軍楽隊

軍隊の行進曲を演奏する楽団

軍楽隊(ぐんがくたい) とは、軍隊に属する音楽隊。 吹奏楽団の形態の一つであり、主に国内外の要人の御前や国家の行事、軍隊の式典等で演奏活動を行う音楽集団である。 吹奏楽の直接的なルーツを持つ。

フランス第1帝政時代の軍楽隊のイラスト(Musique militaire sous le 1er Empire)
ドイツ帝国擲弾兵第1《王太子》連隊軍楽隊(1910年)(Musikkorps Rgt.“Kronprinz”, 1910)
アメリカ海兵隊軍楽隊(2019年)(United States Marine Band, 2019)
スウェーデン王立海軍軍楽隊(2014年)(Marinens musikkår, 2014)

概要編集

野外で演奏されることが多く、大きな音量を必要とするため歴史的に管楽器群打楽器群から成る吹奏楽の編成が採られることが多い。概ね第一次世界大戦以降は戦闘ドクトリンの進化や無線通信の普及によって、ビューグル(喇叭)とともに戦場での音楽による情報伝達任務は廃れたものの、パレード観兵式・閲兵式・観閲式)や栄誉礼などの式典や行事における演奏任務、将兵の慰安や士気昂揚のための音楽演奏(軍歌・軍楽や行進曲を主体にジャンルは多彩にわたる)では今なお現役である。なお軍隊内にジャズ・バンドロック・バンド合唱団が置かれることもある。

他方、戦時平時を問わず大衆的な音楽演奏の役割を担ったため、民間にも管打楽器編成の音楽隊が結成された。特に、アメリカでは軍の活動であっても民間の団体に演奏を委ねることが多く、またイギリスでは労働者階級に広がった金管バンド(brass band)との区別もあって、ミリタリー・バンド(military band)の語を、軍隊に属していない民間の吹奏楽団に対しても用いることがある。本項では軍に属する狭義の意味での軍楽隊、特に日本の軍楽隊について詳述する。民間の音楽隊については吹奏楽を参照。

日本軍編集

日本の軍楽隊ならびに日本の吹奏楽の歴史は、明治2年9月、薩摩藩の青年30人が横浜に駐屯していたイギリス陸軍歩兵軍楽隊(楽長はジョン・ウィリアム・フェントン)について軍楽を修習したことに始まる(薩摩バンド)。1871年(明治4年)、陸海軍(日本軍)の制度が成立すると、この30人が陸軍海軍に別属させられ軍楽隊が発足した。翌1872年10月14日(明治5年9月12日)の鉄道開業式では早くも伶人とともに公の場での演奏を行っており[1]明治期には鹿鳴館での奏楽なども担当した。旧暦9月に陸軍軍楽隊は軍楽志望者を教導団にあつめ、ダクロンからフランス式軍楽を学ばせた[2]。1881年夏、陸軍軍楽隊は、横浜山手公園でダクロン指揮で公開演奏した[3]。 1874年12月13日、宮内省式部寮雅楽課伶人が、海軍軍楽隊軍楽長中村祐庸を招聘し洋楽を伝習する[4]

陸軍においては兵学寮のフランス式喇叭と合同され、1873年(明治6年)、鎌倉における天覧野外演習にさいして喇叭教官としての雇教師ギュスターブ・シャルル・ダグロン第二次フランス軍事顧問団の一員)の指揮により、明治天皇のもとで御前演奏を行った。これが軍楽隊の御前演奏の最初である。1875年(明治8年)、軍楽隊に関する条例が制定され、官等級も他の兵科部に準じて規定された。1877年(明治10年)、西南戦争では討伐軍団に属し従軍。これに先立って1873年、岡崎城下にあった徳川の旧臣の二男三男のなかから軍楽隊が召募され、その翌年からは毎年、地方から新兵が召募された。1880年(明治13年)、総員は2隊に分けられ、第一軍楽隊および第二軍楽隊がそれぞれ設けられ、第一軍楽隊が馬場先門外に、第二軍楽隊が和田倉門外にそれぞれ置かれた。

1882年1月、海軍軍楽隊志願者を一般から募集し、瀬戸口藤吉ほか14名を採用した[5]。7月、陸軍通訳官古矢弘政・一等楽手工藤貞次がフランスに留学した(パリ音楽院で学び、1888年9月帰国とともに陸軍軍楽隊教官となった)[6]

