ベアトリーチェ・ボロメオ

イタリア貴族、テレビ司会者

ベアトリーチェ・ボロメオ(Beatrice Borromeo Arese Taverna1985年8月18日-)は、イタリア貴族ボロメオ家英語版の一員であり、2015年、モナコ公子ピエール・カシラギと結婚し[1]、モネガスクの一員である。イタリアのメディアではジャーナリスト、テレビ番組の司会者モデルとして知られる。

ベアトリーチェ・ボロメオ
Beatrice Borromeo 2017.jpg
ベアトリーチェ・ボロメオ
国籍イタリアの旗 イタリア
出身校ボッコーニ大学(ミラノ) 法学士(2010年)
コロンビア大学ジャーナリズム大学院 修士号(2012年5月)
職業ジャーナリストモデル
配偶者モナコの旗モナコ公子ピエール・カシラギ(2015年 - 現在)
子供長男 ステファノ・カシラギ(Stefano Ercole Carlo)(2017年2月28日)
次男 フランチェスコ・カシラギ(2018年5月21日)
父親 カルロ・フェルディナンド・ボロメオ アロナ伯爵
母親 パオラ・マルツォット 伯爵夫人
モナコ公家
Great coat of arms of the house of Grimaldi.svg

アルベール2世
シャルレーヌ公妃


背景編集

彼女は、父親を通して、ローマカトリック教会枢機卿、ミラノの大司教、そして聖人となったカルロ・ボッロメーオ(1538–1584)と関係がある。一族は、現在、イタリアのボロメオ諸島のほとんどを、そしてイタリアのマッジョーレ湖、ミラノの街、ロンバルディア州ピエモンテに多くの不動産物件を所有している。

教育編集

彼女は、2004年にミラノで中等教育を終えた。ボロメオは2010年にはミラノのボッコーニ大学で法学士を取得し、コロンビア大学ジャーナリズム大学院で2012年5月にジャーナリズムの修士号の学位を受けた。

結婚編集

2008年よりモナコ公女カロリーヌ・ド・モナコの末っ子であるピエール・カシラギ公子(1987年 - 、大公位継承権第8位)との交際をし、二人は2015年7月25日にモナコで公式に結婚をし、結婚の宗教儀式をベッラ島で行った[1]。2017年2月28日には 長男のステファノ (Stefano Ercole Carlo) を出産する[2]。2018年5月21日には、次男のフランチェスコ (Francesco Carlo Albert)が生まれる。

紋章編集

ボロメオ家の紋章:「humylitas」という単語の様式化されたバージョン(ゴシック-「最小限」のスクリプトで書かれた)、子供を巻き込む蛇のヴィスコンティ、およびボロミアの指輪の小さなバージョンが含まれている。

称号編集

ベアトリーチェ・ボロメオは、ボロメオ家の一員であるが、両親が正式に結婚していないため、貴族の称号はない。

家系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. Emilio Borromeo
 
 
 
 
 
 
 
8. Gilberto Borromeo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. Elisabetta Borromeo-Arese
 
 
 
 
 
 
 
4. Vitaliano Borromeo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. Luigi Leonardi
 
 
 
 
 
 
 
9. Rosanna Leonardi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. Laura Rescalli
 
 
 
 
 
 
 
2. Carlo Borromeo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. Rinaldo Taverna
 
 
 
 
 
 
 
10. Lodovico Taverna
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. Lavinia Boncompagni-Ludovisi
 
 
 
 
 
 
 
5. Ita Taverna
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. Ferdinando Stanga-Trecco
 
 
 
 
 
 
 
11. Maria dei Marchesi Stanga-Trecco
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23. Ida Busca-Arconati
 
 
 
 
 
 
 
1. Beatrice Borromeo
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. Vittorio Emanuele Marzotto
 
 
 
 
 
 
 
12. Gaetano Marzotto
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. Maria Italia Garbin
 
 
 
 
 
 
 
6. Umberto Marzotto
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. Domenico Lampertico
 
 
 
 
 
 
 
13. Margherita Lampertico
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27. Elisa Porto Godi
 
 
 
 
 
 
 
3. Paola Marzotto
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14. Guerrino Vacondio
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. Marta Vacondio
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15. Alma Spadoni
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キャリア編集

ベアトリス・ボロメオはニューズウィークデイリー・ビーストに貢献している。さらに、2009年にIl Fatto Quotidiano新聞が発行されて以来、彼女はフルタイムのジャーナリストとして働いた。彼女はイタリアの数多くのテレビ番組に出演した。

出版物編集

  • Vauro Senesi, Travaglio Marco, Borromeo Beatrice, Italia Anno Zero, Chiarelettere, 2009, 978-8-861-90051-6.
  • la préface pour Birgit Hamer, Delitto senza castigo: La Vera Storia di Vittorio Emanuele di Savoia. (Aliberti, 2011).

脚注編集

外部リンク編集