ペネロピ (Penelope) は19世紀初頭に活躍したイギリス競走馬繁殖牝馬。馬名はギリシア神話に登場する人物「ペーネロペー」に由来。全妹にポーン (Pawn) 、半弟妹にパラソル (Parasol) 、ポープ(Pope、Waxy Pope。ダービーなど)、ペリス (Pelisse。オークスなど)、ほかの兄弟も繁殖馬として大成したものが多数いる。

ペネロピ
Racehorse Penelope.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1798年
死没 1824年
トランペイター
プルネラ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 第3代グラフトン公爵
馬主 第3代グラフトン公爵
競走成績
生涯成績 18勝
テンプレートを表示

競走馬としてはジョッキークラブプレート、キングズプレート2回など、出走した大半の競走に勝利した。クラシック競走への出走はなかったが、同世代の牝馬ダービーにも勝ったエレノアにも勝利している。

繁殖馬としても影響が大きく、ホエールボーン(Whalebone。ダービー)、ウィスカー(Whisker。ダービー)、フィズギグ(Whizgig。1000ギニー)、ウォーフル (Woful) 、ウェブ (Web) などの産駒がいる。そのほかの産駒も成功し、ペネロピは1号族o分枝の祖となった。

なお、第3代グラフトン公爵は、馬名を付ける際に兄弟すべての頭文字をそろえるこだわりがあったのか、本馬の兄弟はすべて「P」(パウンやパラソルの産駒もほぼすべて頭文字が「P」)、産駒は13頭すべて「W」から始まる。息子の第4代グラフトン公爵にもこの傾向があり、1世代下がったフィズギグ (Whizgig) の産駒は「O」、ワイヤーWireの産駒は「V」になっている。

血統表編集

ペネロピ血統 (血統表の出典)

Trumpator
1782 青
父の父
Conductor
1767 栗
Matchem
1748 鹿
Cade
Partner Mare
Snap Mare
1762
Snap
Diana
父の母
Brunette
1771 黒鹿
Squirrel
1754
Traveller
Grey Bloody Buttocks
Dove
1764 鹿
Matchless
Starling Mare

Prunella
F1-e
1788 鹿
Highflyer
1774 鹿
Herod
1758 鹿
Tartar
Cypron
Rachel
1763 鹿
Blank
Regulus Mare
母の母
Promise
F1-d
1768 黒鹿
Snap
1750 黒鹿
Snip
Fox Mare
Julia
1756 鹿
Blank
Partner Mare 1-a


参考文献編集

  • Penelope”. Thoroughbred Bloodlines. 2010年10月28日閲覧。

外部リンク編集