ペスター

ウルトラシリーズの登場キャラクター(ウルトラ怪獣)

ペスターとは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』および『ウルトラマンパワード』に登場する架空の怪獣の名前である。別名は油獣ゆじゅう[1][2][3][4][5][6][7][8][注釈 1]。英字表記はPESTER[1][10]PESTAR[4][11]など。

ペスター
ウルトラシリーズのキャラクター
初登場ウルトラマン』第13話
作者 成田亨(デザイン)
テンプレートを表示

『ウルトラマン』に登場するペスター編集

諸元
ペスター
PESTER[1][10]
PESTAR[4][11][注釈 2]
別名 油獣
身長 50m[1][9][2][3][4][5][6][12][7]
体重 2万5000t[1][9][2][3][4][5][6][12][7]
出身地 海底[12][7][注釈 3]

ウルトラマン』第13話「オイルSOS」に登場。

ヒトデが横に連結したような形態の怪獣で、身体の中心にコウモリに似た顔を有する。オイルを主食としており、口から火炎熱線を吐[注釈 4]

中近東油田タンカーを襲うが、科学特捜隊中近東支部に警戒されて日本まで逃げ延び、東京湾から出現する。その後も次々と油田やタンカーを襲い、タンクローリーを襲撃した際に酔っ払いに目撃され、通報を受けた科特隊にオイルでおびき出されて海上で攻撃されるが、生き延びて日本への上陸を果たす。コンビナートを火炎で破壊した後、腹部にビートルのロケット弾を受けて炎の中に倒れる。ウルトラマンが消火のために現れると倒れたまま息を吹き返し、ウルトラマンの背後から火炎を浴びせて多少のダメージを与えるものの、すぐさまスペシウム光線で止めを刺される。コンビナートの大火災は、ウルトラマンのウルトラ水流によって消火される。

  • スーツアクター:荒垣輝雄清野幸弘[2][6]
  • 準備稿・決定稿の両方で、ペスターはビートルのロケット弾攻撃によって木端微塵に破壊されており、ウルトラマンは製油所の消火作業に終始している[14]
  • 名前の由来は「Petroleum(ペトロリウム、石油)Starfish(スターフィッシュ、ヒトデ)」の略[15]
  • 着ぐるみは第12話に登場したドドンゴに続く、2人で着込んで操演するタイプである[5][16]。口の開閉はマペット方式によって表現されている[17]
  • 『ウルトラ怪獣列伝』では、ヒトデが海洋汚染物質や石油などを浴びたことによって怪獣化したものと推測している[5]
  • デザインは成田亨[16]。コウモリの顔[16]の左右にヒトデを1つずつ並べた姿[6]なのは、コウモリの羽を似た形のヒトデに置き替えてデザインされたためである[要出典]。フジ隊員がムラマツキャップらに見せる想像図は、デザイン画の流用である。
  • 一峰大二による漫画版では、初戦ではウルトラマンを粘着性の油の塊に閉じ込めて動きを封じ、決戦では口から火を吐いて火達磨にしたうえ、タンカーをも真っ二つにする強力な絞め技でカラータイマーが赤になるまで絞め上げるが、組み合っている途中でウルトラマンが無理矢理ガソリンタンクへ飛び込んだために絞めが外れ、油まみれになったところにスペシウム光線を浴びせられ、跡形もなく消し飛ぶ。
  • ウルトラファイト』では、ウルトラマンが駆けつけた際には油を飲みすぎた状態で炎に包まれてすでに虫の息となっており、自壊作用を起こしたとナレーションで説明されている。


『ウルトラマンパワード』に登場するペスター編集

諸元
ペスター
(パワードペスター)
別名 油獣
身長 55m[3][11][注釈 5]
体重 4万6000t[3][11][18]
出身地 地底油脈[3][11][18]

