メインメニューを開く

ステファニー・ド・モナコStéphanie de Monaco, 1965年2月1日 - )は、モナコの公女。レーニエ3世グレース・ケリーの次女で、兄にアルベール2世、姉にカロリーヌがいる。

ステファニー
Stéphanie
グリマルディ家英語版
Stéphanie van Monaco (1986).jpg
1986年
称号 モナコ公女
全名 Stéphanie Marie Élisabeth
ステファニー・マリー・エリザベート
出生 (1965-02-01) 1965年2月1日(54歳)
モナコの旗 モナコ、モナコ公宮
配偶者 ダニエル・デュクリュエ
  アダン・ロペス・ペレス
子女 ルイ
ポリーヌ
カミーユ
父親 レーニエ3世
母親 グレース・ケリー
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示
モナコ公家
Great coat of arms of the house of Grimaldi.svg

アルベール2世
シャルレーヌ公妃


人物編集

1965年2月1日にレーニエ3世大公グレース公妃の第3子としてモナコ公宮で生まれた。名前は先祖のステファニー・ド・ボアルネにちなんで付けられた。

1982年、17歳の時に母の運転する車に同乗中、転落事故に遭遇した。母は亡くなるが、ステファニーは一命を取り留めた。グレース妃ではなくステファニーが運転していたという噂も根強いが、2002年に英国の雑誌へのインタビューで否定している。

事故の翌年、退院してからクリスチャン・ディオールでインターンとして勤め、1986年にインターン仲間らと水着のブランドを立ち上げた。

母の死から3年後に、ロマーノ・ムスマッラのプロデュースで歌手としてデビューした。1986年のデビューシングルOuragan (邦題『恋はセンセーション』)はフランスで1位となり、100万枚のヒットとなった。この曲は日本で石井明美小田陽子がカバーしている。

1980年代にはフランスの俳優ジャン・ポール・ベルモンドの息子で元F1ドライバーのポール・ベルモンドアラン・ドロンナタリー・ドロンの息子のアンソニー、人気絶頂の頃のロブ・ロウなど、数々の男性との関係が報じられた。

1992年のマイケル・ジャクソンのシングル「イン・ザ・クローゼット」でコーラスとして共演した。


家族編集

1990年代にモナコ公室のボディーガードであったダニエル・デュクリュエ英語版との間に未婚のまま2子をもうけた。ダニエルとは1995年に結婚したが、翌年に離婚した。

1998年には未婚のまま第3子カミーユを出産した。カミーユの父親とはその後も結婚することはなく、非嫡出子のため、兄姉とは異なりモナコの公位継承権を持たない。

  • カミーユ・ゴットリーブ(Camille Marie Kelly Gottlieb, 1998年7月15日 - )

2003年にサーカス団員のアダン・ロペス・ペレス英語版と再婚したが、翌年に離婚している。

外部リンク編集