ベルベット

パイル織物の一種

ベルベット: velvet)は、タテ糸パイルの比較的毛足の長いパイル織物の一種[1]。平織または綾織の2枚の織物をたて糸によってパイル糸とともに織り込み、それを2枚に切り分けて製造される[2]。高密度に繊維が揃い繊維の末端周辺に特有の肌触りを持つ[2]

シルクのベルベット(ウィリアム・モリスデザイン)
ベルベットの裁断の図解。二枚生地の間の糸を裁断する。

英語でベルベット、ポルトガル語でビロードポルトガル語: veludoスペイン語: velludo)、フランス語でベロア、和名で天鵞絨てんがじゅうとも呼ばれる[1]

特徴編集

13世紀にイタリアのベルッティが編み出した生地[1]でベルットと呼ばれた。柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特長で、フォーマル・ドレスカーテンに用いられる。レーヨンが一般的。縫いずれし易く、きれいに縫製するには高度な技術が必要である。

ベッチン(別珍、英語名:ベルベッティーン)と見た目では区別がつきづらく混同され易い[1]。どちらも製品としては見た目はよく似ているが、製法に違いがある。ベルベットがタテ糸パイルの比較的毛足の長いパイル織物であるのに対し、ベッチンは比較的毛足の短いパイル織物である[1]

日本にはポルトガルからもたらされ、16世紀の戦国武将の帽子や外套にベルベット製のものがある[1]。ポルトガル語のveludoの日本語読みでビロードと称された[1]。また、和名は天鵞絨で天鵞は白鳥の意味である[1]。伝来した当初は絹製の白い生地を指していたため、ビロードは特にシルク製のベルベットのことをいうこともある[1]

生地としての利用の他、レコード拭きに利用された。特に日本では国会の椅子、皇室の馬車などはすべて和歌山県橋本市で作られたシルク製のジャガードベルベットが用いられている。これはベルベットのパイルがない部分に模様を織り出している紋ベルベットの一種で、金糸と銀糸を使っている場合特に金華山織りと称して区別する。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i ベルベットと別珍(べっちん)とは違うもの・・・”. 一般財団法人ニッセンケン品質評価センター. 2019年12月31日閲覧。
  2. ^ a b 今村朋洋、西海豊彦、青木幸一「ベルベット織物を用いた炭素電極研磨」」福井大学大学院工学研究科 2021年2月24日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集