1884年(明治17年)、フランス軍楽隊長シャルル・ルルーが聘され軍楽隊は革新された。1888年(明治21年)、両隊に卒業生が加えられて3分され、ひとつは基本隊とされ陸軍教導団に、ひとつは近衛鎮台(のち近衛師団軍楽隊)に、ひとつは大阪鎮台(のち第4師団軍楽隊)にそれぞれ置かれた。なお1891年(明治24年)、陸軍教導団にあった軍楽基本隊は陸軍戸山学校に移転し、のちの陸軍戸山学校軍楽隊となる。1890年(明治23年)、ルルーが帰国し、翌1891年にドイツのフランツ・フォン・エッケルトが聘されドイツ軍楽が研究された。日清戦争には3個隊の軍楽隊が従軍した。1900年(明治33年)、義和団の乱では日本軍楽隊は北京に駐屯し、各国軍楽隊とともに国際的演奏を行っている。日露戦争にも各軍楽隊は従軍し、戦後、朝鮮および旅順に駐箚軍楽隊が設置された。1910年(明治43年)、ロンドンにおける日英博覧会には、永井建子戸山学校軍楽隊々長以下、戸山学校軍楽隊員・各師団軍楽隊員・戸山学校軍楽生徒らから選抜された35名からなる代表軍楽隊が、フランス経由でイギリスに赴き国際的演奏を行い5か月間滞在した。

1912年大正元年)11月、第3師団軍楽隊が名古屋に設置された。1918年(大正7年)のシベリア出兵にさいしては陸軍戸山学校軍楽隊、近衛師団軍楽隊、第3師団軍楽隊および第4師団軍楽隊から2隊の臨時軍楽隊が編成され従軍。しかしその一方で、1915年(大正4年)には旅順および朝鮮駐箚軍楽隊が、1922年(大正11年)には第3師団軍楽隊および翌1923年(大正12年)には近衛および第4師団軍楽隊が山梨軍縮により廃止され、戸山学校軍楽隊のみとなった。当時、戸山学校軍楽隊は定員135名、毎年10名の軍楽生徒が採用され、軍楽生徒は満16年から20年までの志願者が入校し教育を受けていた。

陸軍編集

 
1913年(大正2年)、明治45年制式の軍楽部軍衣を着用した軍楽下士官ないし兵(手前左端、チューバ奏者)。桂太郎陸軍大将の葬儀における姿

陸軍では主に軍楽隊の総本山であった陸軍戸山学校で軍楽教育が行われ(軍楽生徒)、ここで組織された軍楽隊を陸軍戸山学校軍楽隊(名称は何度も改称されており、これは8個目となる)と称する。なお、1937年(昭和12年)に陸軍戸山学校軍楽隊は陸軍軍楽隊に改称されているものの、旧称である「陸軍戸山学校軍楽隊」は内外で引き続き使用されている[7]

抜刀隊」・「扶桑歌」・「陸軍分列行進曲(分列行進曲・観兵式分列行進曲)」を作曲したシャルル・ルルーがフランス人であり、また帝国陸軍は一貫してフランス軍ドイツ軍に倣っていた事もあり、初期の主要軍楽隊員はフランス・ドイツに留学する事が慣習であった。技量優秀な者は東京音楽学校に特修生として派遣され、より高度な教育を受けることが出来た。後に中止されるものの、吹奏楽のみならず弦楽器に関する教育も行われており、ワーグナーシューベルト交響曲などもレパートリーとしていた。陸軍の軍楽隊という性格から戸山学校では乗馬しての馬上演奏の教育もされていた。太平洋戦争中は陸軍戸山学校などから隊員を捻出したり、各軍楽隊を統合するなどし、関東軍支那派遣軍南方軍といった総軍に軍楽隊を増設している。

演奏のみならず、部隊歌といった軍歌・軍楽の作曲や、行進曲への編曲活動も盛んに行われており、著名なものとしては1921年(大正10年)[8]当時の陸軍戸山学校軍楽隊が作曲した「陸軍士官学校校歌」や、1940年(昭和15年)当時の南支那方面軍軍楽隊が作曲した「飛行第64戦隊歌(加藤隼戦闘隊・加藤部隊歌)」などがある。また、陸軍軍楽隊(陸軍戸山学校軍楽隊)には軍楽隊員の中から臨時的に編成される合唱団の存在があり、演奏ともども多くのレコードに歌を吹き込んでいる。

1944年(昭和19年)11月には、中国戦線にて陸軍軍楽少尉の指導のもと速成される軍楽隊をコミカルに描いた映画野戦軍楽隊』(松竹映画、監督マキノ正博、主演佐分利信上原謙佐野周二李香蘭)が完成・公開された。