ウルトラマンパワード』第10話「二人の英雄」(米国版サブタイトル:DEADLY STARFISH)に登場。玩具などではパワードペスターと称される。

石油を主食としており、それが体内に充満している点も同じであるが、体表は無数の吸盤で覆われており、顔も甲殻類の顎が変化したような形状になっており、外殻で覆っている。通常は中心で体を二つ折りにしてヒトデが直立したような形態で海中に潜んでおり、オイルを摂取する際には油脈を使って地中を移動しながら、アントニオ湾石油会社の関連施設を次々と襲う。体温がかなり高く、液体窒素弾の炸裂によるダメージを受けないうえ、弾力の高さゆえにパンチやキックが効かない。また、体内の石油を引火させることによって口から紅蓮の高熱火炎を吐き出す[19]

ウルトラマンパワードとの戦いでは、体内のオイルに引火すれば大爆発することへの懸念からパワードを苦戦させるが、誘爆しないように身体の先端部を狙ったストライクビートルの攻撃で怯んだ隙に高空へ投げ飛ばされ、メガスペシウム光線で花火のように爆破された。

  • W.I.N.R.のデータベースに記録があるため、劇中でもペスターと呼ばれる。
  • デザインは前田真宏[20]。顔はエビやカニなどの甲殻類をモチーフとしている[20]。デザインイメージは触手の集合体[21]
  • 企画段階では「ペスターβ(ベータ)」という名称候補があった[22]

『セブンガーファイト』に登場するペスター編集

セブンガーファイト』第9話「灼熱!凍結!大地獄!!」に登場。

スフラン島の中央基地の背後の湖から出現した油獣。基地の凍結タンクを、大好物の石油が入った石油タンクだと思い込み、襲撃してきた[23]。ナツカワハルキの操縦するセブンガーと戦闘を繰り広げ、体内の油に引火する恐れがあることから硬芯鉄拳弾を使うことができないセブンガーを圧倒し、口から吐く高熱火炎や、セブンガーに絡みついて凄い磯の匂いとヌルヌルの体で苦しめる。だが、セブンガーに向けて放った高熱火炎と、後に出現したガンダーの冷凍光線をかわされたことで、同士討ちとなり、冷凍光線を浴びて死亡する[24]

アクアペスター編集

データカードダス『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。

プラズマソウルを取り込んだプラズマ怪獣であるが、通常のプラズマ怪獣と異なり、体色が青に変化している。プラズマソウルは鋭利な刃のように尖っており、危険性が高い。3弾のボス怪獣として登場した。

