メインメニューを開く

ベトナム史略(Việt Nam sử lược、漢字表記:越南史略)はチャン・チョン・キムが1919年に著した歴史書。本書はクオックグーで書かれた最初の体系的なベトナム通史(仏領期以前を扱う)である。その記述は簡にして要を得つつも、蓄積があってしかも読みやすいと評価されている。1920年の初版以降、幾度も版を重ね、南ベトナムでは教科書として使われていたこともあった。

ベトナム史略
'Việt Nam sử lược
越南史略
初版本(1920年発行)第1巻の表紙
初版本(1920年発行)第1巻の表紙
著者 チャン・チョン・キム
発行日 1919年
発行元 中北新聞(Trung Bắc Tân Văn)
ジャンル 歴史
 ベトナム
言語 ベトナム語
コード NCID:BA55463260
Portal.svg ウィキポータル 書物
Portal.svg ウィキポータル 歴史
Portal.svg ウィキポータル 東南アジア
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

構成編集

本書はベトナムの歴史を5つの段階に区分している:

その他編集

キムによれば、本書に続く時代を扱った続巻を作る予定だったという。本書の後代の版にて以下のように述べている:

以前、本書に続く一書を書くつもりだったので多くの資料を収集した。不幸なことに丙戌年(1946年)の暮れに、ハノイで戦闘があって私の自宅が焼けて書籍も失われてしまい、諦めざるを得なかった。

—p.236註189[1]

出典編集

外部リンク編集