ベングト・エドレン

ベングト・エドレン(Bengt Edlén, 1906年11月2日 - 1993年2月10日)はスウェーデンの天文学者。分光学の分野で功績があった。

ベングト・エドレン
Bengt Edlén
Bengt Edlén and king.jpg
国王とエドレン(右)
生誕 1906年11月2日
 スウェーデン,Gusum
死没 1993年2月10日
 スウェーデン,ルンド
国籍  スウェーデン
研究分野 天文学
主な業績 太陽のスペクトル研究
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル (1945)、ヘンリー・ドレイパー・メダル (1968)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

ウプサラ大学で学び、1834年に周期表の初めのほうの原子のスペクトルとエネルギーに関する研究で博士号を得た[1]。1944年から1973年までルンド大学の教授を務めた。

1860年代の日食観測時に太陽コロナから未知のスペクトル線が観測され、コロニウムen:Coroniumと名付けられた元素があるとも考えられていたが、1930年代にエドレンはヴァルター・グロートリアン(en:Walter Grotrian)とともに、太陽コロナの高温によって電子の半分以上が失われた鉄のイオンのスペクトルであることを解明した[2]ウォルフ・ライエ星のスペクトル研究にも功績があった[3][4]

1945年に王立天文学会ゴールドメダル、1968年にヘンリー・ドレイパー・メダルを受賞した。

参考文献編集

  1. ^ Forkman, Bengt, ed (2016) (Swedish). Fysik i Lund: i tid och rum. Lund: Fysiska institutionen i samarbete med Gidlunds förlag. pp. 84. ISBN 9789178449729 
  2. ^ Litzén, Ulf (2015) (Swedish). Fysik i Lund under 300 år. Lund: Lunds universitetshistoriska sällskap. pp. 126–127. ISBN 9789175453200 
  3. ^ Beals, C. S. (1933). “Classification and temperatures of Wolf-Rayet stars”. The Observatory 56: 196–197. Bibcode1933Obs....56..196B. 
  4. ^ Swings, P. (1942). “The Spectra of Wolf-Rayet Stars and Related Objects”. Astrophysical Journal 95: 112–133. Bibcode1942ApJ....95..112S. doi:10.1086/144379. http://orbi.ulg.ac.be/handle/2268/72172.