オリハルコンペスター
3弾の期間限定ミッションに登場。プラズマソウルの中でも随一のレア度を誇るオリハルコンプラズマソウルに覆われた、アクアペスターである。

その他の作品に登場するペスター編集

補足編集

ウルトラQ』の未製作エピソード「OIL S・O・S」に登場するペスター
『ウルトラQ』の未製作エピソードには、『ウルトラマン』の放送作品と同音異字のサブタイトルながらストーリーがまったく異なる「OIL S・O・S」が存在する[14]。その脚本を担当した上原正三は当時、タブーとされていた沖縄戦を描くことができないのなら水俣病をテーマにしようという発想のもと、ヘドロを出自として石油を糧に巨大化する怪獣の設定を考え、円谷一の了承を得たうえでロケ撮影を予定していた石油会社を訪ねて一旦の了承を得たが、その後に同社からロケを断られる。しかし、同エピソードに登場する怪獣クラプトンの操演用ミニチュアが完成していたため、『ウルトラQ』第21話「宇宙指令M774」を急遽執筆し、結果的にこれがプロデビュー作になったという[34]。『ウルトラマン』第13話の脚本を担当した金城哲夫が同音のサブタイトルを用いた理由は不明である[14]が、「OIL S・O・S」における江戸川由利子のセリフの一部は、『ウルトラマン』第13話の準備稿でアキコ隊員のセリフに流用されている。
その他
  • 1966年の特撮テレビ番組『マグマ大使』第42話には、ペスターの絵が映るカットがある。
  • てれびくん』でのグラビアと漫画で展開された『ウルトラ超伝説』では、ペスターをモデルにした怪獣戦艦ペストリアが登場する(漫画版には未登場)。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 資料によってはオイル怪獣と記述している[9]
  2. ^ 書籍『ウルトラマン ベストブック』ではPETROL-SEASTARと記述している[2]
  3. ^ 資料によっては、海底→京浜地帯[1][9]、中近東[2][3]、中近東→京浜[4]と記述している。
  4. ^ 資料によっては「炎を吐くが火に弱い」と記述している[13]
  5. ^ 書籍『円谷プロ全怪獣図鑑』では「50メートル」と記述している[18]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 白書 1982, p. 50, 「ウルトラマン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e f ベストブック 1993, p. 92
  3. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, p. 288
  4. ^ a b c d e f 画報 上巻 2002, p. 39
  5. ^ a b c d e 怪獣列伝 2008, pp. 60-61, 「巨大ヒトデは動くオイルタンク 油獣ペスター」
  6. ^ a b c d e 全調査報告 2012, pp. 58-59, 「CASE FILE13 オイルSOS」
  7. ^ a b c d 研究読本 2014, p. 221, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」
  8. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 15、219.
  9. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 15
  10. ^ a b c ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 109, 「怪獣English」
  11. ^ a b c d e 画報 下巻 2003, p. 69
  12. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 15
  13. ^ 『ウルトラの常識 ウルトラQ&ウルトラマン編』P.119
  14. ^ a b c 研究読本 2014, pp. 76-77, 「エピソードガイド第13話」
  15. ^ ケイブンシャ『ウルトラマン特撮の秘密百科』114頁
  16. ^ a b c 成田亨 2014, p. 84
  17. ^ 大ウルトラマン図鑑 1996, p. 123.
  18. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 219
  19. ^ 新大全集 1994, pp. 40-41.
  20. ^ a b 「ウルトラマンパワード20周年記念特集 パワード怪獣完全図鑑」『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、91-101頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  21. ^ 新大全集 1994, p. 118.
  22. ^ 新大全集 1994, p. 53.
  23. ^ セブンガーファイト超全集 2021, pp. 31.
  24. ^ セブンガーファイト超全集 2021, pp. 22-23.
  25. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 79, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  26. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 9, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション1」.
  27. ^ 『ウルトラゾーン公式ガイドブック』(ミリオン出版、2012年、ISBN 978-4-81-302189-6[要ページ番号]
  28. ^ ヒーロー&怪獣”. ウルトラマンX(エックス)公式サイト. 円谷プロダクション. 2021年5月26日閲覧。
  29. ^ X超全集 2016, p. 38, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」.
  30. ^ 「INTERVIEW メイン監督 田口清隆」『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』vol.2、徳間書店、2015年8月1日、 pp.80-81、 ISBN 978-4-19-730135-5
  31. ^ a b オーブ完全超全集 2017, pp. 103-110, 「スペシャル企画 ウルトラマンオーブクロニクル<年代記>」
  32. ^ 「アカネの屋敷」『宇宙船別冊 SSSS.GRIDMAN』構成・取材・執筆 谷崎あきら 取材・執筆:島田康治、ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、2019年2月1日、57頁。ISBN 978-4-7986-1859-3
  33. ^ 「アカネの怪獣コレクション」『SSSS.GRIDMAN超全集』構成:間宮尚彦 執筆:大石真司、吉澤範人、小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2019年4月23日、47頁。ISBN 978-4-09-105163-9
  34. ^ “ウルトラマン屈指の異色作 沖縄出身脚本家・上原正三さんが挑んだタブー”. 沖縄タイムス+プラス (沖縄タイムス社). (2016年3月27日). オリジナルの2016年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160520082319/http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=160369 2021年5月26日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集