メインメニューを開く
プリクソスと海に落ちたヘレー。ポンペイから発見されたローマ時代フレスコ画ナポリ国立考古博物館en)所蔵。

ヘレー古希: Ἕλλη, Hellē)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してヘレとも表記される。ボイオーティアの王アタマースネペレーの娘で、プリクソスの妹[1][2][3][4]。あるいはイクシーオーンネペレーの娘[5]アタマンティスAthamantis、アタマースの娘の意)ともいう。

神話編集

兄のプリクソスと共に継母のイーノーの陰謀で殺されそうになったため、黄金の羊に乗って逃亡したが、ヘレーは途中で海に落ちた。その海はヘレーの名を取ってヘレースポントスヘレスポントスHellesponts)と呼ばれるようになった[1]

一説によればポセイドーンに救われ、パイオーン[6]エードーノス英語版アルモープス英語版を産んだともいわれる[7]

系図編集

 
 
カドモス
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セメレー
 
イーノー
 
 
 
 
 
 
アタマース
 
ネペレー
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオニューソス
 
レアルコス
 
メリケルテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイエーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スコイネウス
 
 
 
レウコーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルキオペー
 
プリクソス
 
ヘレー
 
アタランテー
 
ペイシディケー
 
エウイッペー
 
アンドレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゴス
 
キュティッソーロス
 
プロンテス
 
メラース
 
プレスボーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 


脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、1巻9・1。
  2. ^ ヒュギーヌス、1話。
  3. ^ ヒュギーヌス、3話。
  4. ^ ヒュギーヌス、3話。
  5. ^ ロバート・グレーヴス、70話l。
  6. ^ エラトステネス『星座譜』、19話「牡羊座」。
  7. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.254a。

参考文献編集

関連項目編集