ダウン・ザ・ドア
Bustin Down The Door
ナレーター ドキュメンタリー (吹き替え版なし)
2009 マッド・ブラザー
Leaves of Grass
ビル・キンケイド
ブラディ・キンケイド
日本劇場未公開 家中宏
2010 ストーン
Stone
ジェラルド・クリーソン(ストーン) 平田広明
2012 ムーンライズ・キングダム
Moonrise Kingdom
ランディ・ウォード 家中宏
ボーン・レガシー
The Bourne Legacy
リック・バイヤー 森田順平[8]
ディクテーター 身元不明でニューヨーク
The Dictator
本人役 クレジットなし TBA
恋人はセックス依存症
Thanks for Sharing
N/A 製作総指揮
日本劇場未公開
N/A
2014 グランド・ブダペスト・ホテル
The Grand Budapest Hotel
ヘンケルス警部補 星野健一
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
マイク・シャイナー アカデミー助演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
全米映画俳優組合賞助演男優賞ノミネート
全米映画俳優組合賞キャスト賞受賞
宮本充
2015 ガーディアン・ブラザーズ -小門神-
小门神
ユウ・レイ 声の出演(英語吹き替え)
2016 ソーセージ・パーティー
Sausage Party
サミー・ベーグル・ジュニア 声の出演 多田野曜平
素晴らしきかな、人生
Collateral Beauty
ホイット 宮本充[9]
2018 犬ヶ島
Isle of Dogs
レックス 声の出演 川島得愛[10]
2019 アリータ: バトル・エンジェル
Alita: Battle Angel
ノヴァ (台詞なし)
マザーレス・ブルックリン
Motherless Brooklyn
ライオネル・エスログ 監督・製作・脚本 加瀬康之[11]
2021 フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
The French Dispatch
誘拐犯 ポストプロダクション

テレビ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2000 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
Devon Bradley 声の出演
第12シーズン第7話「おかしな詐欺師にご用心」
2004 National Geographic's Strange Days on Planet Earth 司会 N/A
2009 モダン・ファミリー
Modern Family
Izzy LaFontaine 第1シーズン第8話「間違いだらけの結婚記念日」
2013 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
Reverend Elijah Hooper 声の出演
第24シーズン第18話「牧師交代」
サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
ホスト / オーウェン・ウィルソン Edward Norton/Janelle Monáe
2015 Saturday Night Live 40th Anniversary Special 本人 / ステフォン テレビスペシャル N/A

脚注編集

  1. ^ 旧姓はラウズ
  2. ^ http://www.viney.uk.com/onlyinamerica/norton.html
  3. ^ 来日の“ハルク”エドワード・ノートン、おすぎに大阪仕込み(?)の突っ込み!”. cinemacafe.net (2008年7月30日). 2020年8月19日閲覧。
  4. ^ http://www.nytimes.com/2007/05/27/magazine/27apatow-t.html
  5. ^ ラリー・フリント”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年3月25日閲覧。
  6. ^ アメリカン・ヒストリーX”. ワーナー公式. 2021年3月25日閲覧。
  7. ^ 水嶋ヒロがハリウッド随一のヒーローに 『インクレディブル・ハルク』で声優初挑戦!”. cinemacafe.net (2008年6月24日). 2021年3月30日閲覧。
  8. ^ ボーン・レガシー”. ふきカエル大作戦!!. 2021年3月25日閲覧。
  9. ^ 素晴らしきかな、人生”. ワーナー公式. 2021年3月25日閲覧。
  10. ^ 犬ヶ島”. ふきカエル大作戦!! (2018年5月2日). 2021年3月25日閲覧。
  11. ^ マザーレス・ブルックリン”. ふきカエル大作戦!! (2020年6月11日). 2021年3月25日閲覧。

外部リンク編集