ベニーとジェッツ

ベニーとジェッツ」(Bennie and the Jets)は、エルトン・ジョンが1973年に発表した楽曲。「ベニーとジェッツ (やつらの演奏は最高)」と表記されることもある。翌1974年にアメリカでシングルカットされ、全米1位を記録した。

ベニーとジェッツ
エルトン・ジョンシングル
初出アルバム『黄昏のレンガ路
B面 ハーモニー
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 フランスエルヴィル城、ストロベリー・スタジオ(1973年5月)
ジャンル グラムロック
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗 MCAレコード
作詞・作曲 バーニー・トーピン(作詞)
エルトン・ジョン(作曲)
プロデュース ガス・ダッジョン
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「Bennie and the Jets」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

レコーディングは1973年5月、フランスエルヴィル城にあるストロベリー・スタジオで行われた。録音後、ジョンとバンドのメンバーは曲の仕上がりが平板で独創性に欠けていることに悩んだ。アルバムのミックスの段階で、プロデューサーのガス・ダッジョンは「ロンドンのプレイハウス劇場で演奏しているような」ライブ・サウンドにするアイデアを思い付く。リバーブがかけられ、観衆の拍手や口笛がオーバーダビングされた。同年10月発売の2枚組のアルバム『黄昏のレンガ路』に収録。

ジョンはヒットするはずなどないと考え、「ベニーとジェッツ」をシングルカットすることを頑なに拒んでいた。ところがカナダのウィンザーにあるラジオ局、CKLWが頻繁にかけ始め、デトロイトの市場ではついに1位となった。この動きを察知したアメリカのMCAレコードは1974年2月4日にシングルとして発売した。B面は「ハーモニー」[1]。同年4月13日付のビルボード・Hot 100の1位を記録し[2]、ビルボードのソウル・チャートではジョンにとって初めてのTop 40入りをもたらした(最高15位)。ゴールドディスクを獲得し、ビルボードの1974年の年間チャート9位を記録した。

多くのソウル・ファンの支持を得て、ジョンはアメリカのダンス音楽番組『ソウル・トレイン』1975年5月17日放送の回に出演し、本作品と「フィラデルフィア・フリーダム」を歌った。

カバー・バージョン編集

サンプリング編集

メアリー・J. ブライジの『メアリー』(Mary)からのシングル「ディープ・インサイド」(Deep Inside)に「ベニーとジェッツ」が取り入れられ、エルトン・ジョン自身もピアノ伴奏でフィーチャリング参加している。

グレゴリーポーターの「in fashion」にもサンプリングされている。

脚注編集

関連項目編集

先代
ブルー・スウェード
「ウガ・チャカ」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1974年4月13日(1週)
次代
MFSBザ・スリー・ディグリーズ
ソウル・トレインのテーマ