ヘンリー・ハワード (第5代サフォーク伯爵)

第5代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワード英語: Henry Howard, 5th Earl of Suffolk1627年7月18日(洗礼日) – 1709年12月10日)は、イングランド王国の貴族。

生涯編集

第2代サフォーク伯爵セオフィラス・ハワード英語版とエリザベス・ヒュームの四男として生まれ、1627年7月18日に洗礼を受けた[1]。1691年4月21日に兄ジョージが死去すると、サフォーク伯爵の爵位を継承した[1]

1709年12月10日に死去、長男ヘンリーが爵位を継承した[1]

家族編集

第5代サフォーク伯爵は3度結婚した。1度目の結婚相手はメアリー・ステュアート(第3代キャッスル・ステュアート男爵英語版アンドリュー・ステュアートの娘)であり、2人は3男をもうけた[1]

  • ヘンリー(1670年 – 1718年) - 第6代サフォーク伯爵
  • エドワード(1672年 – 1731年) - 第8代サフォーク伯爵
  • チャールズ(1675年 – 1733年) - 第9代サフォーク伯爵

2人目の妻はメアリー・ロンクスウッド(Mary Ronkswood)という未亡人だった[2]

メアリー・ロンクスウッドは結婚直前にサー・クレメント・クラーク英語版とその息子タルボットの反射炉を用いた製錬事業に500ポンド投資したが、ロンクスウッドの夫ヘンリー・ハワード(当時はまだ爵位を継承していない)と投資パートナーの第4代グランディソン子爵英語版ジョージ・ヴィリアーズはクラークを疑っており、クラークの事業に対し訴訟を起こした。しかし、ヘンリー・ハワードがサフォーク伯爵の爵位と家族の遺産を継承すると、訴訟をとりやめ、クラークに有利な形で決着させたという[3]

1691年11月22日、アンブローズ・アップトン(Ambrose Upton)の娘メアリーと再婚した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1938.
  2. ^ P. W. King, 'Sir Clement Clerke and the adoption of coal in metallurgy' Transactions of Newcomen Society 73 (2001–2), pp. 26–27.
  3. ^ P. W. King, 'The cupola near Bristol: smelting lead with pitcoal' Somerset Archsaeology and Natural History 140 (1997), pp. 37–51.
イングランドの爵位
先代:
ジョージ・ハワード
サフォーク伯爵
1691年 – 1709年
次代:
ヘンリー・ハワード