ヘルベルト・オイレンベルク

ヘルベルト・オイレンベルク(Herbert Eulenberg、1876年1月25日 - 1949年9月4日)は、ドイツ小説家劇作家エッセイスト詩人

ヘルベルト・オイレンベルク 
Herbert Eulenberg
誕生 ヘルベルト・オイレンベルク
(1876-01-25) 1876年1月25日
ドイツ帝国ケルン=ミュールハイムドイツ語版
死没 1949年9月4日(1949-09-04)(73歳)
西ドイツデュッセルドルフ
職業 劇作家、小説家、エッセイスト
活動期間 1896–1949
ジャンル 戯曲, 歴史小説
代表作 Belinde, Schattenbilder
主な受賞歴 Nationalpreis der DDR
1949年
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

数多くの本を出版した出版人としても知られる。1909年に書いたフリードリヒ・フォン・シラーに関する批評は、当時の文壇に熱い議論をもたらした。

1920年代には、彼はドイツを代表する劇作家のひとりとなっていた。文学、音楽、演劇、芸術など多岐にわたる題材を扱った彼の評論は、ドイツ・オーストリアで発行される数多くの新聞や雑誌に掲載された。

1919年、オイレンベルクは画家のアーサー・カウフマンドイツ語版アドルフ・ウザルスキードイツ語版らと “Das Junge Rheinland”(ラインラント若年者会)を結成。また、1923年にはアメリカ「アインシュタイン以降ドイツ人としては初めて」コロンビア大学で講演を行った。

1920年代ドイツを代表する劇作家であるが、日本では知名度が低く、唯一「女の決闘」(原題:Ein Frauenzweikampf)が、森鷗外の翻訳と、それを題材にした太宰治の作品(作者オイレンベルクの無名さも含めてネタにした、ある種のパロディー)によって知られるのみである。

関連項目編集

外部リンク編集