メインメニューを開く

ベル 427

Bell-427.JPG

ベル 427(Bell 427)はベル・ヘリコプターとサムスン航空産業(現・韓国航空宇宙産業)が開発した軽量双発多目的ヘリコプター。ベル 407をベースに開発され、現在は発展型のベル 429に生産は移行している。

開発編集

ベルは、成功したベル206シリーズの発展型の開発を幾度か試みたが、1980年代半ばのベル 400ベル 440は開発中止となり、1990年代初期のベル206LTは限られた生産機数に終わった[1]。206LTを代替するために、ベル 407アリソン250-C22Bエンジンを双発で搭載するベル407Tが計画され、開発は比較的簡単に進むと考えられたが、ベルは407Tの積載量、航続距離が十分ではないと結論付け計画は中止された[2]

ベルは、韓国サムスン航空産業と提携して新たな軽量双発ヘリコプターの開発を開始、1996年2月、ダラスで開催されたヘリエキスポでモデル427として発表した。ベル427は完全にコンピュータ上で設計された同社初の航空機であった[2]。ベル427は、1997年12月11日に初飛行し、1999年11月19日にカナダ運輸省航空局(TCCA)から、2000年1月に連邦航空局(FAA)から型式証明を取得した。2000年5月には、FAAからパイロット2名乗務での計器飛行方式(IFR)での運航が認められた。

ベル427の飛行システムはテキサス州フォートワースで、胴体とテールブームはサムスン航空産業(現在は韓国航空宇宙産業(KAI))によって韓国慶尚南道泗川市の工場で生産されている。最終組み立ては、ケベック州ミラベルのベルの施設で行われている[2]。量産初号機は2000年1月に顧客に引き渡された[3]

2004年に、ベルはKAIと三井物産エアロスペースと提携して開発するベル427iを提案した。KAIは胴体、キャビン配線、燃料システムの開発および生産、三井物産エアロスペースが資金調達を担当した[4][5]。ベル427iは、パイロット1名乗務での計器飛行方式による運航を可能とするため、新しいグラスコックピットとナビゲーションシステムを装備する計画で、胴体は再設計されて0.36メートル(1フィート2インチ)延長、エンジンとトランスミッションは強化され、最大離陸重量が増加する予定だった。しかし、427iの開発は中止され、計画はベル 429に移行した[6]。開発中止の時点で427iは80機を受注していたが、2005年2月にベル429に振り替えられた[7]。ベル429の開発は計画より遅れたものの、2007年2月27日に初飛行し、2009年から量産機の引き渡しが開始された。2008年1月24日、ベルは正式にベル427の生産終了を発表した。2010年まで受注済みの機体を生産後、ラインは閉鎖され生産が終了した[8]

設計編集

 
ベル427のコクピット

ベル427は、FADEC付のプラット・アンド・ホイットニー・カナダPW207Dターボシャフトエンジンを双発で搭載する。ベル407と同様に、リジット型の4ブレードのメインローター、複合ロータハブ、2ブレードのテールローターで構成される[2]

ベル427のキャビンはベル407より32センチ(13インチ)延長され、主に複合構造で構成される。キャビンは206シリーズから存在した屋根ビームが取り除かれ、スペースが拡大した。オプションでスライドドアを装備可能である。ベル427の座席は2-3-3配置でパイロットを含む8名が搭乗できる。航空救急向けの仕様では、ストレッチャー2台と医療従事者2名を搭載することが可能である[2]

運用者編集

諸元編集

出典: ベル・ヘリコプター[12][13] International Directory of Civil Aircraft,[2] Aerospace-Technology[14]

諸元

性能

  • 最大速度: 259 km/h (140 knots, 161 mph)
  • 巡航速度: 256 km/h (138 knots, 159 mph)
  • 航続距離: 730 km (453 mi) 394 nmi
  • 実用上昇限度: 3,048 m (10,000 ft)
  • 上昇率: 10.16 m/s (2,000 ft/min)


  使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Frawley, Gerard. The International Directory of Civil Aircraft, 2003-2004, p. 43. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7.
  2. ^ a b c d e f Frawley, Gerard. The International Directory of Civil Aircraft, 2003-2004, p. 47. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7.
  3. ^ Bell 427 page Archived 2007年6月16日, at the Wayback Machine.. Flug Revue, March 21, 2001.
  4. ^ "Bell Developing 427i with KAI" Archived 2007年9月28日, at the Wayback Machine.. vtol.org, July 2004.
  5. ^ Healey, Andrew. "Bell’s new 427i promises much more than just IFR" Archived 2011年6月16日, at the Wayback Machine.. Aviation International News online, September 1, 2004.
  6. ^ Jane's All the World's Aircraft, Jane's Information Group, 2009. subscription article, dated April 17, 2009.
  7. ^ "HeliExpo '05: All Bell 427i Customers Convert to New Bell 429". aero-news.net, February 7, 2005
  8. ^ "Bell Streamlines Product Line to Better Align with Customer Demands" Archived 2010年12月30日, at the Wayback Machine.. Bell Helicopter, 24 January 2008.
  9. ^ Bell 427. Nuevo Helicóptero para la Policía de Entre Rios”. aeroforo.com. 2013年2月2日閲覧。
  10. ^ Policia de la Provincia de Entre Rios Bell 427”. Demand media. 2013年2月2日閲覧。
  11. ^ Alfa Heli fleet”. alfahelicopter.cz. 2013年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月2日閲覧。
  12. ^ Bell 427 specifications Archived 2009年10月1日, at the Wayback Machine.. Bell Helicopter
  13. ^ Bell 427 Product specifications Archived 2008年11月18日, at the Wayback Machine.. Bell Helicopter, January 2006.
  14. ^ Bell 427 Multipurpose Utility Helicopter, USA. Aerospace-Technology.

外部リンク編集