敗戦による陸軍解散後、陸軍軍楽隊(陸軍戸山学校軍楽隊)は禁衛府皇宮衛士総隊奏楽隊となり、禁衛府廃止後はNHKに合流しNHK吹奏楽団となったが短命に終わった。しかしながら、一部の軍楽隊員自体は日本交響楽団(のちNHK交響楽団・N響)等に合流、中でも山口常光元陸軍軍楽隊長(元皇宮衛士総隊奏楽隊長)は警視庁音楽隊創設に参画し初代隊長に就任、須摩洋朔元南方軍軍楽隊長らは警察予備隊音楽隊、保安隊音楽隊を経た陸上自衛隊音楽隊創設に参画し、須摩は陸上自衛隊中央音楽隊初代隊長に就任している。また、航空自衛隊音楽隊創設にも多くの元軍楽隊員が参画しており、航空自衛隊航空中央音楽隊長は初代(松本秀喜)から第4代(斎藤高順元陸軍軍楽上等兵)に至るまで、元陸軍軍楽隊出身者が務めている(また、松本と斎藤は退官後に警視庁音楽隊々長に就任)。

なお、1923年に軍縮によって廃止された第4師団軍楽隊は、同年に元軍楽隊員有志によって大阪市音楽隊(のち大阪市音楽団、現Osaka Shion Wind Orchestra)に改組されている。

出身者で「戸楽会(とがくかい)」が結成されている。

海軍編集

 
1937年、南京攻略戦後、南京市内中山路を行進する海軍軍楽隊

海軍では鎮守府に軍楽隊を置くことが決められており、横須賀海兵団軍楽隊から隊員を派遣する形をとっていた。またこれとは別に、横須賀海兵団東京分遣隊が海軍軍楽隊の総本山であった。軍縮時代には舞鶴鎮守府が一旦閉鎖となり、軍楽隊も引き上げられたが、再度鎮守府が置かれた際に再び設置されている。練習艦隊や行事等で海外に派遣される軍艦には、選抜された隊員で組織された軍楽隊が乗り組み、諸外国を歴訪した。技量優秀な者は東京音楽学校に特修生として派遣され、より高度な教育を受けることが出来た。海軍においても吹奏楽のみならず、弦楽器に関する教育も行われ太平洋戦争敗戦まで教育が続けられ、ベートーヴェンの交響曲などもレパートリーにしていた。

敗戦による海軍解散後、横須賀海兵団東京分遣隊は山田耕筰らが中心となって組織された東京都音楽団に合流したが短命に終わった。この他、内藤清五元海軍軍楽少佐らが東京都吹奏楽団に合流し東京消防庁音楽隊創設に参画、また一部の軍楽隊員は海上自衛隊音楽隊創設に参画し、陸軍と同様に一部の軍楽隊員は日本交響楽団(のちNHK交響楽団・N響)等に合流している。

出身者で「楽水会(がくすいかい)」が結成されている。

終戦時の主な軍楽隊編集

 
1944年(昭和19年)3月10日、陸軍記念日の式典において演奏中の陸軍戸山学校軍楽隊(右中央)

陸軍編集

南方軍軍楽隊は1944年10月、南方軍総司令部のマニラからサイゴンへの移転同行中、洋上で乗船が撃沈され隊長大沼哲少佐以下隊員25名が戦死したため後に再編されている(フィリピン防衛戦)。第29軍軍楽隊は日本人は隊長のみであり、残りは現地採用の楽器が使えるインド人や中国人などで編成されていた。

海軍編集

南西方面艦隊司令部附軍楽隊は総員の3分の2が戦死・戦病死して生存者は隊長を含む11名のみであった(フィリピン防衛戦)。

階級編集

 
1943年頃、南方軍軍楽隊長大沼哲陸軍軍楽少佐

終戦時の陸軍軍楽部・海軍軍楽科の階級は次の通り。

陸軍軍楽部編集

海軍軍楽科編集

著名な軍楽隊出身者編集

 
陸軍戸山学校軍楽隊長永井建子陸軍二等軍楽長(中尉相当官)

陸軍編集

斎藤・團・芥川・奥村らが陸軍戸山学校に軍楽生徒として入隊したのには、次のようなエピソードがある。大戦後期、東京音楽学校関係者が陸軍戸山学校軍楽隊長山口常光陸軍軍楽少佐の元を訪れ、「学徒動員で狩り出されるなら、むしろ音楽技術を以って戦争協力させたい」と申し入れ、山口が承諾して戸山学校に昭和19年軍楽生徒として入隊したのである。結果的に最後の卒業生となり、芥川が総代を務めた。

