メインメニューを開く

チャールズ・ハワード (第3代カーライル伯爵)

第3代カーライル伯爵チャールズ・ハワード英語: Charles Howard, 3rd Earl of Carlisle, PC, 1669年? - 1738年5月1日)は、イングランド及びイギリスの政治家、貴族。ホイッグ党に所属し、ステュアート朝末期からハノーヴァー朝初期にかけて第一大蔵卿を2度務めた(在職:1701年 - 1702年1715年)。

第3代カーライル伯爵
チャールズ・ハワード
Charles Howard
3rd Earl of Carlisle
Charles Howard, 3rd Earl of Carlisle by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg
生年月日 1669年
没年月日 1738年5月1日
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 イングランドサマセットバース
所属政党 ホイッグ党
称号 第3代カーライル伯爵枢密顧問官(PC)

在任期間 1701年12月30日 - 1702年5月6日
1715年5月 - 1715年10月
女王
国王
アン
ジョージ1世

庶民院議員
選挙区 モーペス選挙区英語版
在任期間 1689年 - 1692年

貴族院議員
在任期間 1692年4月23日 - 1738年5月1日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1669年[注釈 1]、後に第2代カーライル伯爵となるエドワード・ハワード英語版とその夫人エリザベス(旧姓ウウェデール)の長男として生まれる[2]

1689年[注釈 2]から貴族院へ移籍する1692年までモーペス選挙区英語版選出のホイッグ党所属の庶民院議員を務め[1][2]、1692年4月23日に父の死去によりカーライル伯爵位を継承し、貴族院へ移籍した[1][2]

1694年から1712年にかけてカンバーランド知事英語版ウェストモアランド知事英語版を務めた[1][2]1700年から1702年にかけて国王の寝室侍従(bedchamber)を務めた[1][2]。1701年12月から1702年5月まで第一大蔵卿を務める[1][2]。1701年から1706年にかけては紋章院総裁代理(deputy earl-marshal)を務めた[1][注釈 3]。1701年に枢密顧問官(PC)に列する[1]。1706年にはスコットランド合同コミッショナーを務める[1][2]。1715年5月から10月にかけて第一大蔵卿に再任された[1][2]。1715年から1722年にかけてはロンドン塔管理長官英語版を務め[1][2]1717年から1722年にかけてはタワー・ハムレット知事英語版を務めた[1]1723年から1730年にかけてウィンザー城管理長官及び総督英語版を務めた[1][2]。1730年にはハリアー犬・フォックスハウンド管理長官に就任[1][2]

1738年5月1日、バースで死去。居城のハワード城に葬られた[1]

爵位編集

家族編集

1688年にアン・チャペル(初代エセックス伯爵アーサー・チャペル英語版の娘)と結婚し、彼女との間に爵位を継承する長男ヘンリー英語版、軍人となる次男チャールズ英語版など2男3女を儲けた[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 英国人名事典によれば1674年生まれ[1]
  2. ^ 英国人名事典によれば1690年から庶民院議員となる[1]
  3. ^ 紋章の誤使用に関する民事法廷紋章院の裁判官である紋章院総裁ノーフォーク公爵ハワード家世襲職であるが、1673年審査法議会で制定されてカトリックは国政から締め出されたため、ノーフォーク公爵家が紋章院総裁の実務を執るのは困難となった。そのためノーフォーク公爵家のプロテスタントの分家であるサフォーク伯爵家とカーライル伯爵家が代理として職務を執るのが一般的になった[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q DNB
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Lundy, Darryl. “Charles Howard, 3rd Earl of Carlisle” (英語). thepeerage.com. 2014年11月19日閲覧。
  3. ^ 海保(1999) p.174

参考文献編集

  • 海保眞夫『イギリスの大貴族』平凡社平凡社新書020〉、1999年。ISBN 978-4582850208
  • "Howard, Charles (1674-1738)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
イングランド議会 (en
先代:
サー・ヘンリー・ピカリング准男爵英語版
シオフィラス・オーグルソープ英語版
モーペス選挙区英語版選出庶民院議員
1689年 - 1692年
同一選挙区同時当選者
ロジャー・フェンウィック英語版
次代:
ロジャー・フェンウィック英語版
ジョージ・ニコラス英語版
公職
先代:
初代ゴドルフィン男爵
  第一大蔵卿
1701年 - 1702年
次代:
初代ゴドルフィン伯爵
(大蔵卿英語版)
先代:
初代ハリファックス伯爵
  第一大蔵卿
1715年
次代:
ロバート・ウォルポール
宮廷職
先代:
新設
ハリアー犬・フォックスハウンド管理長官
1730年 - 1738年
次代:
初代ウォルポール男爵
名誉職
先代:
サー・ジョン・ロウザー英語版
カンバーランド知事英語版
ウェストモアランド知事英語版

1694年 - 1738年
次代:
第3代ロンズデール子爵英語版
先代:
初代ロンズデール子爵英語版
カンバーランド首席治安判事英語版
1700年 - 1714年
次代:
第6代サネット伯爵英語版
先代:
第6代サネット伯爵英語版
カンバーランド首席治安判事英語版
1715年 - 1738年
次代:
第3代ロンズデール子爵英語版
先代:
第4代ノーザンプトン伯爵英語版
ロンドン塔管理長官英語版
1715年 - 1722年
次代:
第7代リンカン伯爵英語版
先代:
ハットン・コプトン
タワー・ハムレット知事英語版
1717年 - 1722年
先代:
初代コバム子爵
ウィンザー城管理長官及び総督英語版
1723年 - 1730年
次代:
第2代セント・オールバンズ公爵英語版
イングランドの爵位
先代:
エドワード・ハワード英語版
  第3代カーライル伯爵
1692年 - 1738年
次代:
ヘンリー・ハワード英語版