メインメニューを開く

ヘンリー八世の私生活』(ヘンリーはっせいの私生活、英語原題:The Private Life of Henry VIII)は、アレクサンダー・コルダ監督・製作、チャールズ・ロートンロバート・ドーナットマール・オベロンエルザ・ランチェスター出演よる1933年のイギリス映画である。イングランド王ヘンリー8世の結婚に焦点を当てた内容であり、ラホス・ビロアーサー・ウィンペリス英語版が脚本を執筆し、コルダの会社であるロンドン・フィルム・プロダクションズ英語版が製作した。

ヘンリー八世の私生活
The Private Life of Henry VIII
Private-Life-Henry-VIII.jpg
監督 アレクサンダー・コルダ
脚本 ラホス・ビロ
アーサー・ウィンペリス英語版
製作 アレクサンダー・コルダ (クレジット無し)
ルドヴィコ・テプリッツ (クレジット無し)
出演者 チャールズ・ロートン
ビニー・バーンズ英語版
ロバート・ドーナット
音楽 クルト・シュレーダー
撮影 ジョルジュ・ペリナール英語版
編集 ステファン・ハリソン
製作会社 ロンドン・フィルム・プロダクションズ英語版
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 1933年8月17日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £65,000[1]
興行収入 £750,000[1]
テンプレートを表示

プロット編集

キャスト編集

評価編集

興行的に成功し、1933年の米国内成績は12位であった[2]

第6回アカデミー賞ではアカデミー作品賞主演男優賞チャールズ・ロートン)にノミネートされ、主演男優賞を獲得した。非アメリカ映画が受賞し、また作品賞にノミネートされるのは初めてのことであった。

ロートンは『フィルム・ウィークリー』読者の投票によりその年のイギリス映画最高の男優に選ばれた[3]

参考文献編集

  1. ^ a b “British Film Losses”. The Barrier Miner (Broken Hill, New South Wales: National Library of Australia): p. 3. (1936年2月8日). http://nla.gov.au/nla.news-article47923522 2012年8月4日閲覧。 
  2. ^ “Box Office Successes of 1933”. The West Australian (Perth: National Library of Australia): p. 3. (1934年4月13日). http://nla.gov.au/nla.news-article33001319 2012年7月9日閲覧。 
  3. ^ “Best Film Performance Last Year”. The Examiner (Launceston, Tasmania: National Library of Australia): p. 8. (1937年7月9日). http://nla.gov.au/nla.news-article52148556 2013年3月4日閲覧。 

外部リンク編集