メインメニューを開く

ベン・ジョンソン (詩人)

ベン・ジョンソンBen Jonson, 1572年6月11日 - 1637年8月6日)は、17世紀イギリス劇作家詩人で、シェイクスピアと同時代人。1616年桂冠詩人になった。

ベン・ジョンソン
Ben Jonson
Benjamin Jonson by Abraham van Blyenberch retouched.jpg
誕生 1572年6月11日
ロンドンウェストミンスター
死没 1637年8月6日
ロンドン、ウェストミンスター
職業 劇作家詩人
国籍 イングランドの旗 イングランド
代表作 「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロンドンに生まれ、ウェストミンスター文法学校に学び、そこで古典についての学殖の基礎を身につけた。代表作に「錬金術師」「エピシーン」「ヴォルポーネ」などがある。「言葉は人を最もよく表す。だから何か言いたまえ、そうすれば君がわかるだろう」という言葉を残した。「錬金術師」は、ハーバード・クラシクスの第47巻に収められている。

シェイクスピアの追悼文を書いていることでも知られる。

邦訳編集

  • 『新聞商会』上野精一訳 角川文庫 1967
  • 「ヴォルポーネ又の名古狐」世界文学大系古典劇集 三神勲訳 筑摩書房 1975
  • 『錬金術師』エリザベス朝戯曲名作選 大場建治訳 南雲堂 1975
  • 『エピシーンまたの名無口な妻』エリザベス朝喜劇10選 岡崎涼子訳 早稲田大学出版部 1990
  • 『ヴォルポーネ・錬金術師 エリザベス朝演劇集』小田島雄志訳 白水社 1996

関連項目編集

外部リンク編集