ペッレグリーノ・マタラッツォ

ペッレグリーノ・マタラッツォ(Pellegrino Matarazzo, 1977年11月28日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ウェイン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはDF。現在はVfBシュトゥットガルトの監督を務めている。

ペッレグリーノ・マタラッツォ Football pictogram.svg
Pellegrino Matarazzo.jpg
シュトゥットガルトでのマタラッツォ (2020年)
名前
ラテン文字 Pellegrino Matarazzo
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1977-11-28) 1977年11月28日(43歳)
出身地 ニュージャージー州ウェイン
身長 198cm
選手情報
ポジション DF
ユース
1995-1999 アメリカ合衆国の旗 コロンビア大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 ドイツの旗 バート・クロイツナハ 39 (6)
2001-2003 ドイツの旗 ヴェーエン 58 (0)
2003-2004 ドイツの旗 プロイセン・ミュンスター 23 (0)
2004-2005 ドイツの旗 ヴェーエン 18 (1)
2005-2006 ドイツの旗 ヴァッテンシャイト 31 (1)
2006-2010 ドイツの旗 ニュルンベルク II 62 (1)
監督歴
2010-2012 ドイツの旗 ニュルンベルク II(アシスタント)
2011 ドイツの旗 ニュルンベルク II(暫定監督)
2012-2013 ドイツの旗 ニュルンベルク U-17
2013-2017 ドイツの旗 ニュルンベルク U-19
2017 ドイツの旗 ホッフェンハイム U-17
2018-2019 ドイツの旗 ホッフェンハイム(アシスタント)
2019- ドイツの旗 シュトゥットガルト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

選手編集

ニュージャージー州ウェインイタリア系移民の子供として生まれた。両親はイタリアカンパニア州出身で、幼少期には父親の影響からカンパニア州に本拠地を置くSSCナポリのサポーターであった。1995年からは入学したコロンビア大学のサッカーチームに所属し、1999年には応用数学の学位を取得した[1]。投資銀行からのオファーもあったがサッカー選手の道へ進んだ。

2000年、オーバーリーガ(当時ドイツ5部相当)のアイントラハト・バート・クロイツナハと契約を結んだ。その後もドイツの下部リーグでプレーを続け、現役最後の4年間を2006年に加入した1.FCニュルンベルクのセカンドチームで過ごした。

指導者編集

現役引退後から数年間はニュルンベルクのセカンドチームや下部組織でアシスタントや監督を務めていたが、2015年に受講したヘネス・ヴァイスヴァイラー・アカデミアでユリアン・ナーゲルスマンと知り合うこととなった。2017年、ナーゲルスマンがトップチームの監督を務めるTSG1899ホッフェンハイムのU-17チームの監督に就任し、翌2018年にはアシスタントコーチとしてトップチームへ昇格。ナーゲルスマンの退任後もアシスタントコーチを務めた。

2019年12月、ブンデスリーガ2部VfBシュトゥットガルトの監督に就任[2]。指導者キャリアで初のトップチーム指揮となった。第19節からチームを率い、シーズン終了までのリーグ戦16試合で8勝3分5敗の成績を収めて自動昇格圏内の2位でシーズンを終え、ブンデスリーガ1部昇格を果たした[3]。2021年2月19日、シュトゥットガルトとの契約を2024年まで延長した[4]

脚注編集

  1. ^ In Stuttgart's Matarazzo, U.S. soccer already has a coach in charge of one of Europe's great clubs”. Columbia University Athletics (2020年12月11日). 2021年4月26日閲覧。
  2. ^ 遠藤航所属シュトゥットガルト、マタラッツォ氏をホッフェンハイムから引き抜き”. kicker (2019年12月30日). 2021年4月26日閲覧。
  3. ^ シュトゥットガルトと遠藤航、ブンデスリーガ昇格への歩み”. bundesliga (2020年6月28日). 2021年4月26日閲覧。
  4. ^ シュトゥットガルト、マタラッツォ監督と2024年まで延長”. bundesliga (2021年2月19日). 2021年4月26日閲覧。

外部リンク編集