メインメニューを開く

プラグリーの乱:Praguerie)は、1440年フランスシャルル7世の中央集権政策に反発した貴族達が起こした反乱である。プラグリーは、ボヘミアで反乱を起こしていたフス派の根拠地プラハに由来する。

経過編集

百年戦争後期の1435年アラスの和約を締結してから、フランスはイングランドへの反撃を開始、1436年パリ奪還を始めイル=ド=フランスの都市を落として平定した。しかし一方で貴族の私兵や傭兵隊が村を略奪する問題もあり、シャルル7世の側近アルテュール・ド・リッシュモンは国王と話し合い、1439年11月2日三部会で貴族の徴兵・徴税を禁止、国王が新たに徴兵・徴税することと、部隊の指揮を執る隊長は国王が指名することを勅令で布告した。

これに既得権益を侵される貴族が猛反発、王太子ルイ(後のルイ11世)を擁立して反乱を起こした。メンバーはブルボン公シャルル1世、リッシュモンの甥に当たるアランソン公ジャン2世ジャン・ド・デュノワジョルジュ・ド・ラ・トレモイユ、ヴァンドーム伯ルイなどシャルル7世の側近や軍事力の中核を担う大貴族が加わっていた。一方、略奪被害に苦しむ都市は勅令を支持していた[1]

1440年2月17日ブロワで反乱勢力は蜂起したが、いち早く情報を入手したリッシュモンがアンボワーズにいたシャルル7世へ通報、直ちに討伐軍が差し向けられた。まずロッシュを占領していたブルボン公を急襲、敗れたブルボン公はオーヴェルニュへ逃亡した。続いてポワティエにいたアランソン公の部隊も撃破、手も足も出ない反乱側は出頭を決意、国王側と2度和睦の話し合いが行われた末、7月に和睦が成立、デュノワとアランソン公、ブルボン公とラ・トレモイユに付き添われた王太子がシャルル7世に謝罪した。シャルル7世は反乱貴族を赦免したが勅令の遵守を誓わせ、領土も一部割譲され国王権力は強化された[2]

貴族と国王の対立は収まった訳ではなく、和睦後の1442年に再び貴族反乱の陰謀が企てられた。シャルル7世の従兄弟でイングランドの捕虜になっていたオルレアン公シャルルが1440年9月に帰国、反乱勢力に担がれヌヴェールで謀議が行われたが、またもや国王側に発覚して未遂に終わった。以後オルレアン公はブロワへ移住して詩作にふけり政治から遠ざかり、1445年の勅令隊設立で王軍は貴族の私兵を集めた軍から直轄の常備軍に刷新された。とはいえ貴族の軍事力も必要で、シャルル7世とブルボン公の間に妥協がなされ、ブルボン公と息子のクレルモン伯ジャン(後のジャン2世)を始めブルボン家の一族や貴族達が勅令隊隊長に就任、ブルボン家は宮廷に反抗しない代わりに軍事力を提供し新たな活躍の場を見出していった。軍備増強を推し進めたフランスはイングランドとの戦いに乗り出し、1449年ノルマンディー征服、1450年フォルミニーの戦いで激突した[3]

脚注編集

  1. ^ エチュヴェリー、P237 - P243、清水、P369 - P371、上田、P106 - P111。
  2. ^ エチュヴェリー、P243 - P245、清水、P371 - P372、上田、P122 - P128。
  3. ^ エチュヴェリー、P247 - P248、P250 - P251、清水、P372 - P374、上田、P128 - P136。

参考文献編集