海軍編集

自衛隊編集

 
陸上自衛隊中央音楽隊
 
自衛隊音楽まつり(2013年)

陸海軍解体後、新たに発足した自衛隊音楽隊を置いた。各音楽隊は自衛隊の内外の式典で演奏を行うほか、自衛隊の広報活動の一環として、自衛隊音楽まつりや各隊の演奏会、さらに地域のイベント等で一般向けに演奏を行っている。

陸上自衛隊では、中央音楽隊朝霞)のほか、各方面隊各師団・旅団に音楽隊が置かれている。特に中央音楽隊は陸自のみならず陸海空の三自衛隊を代表する音楽隊として国賓等に対する栄誉礼の奏楽を担当し、また演奏活動の他に陸上自衛隊音楽隊員の教育を行っている。

海上自衛隊では、東京音楽隊世田谷)のほか、大湊舞鶴横須賀佐世保の各地方隊に音楽隊が置かれている。東京音楽隊では演奏活動の他に海上自衛隊音楽隊員の教育も行われる。

航空自衛隊では、航空中央音楽隊立川)のほか、北部三沢)・中部浜松)・西部春日)・南西那覇)の各航空方面隊に音楽隊が置かれている。

海上保安庁の音楽隊員や多くの警察消防音楽隊員が音楽隊以外の主業務を持つ(兼務隊)のに対して、自衛隊の音楽隊員はすべて音楽隊専属として採用されている(専務隊)。ただし楽器の搬入などの付随する作業の他、自衛官としての体力錬成や戦闘訓練、さらに隊内の事務作業や駐屯地の警衛なども行うため、勤務時間のすべてを演奏活動に充てるわけではない。なお、音楽科部隊は有事の際には警務科部隊の支援を実施する。

このほか、自衛隊の駐屯地基地の中には、音楽科以外の隊員が同好会的な音楽部・太鼓部を構成しているところもあり、一般公開時に演奏を行っている。

世界の軍楽隊編集

 
イギリス王立海兵隊軍楽隊(Band of Her Majesty’s Royal Marines)
 
オーストリア連邦軍ウィーン親衛大隊軍楽隊(2013年)(Gardemusik Wien, 2013)
 
デンマーク王立近衛軍楽隊(Den Kongelige Livgarde Musikkorps)
 
スウェーデン王立陸軍軍楽隊(2012年)(Arméns Musikkår, 2012)
 
オランダ王立海軍軍楽隊(2012年)(Marinierskapel der Koninklijke Marine, 2012)
 
ベルギー王立海軍軍楽隊(Musique Royale De La Marine De Belgique)

世界の著名な軍楽隊編集

イギリス編集

アメリカ編集

ドイツ編集

オーストリア編集

フランス編集

オランダ編集

ベルギー編集

デンマーク編集

スウェーデン編集

ノルウェー編集

ロシア編集

オーストラリア編集

その他の国編集

  • オスマン帝国軍楽隊 - 彼らが用いた"トルコ・クレセント" (Turkish crescentは、ドイツでは“シェレンバウム”(Schellenbaum,“鈴の木”の意)、ロシアでは“ブンチュク”(Buchuk)、フランスでは"シャポー・シノワ"(Chapeau chinois“中国の傘”の意)等の呼び名で、主にヨーロッパの軍楽隊のシンボルとして広く普及している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 太政官日誌75号
  2. ^ 明治音楽史考 遠藤宏
  3. ^ 明治音楽史考 遠藤宏
  4. ^ 本邦洋楽変遷史 三浦俊三郎
  5. ^ 近世帝国海軍史要 海軍有終会刊
  6. ^ 明治音楽史考 遠藤宏
  7. ^ 日本放送協会志村正順アナウンサー)による出陣学徒壮行会1943年(昭和18年)10月21日於東京)の実況放送等。
  8. ^ 1923年(大正12年)改訂。

参考文献編集

  • 山口常光『陸軍軍楽隊史〜吹奏楽物語り〜』三青社、1968年。
  • 楽水会『海軍軍楽隊 日本洋楽史の原典』国書刊行会、1984年。
  • 針尾玄三・常数英男『海軍軍楽隊 花も嵐も・・・・・・』近代消防社、2000年。
  • 谷村政次郎「行進曲『軍艦』百年の航跡」大村書店、2000年、ISBN 4-7563-3012-6

関連項目編集

外部リンク編集