ペリンオウギハクジラ

ペリンオウギハクジラ(ペリン扇歯鯨、Mesoplodon perrini)はハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属するクジラである。

ペリンオウギハクジラ
ヒトとの大きさ比較
ヒトとの大きさ比較
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : トックリクジラ亜科 Hyperoodontinae
: オウギハクジラ属 Mesoplodon
: ペリンオウギハクジラ M. perrini
学名
Mesoplodon perrini
Dalebout, Mead, Baker, Baker and van Helding, 2002
和名
ペリンオウギハクジラ
英名
Perrin's Beaked Whale
ペリンオウギハクジラ生息域
ペリンオウギハクジラ生息域

2002年に新種として報告されており、オウギハクジラ類としては最も新しく発見されたである(2007年3月時点)。1975年アメリカ合衆国カリフォルニア州の沖で発見された個体が最初の報告であり、1997年9月までに他に4個体が報告されている。当時は、最初に見つかった個体はアカボウクジラ、他の4個体はニュージーランドオウギハクジラとそれぞれ考えられていた。最近の遺伝子解析により、これらの5個体はアカボウクジラやニュージーランドオウギハクジラなどではない同一の別種であることが明らかになった。1970年代、カリフォルニア州の沖合での複数の目撃例は、当時はニュージーランドオウギハクジラであると思われたが、おそらくペリンオウギハクジラであっただろうと考えられる。

ペリンオウギハクジラは、外観はニュージーランドオウギハクジラに良く似ているが、むしろピグミーオウギハクジラ(ペリンオウギハクジラに次いで2番目に新しく発見された種)に密接に関係している。

種小名の perrini はアメリカ合衆国の海棲哺乳類学者であるW. F. Perrinに由来する。

身体編集

ペリンオウギハクジラの体型はオウギハクジラ類としては典型的であり、小さな頭部、長い胴部、幅広い尾を有する。頭部メロンは膨らんでいる。唇の形状は直線に近く、口は他のオウギハクジラ類(ニュージーランドオウギハクジラとペリンオウギハクジラを除く)よりも短い。また、喉溝 (throat groove) を有する。歯のサイズは比較的大きく、後側(尾側)に傾斜している。

雄の体色は、背側は濃い灰色で腹側は白で、臍の周囲や尾びれの腹側に灰色の斑点がある。雌の体色については、唯一の雌の資料の状態が良くなかったため、不明である。子供の体色は、背側は明るい灰色あるいは濃い灰色であり、下顎や喉を含む腹側は白である。体表にはダルマザメによる噛み傷などを有することが多い。

成体の体長は雄が約3.9m、雌が約4.4mである。

生息域、生息数編集

ペリンオウギハクジラはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴからモントレーまでの海域でのみ観察されている。おそらく他の海域にも生息していると考えられるが、証拠はない。生息数は不明である。

生態編集

他のオウギハクジラ類と同じく、雄は同種の雄と闘うことがある。

保護編集

不明な点が多く、情報不足である。

参考文献・外部リンク編集

  1. Merel L. Dalebout, James G. Mead, C. Scott Baker, Alan N. Baker and Anton L. van Helden, "A New Species of Beaked Whale, Mesoplodon perrini sp. n. (Cetacea: Ziphiidae), Discovered Through Phylogenic Analysis of Mitochondrial DNA Sequences," Marine Mammal Science 18(3), pp. 577-608 (2002). (PDFファイル(英文)
  2. Mesoplodon perrini CMS (Conservation on Migratory Species)