天狗堂のベビーカステラ

ベビーカステラとは、ホットケーキカステラのような生地状に焼いたもので、いわゆる粉ものの一種である。専用の機械[1]を使って、楕円状の型に生地を流し込みふたをして数回反転して焼く。祭り的屋縁日でよく売られ、家庭ではたこ焼き器を使用して作られる事もある。人形焼無し「カステラ焼き」と同様で、餡を入れない物が主流となっている。なお、形状の似る駄菓子の「鈴カステラ」とは別物である[2]

関西で生まれたベビーカステラは戦後、露店商組合の早野会の商店が東京へ進出し、関東でもベビーカステラが認知されるようになった。一方、粉物文化のない東北地方ではベビーカステラよりもまんじゅうなどで馴染みがある大判焼きの方が主流なため、現在でもベビーカステラ自体を知らない人が多くいる。

関西兵庫県では地域ごとにオリジナル名が数多く存在し[3][4]、中でも明石市周辺や淡路島では表面だけ焼いて中は半熟の状態で供されることもある。他に、三重県ではピーピー焼き、東京ケーキ、チンチン焼、松露焼き、福玉焼き、玉子焼き、ピンス焼き、コンチネンタルカステラ、ドラちゃんカステラなど、非常に多くの名称が存在する[3][4]。移動販売によるFCなど、販売店の形態も様々である。

老舗「三島屋」の大将
「三島屋」のベビーカステラの屋台

ベビーカステラの有名所編集

その他類似店編集

 
正福屋 小樽本店

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1][2]を参照
  2. ^ 表面の焦げ目が均一なベビーカステラと違い、鈴カステラは焦げ目が半面のみにつけられのような外見になる。味付けや販売形態も異なる。
  3. ^ a b 中が“トロトロ”のベビーカステラが主流の町 Excite bit 2010年3月24日
  4. ^ a b はてな?探偵団 ベビーカステラの名は? 神戸新聞 2007年10月3日

関連項目編集