メインメニューを開く

来歴編集

1966年12月30日ニューヨークユダヤ系アメリカ人として生まれた。

1998年ドキュメンタリー映画The Cruise』で映画監督としてデビューした。2005年、高校からの友人であるダン・フッターマンが脚本を執筆し、同じく友人のフィリップ・シーモア・ホフマントルーマン・カポーティを演じた伝記映画カポーティ』を発表。批評家から高く評価され、アカデミー監督賞にノミネートされた。

2011年ブラッド・ピットを主演に起用し、マイケル・ルイスの小説『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』を映画化した『マネーボール』を発表。興行的な成功を収めた[1]2014年、『フォックスキャッチャー』が第67回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、監督賞を受賞した[2]

人物編集

テレビコマーシャルミュージックビデオも手がけている。兄弟にファッションモデル安美佳の夫で製作会社エンパイア エンターテイメントのセオドール・ミラーと同社のニューヨーク本社代表を務める起業家のJ・B・ミラーがいる[3]

監督作品編集

脚注編集

  1. ^ Moneyball”. Box Office Mojo. 2011年11月14日閲覧。
  2. ^ Le prix de la mise en scène a été attribué à Bennett Miller pour Foxcatcher”. Cannes. 2014年5月24日閲覧。
  3. ^ 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~”. 早稲田大学. 2012年12月13日閲覧。

外部リンク編集