ベルンハルト・ハイデン

ベルンハルト・ハイデンBernhard Heiden、バーナード・ハイデン、1910年8月24日 - 2000年4月30日)は、アメリカ合衆国に移住したドイツ作曲家

生涯編集

フランクフルト・アム・マイン出身。早くから音楽に興味を示し、6歳の時に最初の作品を作曲した。その後本格的に音楽理論ピアノクラリネットヴァイオリンを学ぶ。1929年、19歳でベルリン音楽大学に入学し、作曲パウル・ヒンデミットに師事した。大学の最終学年ではメンデルスゾーン賞を受賞した。1935年ナチスから逃れるためデトロイトに移住し、8年にわたってアートセンター音楽学校で教鞭をとった。その間、デトロイト室内オーケストラで指揮活動も行っている。1941年にアメリカに帰化し、1943年軍楽隊に入隊した。第二次世界大戦終了後、コーネル大学に入り、2年後に修士号を得た。その後インディアナ大学の教員となり、1974年まで作曲の教授を務めた。その後も2000年に89歳で死去するまで作曲活動を続けた。

作品には2つの交響曲バレエオペラ歌曲管楽器弦楽器のための室内楽曲、独奏楽器とピアノのための作品などがある。